出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


wave motion
Category: シーバス  
カラーの次は・・・


いや~・・・疲れた・・・
何でって、仕事で。

振り返れば9月の釣行記事ほとんどなし。
実際ほとんど行ってないしwww

代休とって
ika2011.jpg
こんなのや・・・

saba2011.jpg
こんなのを釣ってたりはしたけれど・・・なんか納得できず。

特にエギング中にラインが高切れして強制終了になったときなんか、リズムの悪さを実感。
釣れなくても面白い釣りってのはあるけれど、リズムに乗れなくて・・・ってのは最悪中の最悪。

そんな状況で、ブログも放置してましたwww

~~~~~~~~

・・・で、魚の画はないけれど、最近感じたことを少々。
波動について。

前々から、『波動の違い』がわかるアングラーってカッコいいな~とは思っていたのだ。
DVDで嶋田仁正さんがスプラットを入れて反応がなかったので、それと似た波動のサスケを・・・とローテーションしてデカいのを掛けたのを見て、スゲーと思っていたのだけれど・・・

・・・正直手に伝わるブルブルなんてほとんど同じに感じて、カラーやレンジ以外のローテの基準なんてそのルアーが好きか嫌いかしかなかったwww
さすがにローリングオンリーのスーサンとゴクウの違いくらいはわかるけど、ウォブンロールのシャローミノーとかだと、その変化を感じるより他にやることが多すぎてわからんかった。
キャスティングやラインメンディング、リトリーブやジャーク・トウィッチなどの一連の流れを風速10mの横風の状況下でやるような釣りばっかりやってたもんで・・・忙しくてwww

でも、ここ数年、釣りのスタイルが相当変わった。
激荒れゲームもやるにはやるが、最近は波の静かなポイントでやることが多くなった。
そこは視覚のほとんど役に立たない暗闇・・・手から伝わる感覚のみを頼りに、流れを感じ、根がかりを回避して、魚の鼻っ面にルアーを通す・・・そんな釣りをやるたびに、使うルアーも相当変化した。

box2011.jpg
ハイ、これ・・・現在の湾内ゲームミノーズ・・・上のチャート3本+Mの4本以外ぜーんぶシンキングミノー。

これは結果。
別に最初からシンキングばっかり使ってたわけじゃない・・・むしろ最初はフローティングミノーしか使ってなかった。

なんでなんでしょうね・・・でも、最近思うのは、いくら水深が浅いからと言ってフローティングばっかり使ってては釣れないということ。
自分のやってる場所では、浮きゴミというにっくき敵がいるので、それを避けなければならないということと・・・根がかりが恐いからこそ出るあの最強アクションが、シンキングでは出し易いってのが大きいのかも。

boroboro.jpg  
それと・・・なんてったって、このルアー・・・WAVY。

めちゃくちゃ釣れる。
そして、飛距離が要らない状況なら、物凄く万能。

ただ引きはアタリマエ、連続トウィッチでダートさせまくってリアクションも狙えるし、どっぷり沈ませてシャクる・・・エギみたいな使い方も可能(居着きのデカいのが反応する・・・カモww)。

今シーズンからパッケージが変わった模様・・・モデルチェンジしたかと思いきやそうじゃなかったみたいwww
4月くらいから投入して、このボロボロ具合・・・溺愛してます。

・・・で、超・前置きが長くなったけれど、このルアーの名にも冠されている・・・波動。
最近、ようやく使い分けができるようになった。

とにかく自分は最初に、ローリングのスーサンを入れてみる・・・弱い波動でストーキングしたいので。
スーサン(チョーサン)は、レンジも浅いので、シャローに差して来たやる気のあるデカいのを一番最初に狙い打てる(実際今シーズン獲った86cm2本はことごとくこのスーサン)

次に入れるのは、コモモ系。
普通は逆かもしれないが、これで広範囲に散らばっている浮き気味の固体を拾う。

そんで、お次に出てくるのがWAVY。
結構潜るもんで、レンジを下げつつ・・・その強い波動(ウォブル強めのウォブンロール)とレッドヘッドパールのアピール力で、暗闇で奪われた魚の視界を補填してやる。

この時点で口を使わなければ・・・そのポイントはほぼ見切る。
その証拠に、WAVYが拾ってくるのは70より下。
デカいのがもっと沖で反応するんなら、多分スーサンに負けないサイズを引きずりだせると思うのだが・・・まあ、今シーズンはそういう状況なんだからしかたない。
最近はある理由でシンペンなんかも一応入れてはみるが、ポイントの特性上あまり効果はない(っていうかマトモに攻めれない)。

フツーは、強いルアーを入れて、徐々に弱くするのがセオリーなのかもしれないが・・・オレはアベコベ。
でもこのやりかたが一番あのポイントの魚に合っていると思っているので気にしないwww

自分は夜目が利く方なので、アレだけど・・・今シーズン通っているあのポイントは、相当に暗い。
多分初めて来た人は恐怖を覚えると思う(霊的なコトじゃなくて、暗闇の度合いに)。
そんな中では、魚にとって視覚よりも頼るべきは恐らく側線。
濁りなんか入ったらそりゃあもうwww

そんな中でシビアになるべきはやはり波動のチョイス。
カラーなんてぶっちゃけレッドヘッドだけで十分www


まあ、これだってオサカナさんに聞いてみなきゃわからないことなんだけどね~www


さて疲れも落ち着いたし、明日あたりからぼちぼち釣りに行くか~♪

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

やっとゲチリンコ脱却(´・ω・`)=з
かなーーーーーーり、待ってたぞ。
烏賊でもカマスでも書きゃいいのにぷんぷん!

今回のお題は波動かぁ。
だんだんゲリラ塾になってきたッポイ。いいね。
俺も視力は良くないけど夜目は効く。
でも着水はリールの回転音と滞空時間で計ってるかな。
言うとおり、あそこは間違いなく弱いのから入れてった方がいいね。
強いの入れると食い損ねたら後はお終いな気がする。
湾内は海区に比べてベイトが小さいからね。
あとひとつ言えるのは・・・一番強波動の自身の体重を何とかすべし!
レッドヘッドとチャートバックの話はあとでじっくり読むこととして、
「ピュア18歳が極太欲しさにヨダレと嗚咽の咥え泣き24発」より更新が早かった!w

何気にこのコピーライティング気に入ってます(爆)
gajinさん
お待たせしましたm(__)m
だいぶ閉じてる状態だったもんでwww

強波動・・・重さだけはジョイクロ並みでしょうか(爆)
JPさん
ピュア18歳・・・よく禁止ワードに引っかからないもんだwww
巧妙に『モロ用語』使ってないんですね~(爆)
そう言うのをあまり考えないで釣りするから俺はコンスタントに釣れないんですね^^;
カラー、波動、大きさ。
おもしろいから俺も書いてみるよ。
「そこはチゲーよ!」っていう積極的な書き込み待ってます(@´゚艸`)ウフ
怖いんです。沈むの投げると… 帰ってこない気がして。

モルモとコモモIIのローテです。

少しゲーム性を持たせる為に新アイテムを投入します。

…ってもう中で無理カモ…
reopapaさん
オレも考えるのはだいたい家帰ってからだよ~。
その積み重ねっす♪
gajinさん
おお!
記事楽しみにしてまっす!
MoonLightRiverさん
恐くても逃げちゃダメ♪
そろそろ外がいい時期ですね~!
タックルボックス、似たようなチョイスです。
被ってるのも何本かありますな。
シンキング率が高いのも一緒ですね。
そういや最近、フロートの12cmで釣ってないな・・・
かどさん
そう、湾内はシンキングが強いですね~。
同じところでやってれば、色も似てくるしwww

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。