出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時合
Category: シーバス  
エリアも、ポイントさえも・・・ドンピシャだったのに・・・・・・海って難しいものですね・・・。



今日はBURN!のgajinさんと一緒にシーバス行脚。

朝5:30過ぎに、彼は酒田に到着する予定。
待ちきれずにちょっと、湾奥を撃ってみる。
激荒れの予報は明日にずれたようで、当然のように魚は入ってきていない・・・バイトなし。
そそくさとタックルをサーフ用にセットしなおし、待ち合わせ場所へ。

程なく、バスモービルに乗ってgajinさんが登場した。
ロッドやタックルボックス、それにウェーダー等を自分の車に積み込み、いざ戦場へ。

当初は、激荒れの外洋を避けて湾内を中心に回るつもりだったのだが、波は1mあるかないか。
急遽、目的地をサーフに変更し、本気で魚を獲りに行くことにした。

[第1ラウンド:サーフ]

現場に到着し、二人してウェーダーを履いてサーフにエントリー。
完全には明け切っていない、薄暗い波打ち際に立ち、キャストを開始した。

風は、真正面から吹き付けていて、ミノーやバイブレーションではオハナシにならない。
即、メタルジグへの変更を余儀なくされる。

・・・ふと、横を見ると・・・

『ボチャン』

・・・明らかに足りない飛距離。
そう・・・gajinさんは今日もベイトタックルなのだ(笑)

この風に対し・・・スプールの抵抗がかかるベイトリール・・・しかもラインはPEじゃない・・・さすがにキビシイはず。

ここで初めて、いきなりサーフに来てしまったことを悔やむ自分。
『釣れなくてもいいから、雰囲気だけでも掴みたい』・・・彼はそう言っていた。
ベイトタックルなら、比較的飛距離のいらない湾内がベストだったのじゃなかったか?
サーフは飛ばしてナンボ・・・これじゃあ、雰囲気も何もあったもんじゃない。

即、移動が頭をよぎる。
しかし、彼の横顔が・・・このポイントでの勝負を諦めていない・・・案の定、聞いてみると『可能性を感じる』とのこと。
こちらの心配をよそに、巧みに離岸流を見つけ出しては、メタルジグで精一杯の飛距離を叩き出しながら、攻め続けていた。

『さすがに釣り慣れてるな・・・』
少し距離を離して、サーフを先行する。
一昨日83cmを上げたポイントに到達し、メタルジグをキャスト。
着水後リールを数回巻いた時、ロッドに違和感が伝わり、リールを巻く手が止まる。

「・・・ん?何?シーバス?」つぶやきながら、悠長にもロッドを止めて聞きアワセ(苦笑)・・・完全にエギングに慣れて、悪いクセが出てしまった。
瞬間、一気にドラグが滑り始める。
「きた!」
リールを巻くも、ドラグが滑りっぱなし。
次の瞬間・・・寄せ波にラインテンションが奪われ、そのシーバスと思しき物体は、海中へと消えた。

やっちまった・・・・・・・・・orz

思わず波打ち際にヘタり込む。

その後、アタリも全く無く、移動することに。

[第2ラウンド:砂防堤]

北港・砂防堤に到着。
ここではバイトもなく、ルアーをロストして終了。

[第3ラウンド:豊川河口]

ここら辺から、ポイント巡りの様相を呈してきた。
「ここはこんなカンジ・・・」的な解説がようやく出始める(苦笑)

[第4ラウンド:北港サーフ]

ここもポイント解説のみのつもりだったが、一瞬だけ心がときめく出来事が・・・(これは二人だけの秘密)
ここで、風が西から南東に変わっていることに気づく。
『これなら、ジグどころかミノーも飛ぶでしょ・・・』と、再びサーフへ向かうことに。

・・・しかし、この時サーフではとんでもないことが起こっていた。

ロストしたルアーを補充しようと立ち寄った釣具屋・・・そこで衝撃の事実発覚。

なんと、我々がいたサーフの、我々が立っていたポイントで、我々が帰った後に、合計5本ものシーバスがキャッチされていたのだ・・・orz

即、ヒットルアーを購入(爆)し、現場へと向かう。
到着すると、さらに3本のシーバスをストリンガーに下げて、2人のアングラーが帰路につくところだった。
テンションが上がる。

メタルジグをフルキャスト・・・gajinさんもさっきとは比べ物にならない飛距離。
そりゃそうだ・・・だって、さっきまで遠心ブレーキフルロックだったんだもんね・・・全く気づかなかったらしい(核爆)

・・・・・・・・・しかし・・・・・・バイトなし・・・orz

時合が終わってますた・・・(涙)


一時退散して昼食タイム。
MYフェイバリットラーメン店で舌鼓。

その後、三度件のサーフへ(爆)
結局日没近くまでやって・・・ノーフィッシュ(涙)
夕マヅメはシーバスが全く寄り付かなかった模様・・・隣のアングラーが鰆を2匹上げてただけ。

今回の敗因は・・・ただ一つ。
時合を逃したこと。
この時期のサーフは、日が上がって水温が上がってからの方がいいことが多いのだ。
それを知っているサーフスペシャリストたちは、しっかり時合にアジャストして釣果を上げていた。
しかも今日のヒットカラーはアピール色一辺倒・・・確かに水が濁ってたなぁ・・・ルアーはナチュラルとアピールどっちも必要だってことだよね(涙)

薄暗くなりかけたサーフ・・・車へと向かって歩きながら、gajinさんと会話する。

「やり切りましたね。」
「ええ・・・やり切りました。」

ノーフィッシュは確かに悔しかったが、妙に感じる充実感。
サーフというつかみどころの少ないフィールドに1日かけて挑むのは、まるでバス釣りを始めたころのように、大変だが・・・それ以上に楽しかった。

gajinさんは最後に「雰囲気掴めたんで、今回はミッション・コンプリートでお願いしますよ。」と言ってくれた。


家についてしばらくすると突然の雷雨・・・暴風。
こんな天気だったら、今日の釣行自体ムリだったなとボーっと考えていると、メールが。


『次は・・・獲ります!』

やはり彼は・・・諦めていなかった。
さすが鬼・・・エロ・・・いや、モンスターハントの鬼gajin。
何時の日かまた・・・戦場で逢わん事を。

次こそは、紗季っちょのようなピッチピチの食べごろシーバスをゲットしましょう!!(爆)

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

実に惜しかったです。
そして実に楽しかった。
釣り人は本気になったとき無口になる。
そこにエロは無かったでしょ(笑)
エロはリップサービスですから。
ほんとは無口で、人見知りなんですよ。
あ、言い忘れました。

釣りの最中は、相武紗季の話は厳禁!
【俺の】なんだから。
テンション下がるわ~・・
gajinさん
お疲れ様でした!
そうですね・・・サーフでの我々は狂おしいくらいに無口で・・・そして本気でしたね。
今回足りなかったのはほんの少しの運と私の経験・・・確かに惜しかった。
エロ・・・まあ釣れない時の繋ぎ程度ですよね・・・ほんのりエロで(爆)
それにしてもいい天気そうでしたねぇ(byライブカム)。こんな条件下で釣りができたのは某ドバイ王子がおとなしくしてくれていたからかな。荒れだした、ということは彼が動き出したのかな(爆)・・・冗談はさておき、お疲れ様でした。m(__)m
JPさん
サーフは面白いですね!!
今日は一日中、シーバスを追っかけまわして、子供のようにはしゃいでしまいました(爆)
今度はJPさんともご一緒したいっす!
しかしコチラは爆風ですよ・・・激荒れ好きでも、この雨と雷では・・・(恐)やはり王子様が・・・(爆)
え~と俺はその時間酒に飲まれてました・・・
今もpcに向かうのがやっとの状態ですよ・・・
久々に飲みに出てのではしゃぎ過ぎました(笑)
まっ胃の中はきれいサッパリですけど(爆)
reopapaさん
そちらもミッションがあったようで(笑)
お疲れ様でした。体調は大丈夫ですか?
え~今日の朝も体調が変でした(爆)
これからは飲まれ過ぎない様に注意したいと思います。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。