出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


技術的限界(現在)
Category: シーバス  
何もできなかったわけじゃないけど・・・


バラした話をするもんじゃないとよく言うけれど・・・
別にサイズなんて大したことなかったから、バラした魚の自慢をするわけじゃない。
バラす状況が数年前から進歩してないことに悔しくて仕方ないので、今日は書く。

今日は、外海に近い場所から始めて、徐々に湾内へ。
たどり着いた本命ポイント。
足場が高く、魚が喰うのは岸から数メートル・・・しかも暗部からの喰い上げ。
バラす要素満載なのであるが・・・LBDがあれば獲れると過信していた部分はある。

水はクリア。
月が時折顔を出す中、強い色・波動のルアーはことごとく見切られる。
選んだのはタックルハウスのM・・・インサートプレートの入ったほぼクリアな『ネオンブルー』という色。
あるベイトのイミテーションとして最高なのだが・・・このルアー・・・細身過ぎるのか、フッキングが悪い。
クリアボディにプレート入り・・・膨張して見えるのに実際喰ってみると細いからなのか・・・とにかくバイトを引き出す力は段違いのクセに、乗りが悪い。

果たして、おそらくボラっ子つきの居着きクンは、Mに替えて一発でバイト。
レンジ的に直後にエラ洗いが来るのはわかっていたので、一切アワセを入れずに、ロッドを魚と反対方向へ倒しつつ、巻き続ける。
一応・・・このときにかけたテンションは、最後まで残っていた・・・そう右手は記憶している。

問題はこの後。

足場が高い場所でのファイト時、自分の中でのフッキングタイミングは、魚がエラ洗いをやめて潜った瞬間である。
しかしこの魚は、続けてエラ洗いをすることを選択した。
曖昧なフック位置のまま、ヘッドシェイクを繰り返されたことで、あえなくフックアウト。
戦いは幕を閉じた。

何でアワセないのよ?
そういう話には当然なる。
スズキ釣りを始めたころは、今よりもっと魚影は濃く・・・常夜灯下でやっていると水面直下を泳ぐMにもんどり打って飛び出てくるスズキの姿を何度も目撃したものだ。
当然、シロウト同然の自分は反射的に右手を動かしてしまい・・・乗るヒマすらなくフックアウト・・・そんな悔しい経験を繰り返してきた。

今のフッキングスタイルは、その苦い経験の賜物。
目で情報を得ても、右手が魚の重さを感じるまで何もしないという、『不作為的条件反射』が逆に身についているのだ。
実際、この方法に変えてからバレは激減・・・足場が高い所以外ではあまりバラさなくなった。

今日の魚クンは、現在の自分のフッキングスキルの隙間を見事についた一匹。
はっきり言って天敵レベル。

対処方法は無くはない。
一回目のエラ洗いの直後に、のるかそるかの縦アワセをガッチリ入れる・・・ただそれだけ。
もしくは、バイト直後にレバーを引いて、ラインフリー状態で潜りを誘発する。

でも・・・多分体は動いてくれないと思う。
少なくとももう数回痛い目に遭うまでは。


ま、今日は仕方ない。
現状でできることをやっていたんだから。


でも、次に同じ状況になったら、少しは違うことをしてやるつもり。
そうやって、悔しさは身になっていく・・・そう思うから。


さ、次いくぞ!湾内はしばらく休んで・・・外海!外海!

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

分かります分かります~(*‐ω-)ぅんぅん
シチュエーションは違えど、その天敵レベルのシーさん!!
☆問題はヒット直後の選択☆
私も痛い目にあったら・・・記事にします(○´艸`)ブハァ

風来坊さん
わかりますか。
何ともしようがないって状況はあるんですが・・・やっぱりフックアウトは悔しいですよね。
でも、書いたおかげですっきりしましたww
外海外海!

帰省から戻ったら宜しくです!
最近姿見てないしwww
ナンデモカンデモ鬼アワセ!
これに尽きます。
乗らなかったのは魚のせい。
研ちゃんさん
いってらっしゃいませ。
帰ってきたらこちらこそよろしくです!
gajinさん
それでバラしまくってきましたからねぇ・・・
考えないと。
いつだったか、目の前で結構デカいのにエラ洗いされて「目が合って」
ニヤリとされたような・・・その瞬間バレたのがいまでも忘れられない。
シーバスは間違いなくバレやすい魚。
だから面白いしやめられない。
無敵モードぢゃつまんないもんね。
JPさん
それは恐ろしい魚ですね・・・バレやすいのはわかっちゃいるんですが、やっぱり悔しいですよね。
久しぶりですよ、帰りの車の中で「あー悔しい!」を連発したのは。
ま、それが面白さなんですけどね~w
イイ話ですね。
バレたのがじゃなくて、試行錯誤の感じ?
攻略法を確立するプロセスみたいな。
食われるけどバレるってルアーは確かにありますよね。
でも食われなきゃ始まんないから使っちゃう。
結果は残念でしたけど、釣り熱を感じるイイ記事でした。
キー坊さん
ただ漫然とミノーを引いてるだけでは獲れない魚がいるんですよね。
「ちくしょう!」が「よっしゃあ!」に変わるようにあれからずっと考えている自分がいます。
まだこんなに釣り熱あったんだなぁ・・・と、自分が一番ビックリしてますよwww
オレニモクレヨソノツリネツッテヤツ
gajinさん
お盆明ければ・・・アレが出てきますから。
アレはやらざるを得ないでしょうw即復活ですよww

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。