出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


背中に告げたサヨナラ
Category: シーバス  
釣果も、写真もないけれど・・・この手に残る感触と、ひとひらの・・・


今日は・・・健康診断。
自分、血を抜かれるとメチャメチャ眠くなるたち・・・という口実で、午後の検診後に休暇を取得(ダメ社員)

一路JSYへ。
駐車場に停まる一台のクルマ。
なんか見たことある・・・クルマ。

店内に入ると・・・やはり居た・・・MRきってのホスト(爆)CUTM@N。
見た瞬間に固まるホスト(爆)

一瞬のやりとりで、この後の釣行計画が決定(爆)
夕方と言うにはあまりにも暑い午後3時、二人は最上川へ。

現場についてみると、なにやら、イケメンが一人連れ添っている。
もしかして、コッチが本当のナンバーワンホストなんじゃ?と思ったけれど、CUTM@Nの親友とのこと。

一路、釣り場へ。

~~~~~~~~

はっきり言って、活性は低い。
外側はダメ。
逆にアツかったのは内側。
船が通って出来た引き波に乗せてバイブをキャストすると・・・アタるはアタるは・・・
でも結局、サイズが40弱くらいなので、ノリが悪く・・・結局CUTM@Nが1本上げただけ。

諦め気分で帰り始めると、ふと、CUTM@Nがあるポイントへ立ち寄る。
先行者の邪魔にならない位置に陣取って(別にCUTM@Nとなら、阿吽の呼吸でクロスする心配もないんで、5~6mに寄ったけど・・・他人でそれはありえない)、キャスト。

よく見ると、先行者は、ミノーやバイブをローテしながらやっている。
しかし・・・どうも・・・デイゲームって感じじゃない(意味わかる?)
ならばとばかりに、こちらは内側でやったのと同じ、スーパー速巻きを開始。

結んでいるのはレンジバイブのナチュラルカラー。
ど遠投して、日本三大急流の流れに負けない速度で・・・超!ファーストリトリーブ・・・
そして、必殺の、4段ジャーク(爆)・・・ソコマデヤルカ・・・

・・・ゴン!

キ・・・キターーーーーー!!!!

そう思ったのもつかの間・・・ドラグを一回ギュウゥゥゥゥゥ・・・と鳴らしたところで、フックアウト・・・orz
ま、リアクションで喰わせてるんで、こんなもんだよね。

しかしココ・・・メッチャ魚影が濃い。
川の流れと上げてくる潮がぶつかって、いい感じに波立ってる。
本当はもっと上流に行きたかったけど、ここの感触の良さに粘りを決意。

ルアーローテして狙っていく。
次に選んだのは・・・
onumaniwashi.jpg
シリテンバイブ73[オヌマンイワシ]

これで少し波動を変えつつ、音を静かに。
当然、見切られる可能性は下がるわけなんで、リトリーブスピードは若干落とす。

2投目・・・それは来た。

「ゴゴゴン・・・」

やっぱりローテーションが奏功したか!とばかりに、ガツンとショートにアワセておいて、身体を左に90°ひねって思いっきりスウィープに・・・二段フッキング完了!!

これでほぼ、バレはない。
ファイト開始!!

ギュウゥゥゥゥゥィィィィィィィィィ・・・・・・

え?ドラグ・・・最上川仕様だよね?(かなり締めてます)

ゴン・・・ゴン・・・ゴン・・・

首振ってる感覚が伝わってくるから、多分スズキ。
でも、全然浮かせることができない。

ロッドは完全に満月・・・一度だけ、ランが止まったけれど、足下が障害物だらけなんで、早めに寄せるなんて怖くて出来ない場所。
考えればこれが寄せる最後のチャンスだった。

次の瞬間、気が狂ったように下流に向けて走り始める魚。
ラインの擦れを恐れて、テトラを渡って先端まで出るも・・・全くその勢いは止まらない。
巻いては出され、巻いては出されの繰り返しだったのが、最後には全く巻くことすらままならないようになり・・・

「プン!」

と無常のフックアウト。


帰ってきたシリテンバイブには、直径1cmに満たない小さなウロコが刺さっていた。

途中でわかったけど、あれは明らかにスレ。
あまりのパワーに最初はエイかと思ったけれど、ウロコがあるなら魚。
しかもあれは鯉のウロコじゃあない。
あれはスズキ・・・多分70・・・いや、80UPだろね~。

だって、ロッドはZeleの93にリールはブランジーノ3000だもの・・・これで何にもさせてもらえないんだから、少なく見積もってもそれくらいはあるでしょう。

不思議と、脱力感ではなく爽快感が体に残る。
右手はガタガタ震えて力が入らず、胃は急な興奮にキリキリと痛む。

その後、ワームでもバイトがあるが乗らずに終了。

聞けば、CUTM@Nも時を同じくして魚を掛けていたのだとか。
こちらはエラ洗い一発フックアウトだそうだ。

友人クンも含め、魚は1匹だけだったけれど、自分的に相当楽しい釣行となった。

~~~~~~~~

そんなこんなで、写真もなんもない記事。
「そんなんナンボでも書けるでしょ~」と思われるかもしれませんね(苦笑)

でも、右手に残る疲労感と、隣にいた仲間が証人。


次こそは・・・アレにちゃんと口を使わせて、ランディングまで持って行くぞ!



・・・ということで、夕方の部はこれで終わり・・・夕飯食ったら夜の部に出かけて来ま~す(核爆)


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

タイトル
こちらは痛恨のラインブレイクでした。
まさかの合わせ切れ・・・・・PEが痛んでいたようです。
しかしながら魚影が凄く濃いのでデカイのに期待ですね。
おじさんたちのぶっ込みでは90cm揚がってますし。
タイトル
興奮しました。
高速もタダですし、
私を釣りに連れてって!
タイトル
maamさん
それは悔やんでも悔やみきれませんね~・・・
なかなか刺激的なデイゲームでしたよ。
実はたまに後ろを振り向きながら「ニャンコ先生いないのかな?」と思ってたんですよ(笑)
タイトル
キミ兄やんさん
高速もタダですし・・・明日の朝お待ちしてます(爆)
タイトル
こんばんは!

あのロッドですよね!!
私がキャストも出来なかったあの凄いロッドが満月ですか!
凄すぎて、夫婦で唖然としておりました。。

今まで夜しか釣行していなかったのですが、
日中もとっても魅力があるものなのですね♪

楽しくなってきましたね~!!
タイトル
スレとはいえあのZeleのロッドをブチ曲げる感触。

是非味わってみたいモノですなぁ・・・

タイトル
午後から事務所に行ったら机が空だったので、もしかしたらと思ってましたが(ーー;)
私も仕事をサボって休んでの釣行、あまり良い結果を出していないです。

今週の最上川、バイブでコンスタンスに釣れているみたいですね。
Zeleをバットからぶん曲げる引き、楽しそうです。
タイトル
紫桜さん
そう、あの棒です(爆)
実は今朝も行ってきたんですが、全く同じ場所で、別の人が90UPをスレで掛けまして・・・どんどん下流に走り・・・その目の前にいたのが、オレ(涙)
喜んでタモ入れさせてもらいましたよ。

タモについてたウロコは昨日のと同じ。
昨日のオレのは上げられなかったわけですから・・・一体何cmあったんでしょうか?
タイトル
Makkunさん
スレはスレよ。
口使わせてナンボでしょ・・・スレでバケモノに逃げられるより、Makkunさんのように70UPちゃんと上げられる方がいいですよ。

でも、もの凄い引きでしたよ・・・エイでなくてよかったけど(爆)
タイトル
かどさん
人聞きの悪い(笑)
ま、デイゲームもタイミングみたいっすよ。
それと場所のチョイス。
2つのファクターが交わるところを探さないとダメなんでした。

しかし・・・根がかり以外でZeleがバットまで入るのは初めてですよ(苦笑)
タイトル
お疲れ様でした!
折角のダブルヒットだったのに残念でしたね。
次こそはマチャキ流合わせをくらわせます♪
タイトル
CUTM@Nさん
お疲れ~。
ダブルヒットしてるとはつゆしらず・・・「デカイ!」とか叫んでしまって恥ずかしかったよ(爆)
あのアワセは、小さいのは乗らない(口切れもある)よ~。
デカいのを獲るためのフッキングです!
タイトル
タイミングそれは難しいですよね
いっつもタイミング外すからな~
金曜日とか無理しちゃおうか?(嘘爆)
タイトル
ソワソワしますな~(爆)
出撃出来ないもどかしさ(涙)

明日以降かな~・・・・
タイトル
kcnさん
そんなこんな言ってる間に、こないだ入ってきた群れはスレちゃったみたいですよ。
・・・金曜日?
免許更新で休み取ってますけど何か?(笑)
タイトル
研究者さん
一雨こないと厳しいかもっす。
焦らずに!
タイトル
いや~ホントお疲れ様でしたm(__)m
しかし・・・この記事を出発前に見なければヒットルアー買ってませんでしたよ^^;
ひらめきはホント重要ですね^^
タイトル
reopapaさん
おつかれでした~!
まさに当たりルアー!!
オレもなんとか一本出してほっとしてます!!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。