出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pearlの功罪
Category: シーバス  
長い独り言だなぁオイ!(苦笑)

【注意】
本日の記事はいつにもまして長く、自分勝手な解釈も入っておりますんで・・・見たくない方はこの時点でやめることをオススメします(笑)



色彩学。
気象予報士の資格と同じくらい、究めてみたい分野である。

しかしながら・・・自分は残念ながら軽度の色弱であるため・・・どうも微妙な色彩に対して感度というか関心自体が薄いようなのだ。
そんな人間に色彩学なんて絶対無理(笑)

でもなんで色彩学なんて?
それは、魚が興味を抱くカラーをより深く知りたいから。

そのきっかけとなったのは、MRで経験した小生意気君のリリース。
オリカラを作るってのは本当にイチから意見を出し合うことから始まる。
自分はほとんど役に立てなかったのだけれど、メンバーのカラーに対するこだわりと経験には舌を巻いたものだ。

そしてふと気づく・・・自分のルアーケースの中に・・・原色が物凄く多いことに(笑)

~~~~~~~~~

酒田の河川や湾内の水は、基本的に物凄くマッディ。
なので、認識され易いアピールカラーの出番はおのずと増える。

でも、最近はアピールカラーだってミラーだのタテホロだのマグマだの・・・
クリアーボディにラメを吹いたものだってあって・・・はっきり言ってわけわからん状態w

そんな色の氾濫に対して自分が取る防御策は・・・最終的にパールを選ぶ・・・コレだけww

レッドヘッドパール、チャートバックパール・・・この2色にイワシ系の縦ホロがあればだいたいのシチュエーションは攻略できる・・・っつーか、それ以外はあまり考えたくないという安直なチョイスww

このパール・・・そのまま真珠のような、ボワッとしたというか、ベタッとしたというか・・・ホロやミラーのギラっとした鋭さではなく、膨張系の柔らかいアピール・・・そんなイメージ。

このボワッっていうのが、土系の濁りの中では効く・・・非常に効く。
自分の中では濁っていればいつでもどこでも、赤でも黄色でも効くもんだと思っていたのだが・・・
ここ数日の濁りのシチュエーションでの常夜灯ゲームを通じ、レッドヘッドとチャートバックでは、使うべきシチュエーションが明確に違うんじゃないか・・・そんな仮説が頭の中に浮かんできた。

そのきっかけとなったのは、今晩の湾内ゲーム。
狙いと微妙にズレた結果が、逆に自分に示唆を与えてくれた・・・そんな気がする。

~~~~~~~~

今日はサイズを狙いに行く・・・自分は昨日そう言ったが、大型が入っていると思われたポイントはことごとく無反応。
濁りが酷すぎるのか・・・ボイルがあるもののルアーを見つけられない、そんな感じがした。

ならば、やはり常夜灯。
なかなか収まらない濁りを透かしてくれる、明かりのある場所へ。

入ったポイントD。
有名ポイントらしく、おそらく内陸or県外ナンバーと思われるアンチャンたちが少し離れた場所に陣取っている。
自分は彼らが見向きもしないマイナーなポイントへin。

昨日の成功に味を占めて、カウンターのチャートバックを入れてみる。
しかし反応はない。
続けて投げたスーサンも無反応。

『ここも見えてないのかな』と心の中でつぶやき、ウェイビーのレッドヘッドパールを結ぶ。
喰わせたいポイントは、足元の護岸が作り出す明暗の際。
しかし・・・しかしである。
その際より沖・・・およそ20m程の位置で・・・

ゴグン!

・・・と、久しぶりに物凄く強いバイト。
こないだばらしてしまった場所ではあるが、掛けた場所が遠いもんで、ラインの角度も小さく、難なくフッキングは決まる。
重いエラ洗いの音に振り返っているであろうギャラリーwwwを横目に、LBDで慎重にラインを出し入れしつつ、魚との対話を楽しむ。

バイトの衝撃で大体わかっていたけれど・・・ウェイビー完全に丸呑みのこの魚。
20110819.jpg
湾内の魚じゃねーよな・・・って感じの背中をお持ちの、60チョイ・2kgジャスト。

写真を撮ってお帰り願った後に考えたこと・・・
なんでキワじゃなく何もない明部で喰ったんだろう?

ここが調子いいのは本来、もうちょっと水が澄んでいる時。
そう、大雨の後というよりは外洋の荒れがキーポイントとなる場所。
今日は物凄く濁っているので、魚は何も見えない暗部に潜んで喰い上げるんじゃなく、明部で流れてくるベイトを待ち受けることを選択した・・・そうに違いない。

とすると・・・なんでチャートでは喰わなかった?
昨日は濁りの常夜灯下で喰ったのに・・・



・・・あ!わかったかも!



『常夜灯の・・・直下』なんだチャートは!




何のこっちゃわからないでしょうが(苦笑)、このポイントDと昨日のS前の決定的な違い・・・それは、水面と常夜灯の距離。
前者は遠く、後者は非常に近い。

あくまで仮説だけれど、濁っているとは言え、常夜灯の光が強く入るポイントにおいては、レッドヘッドパールは強すぎる・・・っていうかわざとらしい。
そういう状況においては、同じパールとは言えボディが微妙に光を透過するチャートバックの方が・・・ナチュラルなのだ。

反対に、遠くで光る常夜灯の光りが弱々しく照らすポイントにおいては、赤いアタマと白ベタのボディの対比が毒々しいまでに主張するレッドヘッドパールの方が、見つけ易く食べ易い。

思えば、これまでウェイビーのレッドヘッドでデカいのを掛けてきたシチュエーションって、強い光は絶対に存在しなかった。
逆にチャートバックでいい思いをしたのは、常夜灯下の明るい場所が多かったように思う。

そんなこんなで妙に納得して、今日は釣り場を後にした。

~~~~~~~~

あくまで、上記の色彩理論は、自分の中限定である。
それに間違っているかもしれない・・・いや、その可能性は大アリであるww

でも今日は、物凄い違和感(入れているカラーと魚の反応のズレ)を感じつつ釣りをしていたので、その答えが最後に出た気がしてある意味すっきりした。

こういうトライアンドエラー・・・そして急に訪れるイレギュラーな事象の積み重ねが、経験として後に活きてくる・・・そんな気がしている。


終いには何を書きたかったのかサッパリわからなくなってしまったので(苦笑)今日はこの辺で。



色彩学・・・やっぱり勉強してみようかなぁ(爆)

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

まともに魚を釣ったことが私には高度過ぎる内容ですが、マチャキさんと同じく湾内徘徊者なので、今すぐにパール系を仕入れなければ!って感じになってます(;^_^A

一度教授になんの意図も感じられない私のルアーボックスを見ていただきたいですょ(笑)
…。 ロジカルモンスター。

最上川流域×××××××××××××××××××××××××… 準備室室長を命ズ
大左ェ門さん
眠気から(半分)開放された今、大幅に直しを入れたい文章ですね・・・特に終盤ww

パールもいろいろありますが・・・自分はベタッと塗った不透過系パールが好みですね。
メガバスのPMカラーは、パールベースにリアルカラーを吹いているんで、剥製のような質感があってよく魚が釣れるイメージがあります。
脈絡もなくいろいろ買うのは、逆にいい面がありますよ~・・・特定のカラーに固執するのはあまりいいことではないのかもしれませんし(苦笑)
MoonLightRiverさん
厚生労働省のロジカルモンスター・・・白鳥ですかw
肩書きが何文字になるのか・・・今から楽しみですよ(爆)
もうブログというよりも論文って感じですね!
同じブロガーでもこんなに差があるとは…orz
自分のブログを眺めると…恥ずかしくなりますよ(T-T)(笑)
えれなパパさん
論文ならもっと理路整然と書かないとねw
大学のときの方がマシだった気がw
わはは、十分伝わるよ。人の考えって実におもしろい。
人間の色彩学がそのまんま魚に当てはまるかどうかってのもあるよね。
さらにいえば、色を認識する魚としない魚だっているらしいし。
オリカラもいいけど、あのメンバで完全オリルア作りたいなー。
JPさん
そう!人間の見えかたとは絶対に違うと思うんですよね。
なので、結果から推測するしかないわけですよ。
現在のカラーラインナップだって、トライアンドエラーの積み重ねですよね、きっと。

オリルアっすか!
実現したらスゲーっすね!!
同じルアーのカラーローテだけで明らかに食いが変わる事は何度も体験しましたが
何がそうさせるのか!?
一度魚になって見たいですなぁ~(*ゝω・)ノ
でも、動きには限りがあるけど、色は・・・無限大の様な気がして・・
やっぱ色彩学を学ぶしかないですかねぇ(笑)
色彩学!パーマやさん二は重要ですよ
魚にどこまで通用するかわかりませんが
第一印象は目に入ってくる色でかわりますから
風来坊さん
答えは魚にしかわからないんですが・・・わかんないからそのままにしておくのも面白くないですよね。
色彩学・・・究めちゃいますかww
よしべえさん
美容業には色彩感覚は命ですよね。
実は母もパーマ屋さんなんでわかりますw
魚に、良い第一印象持たれたいですよね~♪
どもっす!
この辺は、魚に聞いてみないと分かりませんが、
結局、カラーなのかモノクロなのか、光るのかそうでないのか
突き詰めると楽しいよね~。光の下でどう増幅されるのかとか。
俺は全くシーバス心が分からないので修行ですね~W

秘密特訓初日にして見つかっちゃったけどWWW
研ちゃんさん
今朝はどーもーwwなんかイケメンがいるな~と思ったらwww

カラーの問題は永遠のテーマですよね~。
ニゴリとかライトとか絡むとほんとフクザツww
これは色彩学学ぶしかないでしょ~理論と経験で決まったカラーのご当地ルアー・・・欲しいっすね♪
期待してます!
reopapaさん
理論と経験・・・ビミョーに無理ww
でも最近は光量と水色を意識してカラーを決めるようになってきました。
日々勉強だね!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。