出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最終戦・・・?
Category: BASS FISHING  
釣れたんじゃない・・・釣れちゃったんだ!!


前日深夜に及んだ湾内シーバスハンティングwith小リス軍団から実に6時間後。
目覚ましの前に目が覚め、車に飛び乗って一路86へ。
隊長と二人して今シーズン最終戦に臨む。

気温はぐんぐん上昇・・・ポイントに着くころには25℃を軽く上回る状況。
午後の気温を考えたくなくなる状況・・・それとは対照的に寒い釣果。

20110709-1.jpg20110709-2.jpg
40に満たず・・・プラグで獲った直後、キミ兄やんからメールが来たので見ていたら、ラインが1m近く走ってた(笑)

いろいろとポイントを回ってはみるが、隊長が推定50UPをバラすも基本低調。
昼も近くなり、太陽は天頂に近づき・・・気温は本日最高を指す。

ならばと目指したのはとあるインレット。
左右二本の流れ込みがあって、その中間地点は反転流。
葦も生えて、いかにも魚がついていそうなポイント。

そこへ、もえびちゃんのメタリックツートンをテキサスでズルズル。
いそうだなと思っていたポイントよりは少し下流で、ゴンとバイト。
20110709-3.jpg
40チョイ・・・まあまあサイズのバス。

ここで、思ったこと。
流れと何か一つの変化・・・それが必要なのでは?
こんなベタなポイントでは、プレッシャーも高く、流れの中でガツーン!と喰ってくれるほど甘い魚はいそうにないな~と。
ふと、視線を流れの向こうに伸ばすと、照りつける太陽の影・・・流れのあたる葦際に、非常に濃い影が落ちていた。

『ここしかね~だろ~・・・』

その日によって着き場も食い気も千変万化・・・一回喰い逃すと口すら使わなくなるような気難しいスズキに比べれば、バスはその行動がまだはっきりしている。
暑くなったら、流れのある場所かシェード・・・ここはその2つのポイントが複合しているんだから、有望なんじゃないかと。

葦が影を作っていて、なおかつすこし彫れていそうな場所を狙ってルアーを音もなくピッチング。
ラインの動きに注目していると、ルアーのフォールとは明らかに違う変化が。

わかりやすいのでは、ラインが横走り。
玄人好みのところで言えば・・・止まるはずの所で止まらない。
他には、止まるわけのない水深でラインがパンと下から突き上げるように弾ける・・・などなど・・・

結果から申し上げまして、完全にパターンでしたww
20110907-4.jpg
20110907-5.jpg
20110907-6.jpg
20110907-7.jpg
46cmを筆頭に、オール40UPで連発ww

12時の時報が鳴って太陽が絶頂となるころには、影も短くなり反応は途絶えた。
あの葦の長さ・濃さだと、ポケットめがけてフリッピングしても、多分ダメだろうということで、昼食へ。

まいどまいどの流れではあるが、昼食後は全く釣れない86ww
最後に新規ポイントを開拓しつつ、帰路についた。


さて・・・今シーズン最終戦のつもりで臨んだ86であるが・・・結果として今シーズン最高の釣果ww


・・・まったく・・・これじゃあまだやめられないじゃないか~!!(爆)


海がダメならまた行っちゃいましょうかね、隊長www


スポンサーサイト

テーマ : バスフィッシング    ジャンル : 趣味・実用


Comments

お、アンちゃんブラックかい?
アグレッスブだのぉ~。
スーバスもブラックも、また来年お願いします。
キミ兄さん
アグレッシブっつーかアホですね(笑)
また来年~(ホントに?)
もえびちゃんお疲れ&GJ!
あ、マチャ君もお疲れ!GJ
しかし釣るねぇw
JPさん
ありがとうございます!
今回のパターン発見は非常にキモチえがったっす~♪
最後の方の言葉…言ってるマチャキさんの顔が浮かびました(笑)
ラインのアタリ良いですよね~バスやってる時は、ジグとテキサスが異常に好きだったので、物凄く懐かしいな~って、思いながら読んでました(^∇^)
reopapaさん
ラインのアタリは、手元に伝わるのとは別の喜びがあるよね。
バスもたまにはいいもんですよ♪
しかしタフだな~。しかも流石な結果。異常体力者ナンバ-2の座を明け渡しますW
こっちの山奥にもバスが釣れる野池何カ所かありますよね(^^)/
ヘビに遭遇してから野池に行くの怖いです(^。^;)
タフでも異常体力でもありまへん・・・無理してるだけっす。
しっかり日曜日にキックバックが来てますから(笑)
研究者さんには敵いませんよ~まだまだっす!
えれなパパさん
野池のバスはベイトがいなくなってしまうと、やせ細って可哀そうですよね。
やっぱりビッグレイクですよ・・・魚の元気が違います♪
BBのタックルは…
スッカリソルトにハマってからは全然やってないです フローターはあるんですけど
たまには 塩絡みじゃない釣りもたのしそうですよね
よしべえさん
バサーにとってバスはふるさとみたいなもんですからね。
久しぶりにやると懐かしくていいもんです♪

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。