出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AK-SP
Category: タックル  
本州では流通なし!


この一週間、自分でも驚くくらいに多忙である。
もちろん仕事もそうなのだが・・・むしろアフター5が超多忙。

月曜は幼稚園の役員会(クラス代表に就任してしまった・・・)
火曜はカイロプラクティック
水曜は友人の結婚式の余興の練習
木曜(今日)は会議
金曜は3月で退職した同期の送別会

釣りに行けるヒマもなく・・・チョイ投げしても潮が澄みすぎててダメ。
こうなってくると完全に尽きるネタ。

まあ・・・何か書こうと思えば脳内ストックだけで何らかの物語くらいはひねり出せるのだが・・・
写真もないただの文章ばかりじゃ、読んでくれる人にも申し訳ないと思っていたら、気がつけば木曜になっていたという(苦笑)


さて・・・そうなると、最近書いてないネタ・・・
ソルトのタックルについてくらいしかないのかなと。

自分の場合、玄関の靴箱の脇にソルトのロッドを立てかけているのだが・・・
エギングロッド1本、メバロッドが1本、そしてシーバスロッドが・・・3本。

3本?
前に所持していたナイトメアカスタムは売却済み・・・ゼルの元手となった。
なら、アーバンサイドカスタムとゼル・・・それ以外のロッドとは。

コレ!!
ST-AK126X.jpg
ハイ!自分の所持しているロッドの中で唯一の・・・3ピース。

12フィート6インチ。
ルアーウェイトMAX70g。
正直これを振り抜こうとすると・・・出っ張った腹にグリップエンドがつっかえそうになったり(爆)

これ・・・何用のロッドか?

それはコードナンバーとサブネームに隠されております。

「DAIWA Saltist ST-AK126X」

AK・・・もちろんアキバではない(爆)

このモデル・・・きっと知らない人も多かろうかと。
なぜなら、ダイワのソルトルアー用ロッドのページの一番下部に申し訳なさそうにチョロっと掲載されている・・・超マイナーロッドだから。

なんせ・・・流通量が異常に少ない。
特に・・・本州ではほとんど流通しないらしい(釣具屋さん談)

じゃあどこで流通しているのか?
九州?イヤイヤ・・・オオニベ狙いじゃないし(笑)
四国?イヤイヤ・・・アカメ用でもありません。
そして・・・ヒラスズキ用でもない。

では何処で・・・何をターゲットとして流通しているのか?

その場所は、北の大地・・・北海道。
そして・・・そこに棲息するターゲットこそが『AK』の由来。

AK=アキアジ

その名も『アキアジスペシャル』・・・北海道に棲息する超・パワフルモンスター・・・対サーモン用スペシャリティロッドである。

では、自分はコレを何に使っているのか?
そりゃ、サーフのジグ投げしかないでしょう!
でもね・・・ただジグ投げるんなら、ジグロッドでいいわけですよ・・・その方が安いし。

これにした理由・・・それは、汎用性。
庄内の遠浅サーフに出ると、その日によって、沖のブレイクの向こうまでジグをぶっ飛ばさなきゃならなかったり、その手前に居る魚をベイトフィッシュライクなミノーで狙ったりと・・・コンディションによって必要な竿の強さ・リールの大きさが違う。

ジグロッドだと正直ミノーが投げにくいし、ミノーロッドだとジグを結んだ状態で振り切るのはちょっと怖い。
その日のコンディションによってロッドを使い分けたいけれど・・・車を降りて波打ち際に出て、暗いうちからキャストして・・・明るくなってみないと、その正直なところはわからないのがほとんどである。

「ああ・・・今日はジグだった・・・ジグロッドにすればよかった」
そう思った時、ロッドは数百メートル先の車の中。
自分の目の前には美味しすぎる巨大離岸流。
周りにはそれを横目に『早くどけよ』と心でつぶやくライバルアングラー・・・。
こんな状況で釣り座を移動できる人間などほとんどいまい。

その点アキアジスペシャルなら、50gくらいのジグをフルキャストで遥か彼方までぶっ飛ばせるパワーを持ちながら、ジグロッドにありがちなあの硬さがない。
鞭のようにしなるブランクスは・・・12~14cmのミノーをもいとも簡単にはじき出す。
こと庄内のサーフに限って言えば、コレ一本でほとんどの状況をこなすことが可能・・・
扱う人間の体力や技能にもよるが、気合で使いこなしてやると決心し、昨年の冬にこれを導入した(コッソリね)

まだ、魚を掛けた事はない。
入魂式は今年の秋になってしまいそうだが・・・砂の上を自在に走れるRVを所持していない自分にとって、この長大な刀は、大きな力となってくれるに違いないと期待している。


しかし・・・こうやって書いていて思うのだけれど・・・我ながらマニアックだね・・・
自分の知っている限りでは、北庄内のサーフでコレを使っているのは自分も合わせて2名だけ。


フィールドでコレを振り回してる迷彩柄のアングラーがいたら・・・それはこのワタクシです(爆)


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

こんばんは!

ジグロッドって私はとっても使いづらいです・・・
かたくて長時間だと体がもちません・・・

まさかマチャキさんが昨年にロッドを買われていたとは!!!
旦那が知ったら、いいなぁ~いいな~と言いそうです(笑)

実際にフィールドでどっちのロッドで・・と迷ったり取りに行ったりの経験があったので・・
大変お勉強になりました♪

ハードスケジュール頑張って下さい!!
12f、ええなぁ。
俺のジギングロッド、9.6f。
やはり、ちょっと短いと感じます。
もう1~2f長くてもいいなと思う時ありますね。

秋といわずに、すぐにでもサーフに繰り出しましょうヽ(^o^)丿
連休明けは青物が楽しそうですし。
紫桜さん
ジグロッドはジグロッド、ミノーロッドはミノーロッドの良さや役割があるんですけどね。
庄内のサーフがややこしくしているんですよ・・・遠浅すぎるのがミソです。

ロッドはコッソリと買ったって言ったでしょ。
あとは・・・これに・・・(意味深)
かどさん
96じゃあミノー用並みですね。
12.6は・・・腰に来そうですが(苦笑)

春のサーフ・・・確かに興味津々ですよ・・・フフフ・・・
俺の今年のサーフはMID STREAM 10.6 PEで決まりです♪
MAX35g表記ですが・・・40g位は楽にイケるかと・・・春のワラサ、サーフから獲りたいですねぇ^^
誤解を生みそうなロッド(笑)
ぜひ秋の某河口で! 漁協にチクっておくから(爆)
reopapaさん
南のサーフは、北ほど遠浅じゃないのかな?
ミノーで通せればいいんだけど・・・酒田以北はそうは問屋が卸さない状態(苦笑)
ロッドも適材適所だよね~・・・ワラサ!?サーフ!?激アツじゃないですかぁ!
JPさん
そうなんですよ・・・名前が(爆)
某河口じゃ怖くて振れません。

「いや・・・スズキ狙ってるんですけど・・・」
「嘘つけ!竿にアキアジって書いてるじゃねぇか! ピーポーピーポー・・・」
マチャキさん、かっくいい~!(ポッ)
あたしゃ、サーフ用のリール買わないと・・・

251隊長グッチさん
サーフ用のリールも・・・何投げるかですよね~。
オレのラインナップの最後のピースも・・・それだったりします(笑)
そういえばロッド持ってるって言ってましたもんねぇ。

自分もDAIWAの12ft・3ピースですが、同じくグリップエンドがメタボッ腹に・・・
Makkunさん
INFEETだっけが?
このカテゴリーの最上級が、ブランジーノのブレードシャフトカスタムということになりますの。
買ってみてはいかかでしょうか?砂王にはピッタリの逸品だと思うのですが(微笑)
ご無沙汰です。
ピーポーピーポーって何で病院行きなの(爆)
俺も今流行のAKB48を直ぐ連想しちゃった(笑)
40gぐらいのぶっ飛ばしたいですね~。
研究者さん
ピーポーは救急車か(爆)
40gはマストですからね~。
それ相応の竿が必要になるのであります。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。