出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


情報→仮説→実験・・・
Category: ROCKFISH  
まさにガリレオ・・・実に興味深い。


天気予報を見ると、明日からはまた爆弾低気圧が日本列島を襲うらしい。
なんか、冬の季節風よりも・・・台風みたいにコロコロと風向を変えるイヤ~な風にさらされる事が多くなったなぁと。

温暖化で全てが狂っているんでしょうね。
これ以上地球が壊れなければいいんだけど。

グローバルな視点はこれくらいにして(笑)、自分という小さい人間が直面しているのはもっと些細な事。


・・・明日から釣りは出来なそうなんで、今晩は何としても竿を振らなきゃということである(爆)


今日は・・・どうしてもある釣りがやりたくて、場所もタックルも大幅に変えてみた。
実家に帰ってタックルを取って、行きがけに釣具屋にチョイと寄って、リグるために必要なモノを買う。
しかしながら・・・そこを攻めるには、相当な重さのシンカーが必要であることを思い知って、今日の挑戦は失敗に終わった(苦笑)
※恥ずかしいんで、このトライについては結果が出るまでヒミツにします(爆)

打ちひしがれて見る時計は19時15分。
帰りのリミットまでは1時間ちょっと。
速攻で移動して、いつものポイントへ。

とりあえず、いつものストローテールをリグって同じように攻めてみると、やっぱりプルプルというアタリがある。
しかし乗らない・・・いや、乗せても小さい事がわかってきた(多分ソコには常時20匹以上のメバルが群れていますよ・・・5m四方に)。
ならば、別の場所を攻めてみよう・・・同じエリアだけど、より好条件で良型が着きそうなピンを遠投で撃っていく。

ここ数回の釣行で抱いた感想・・・数の多いメバルといえども、何もない場所にはいない。
魚がつくにはれっきとした理由があるということ。
そして、良型とチビの着くポイントはやはり違う・・・良型ほど好条件の場所を占領して、流れてくるエサを捕食している・・・そんな感じ。

実際・・・今までのポイントで出るのは・・・こんなヤツ。
20100112-1.jpg20100112-3.jpg
どんなにやっても、13~14cm止まり(これでも乗るヤツだから大きい方)

ピンを撃つと・・・このサイズ
20100112-2.jpg
17cm・・・痩せてるけど、このクラスになると一丁前に引きやがる。

実は、メバル釣るようになって、メジャーを当てたのは今日が初めて。
目測で計っていたけど・・・やっぱり詳細なデータは必要かなと。
コイツが17cmならば・・・昨日のは確実に20cmはあったハズ(ちゃんと計ればよかった)。


ウチに帰ってブログを開くと、JPさんやグッチさんから昨日の記事に非常にタメになるコメントが寄せられていて・・・また考える。

ソイを避けてメバルを狙うという自分の記事に対する、先輩からのありがたい指摘や示唆・・・それを見ていると思い出す風景・・・
そういえば去年、テトラ帯で裂波の120を引いていたら25cmくらいのソイがピックアップにもんどり打ってバイトしてきたっけ。
ソイってイメージの中じゃ、角・底ベッタリだったんだけど・・・活性次第で思いっきり浮上して喰い上げたりするんだった。

確かにソイを釣りたいなら、ヘチやエグレをタイトに狙うのがパターンなんだろうけど・・・それが全てじゃない。
出来上がりかけていた仮説がいい意味で崩壊した瞬間であった。
※ただ、自分がやってるエリアのソイは元気がないのか・・・なぜか底ベッタリで釣れるのだ・・・これもまた紛れもない事実。


釣りって、浪漫であり情熱を掻き立てるものでもあるけれど・・・科学的分析の対象にしてみても、十分すぎるほどのバリューがある・・・本当に奥の深いものだなぁと。


・・・本当にメバルやってよかった・・・いや、完全休養期間をなくしてよかった。
勘は鈍らないし・・・マジで湾内の勉強になりますよ。
嫌でもレンジを意識するんで水中イメージが立体的になり・・・知らなかったポイントも頭の中に明確に・・・

春からのフィッシングポイントが確実に増えそうな予感がする。



・・・同時に時間も足りなくなりそうだけどね・・・奥様に怒られない程度にしなきゃ(滝汗)


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

言われてみればそうですの。酒田港のメバ、ソイはそんな感じがします。まったく同感でございます。しかし相当メバルぞっこんLOVEになりましたのぉ!これで尺近いの釣ったらもぉ虜になりますね!
こんばんは!
去年からやり始めたメバルでこんなに考えさせられるとは思ってもいなかったです。。
他の方のアドバイスをお聞きすると、色々なパターンやその場所での釣り方の違いがあって・・・
私、現在はまずは港内で実験をして頑張ってみます!!

その後に、狙っている場所に行ってみようと思っています。
そこはちょっとだけビジョンが出来上がってきているので・・・(一人で沢山行った場所なんです!)
自分のポイントが見つかったら嬉しいなぁと思っています♪

私の釣り旅はこれからもっともっと障害が待っていますけど・・・
でも、長い道のりを楽しんでいきたいです!!
ツリキチさん
ソイは水がクリアなときに、テリトリーの上にベイトが来ると、ぶわって浮いてくるイメージっすよね。
尺・・・釣ってみたいっすのぉ・・・
紫桜さん
メバルは奥が深いですねぇ・・・ワタシも実感しています。
まずは港内で傾向を掴んで、大場所へ・・・とてもいいと思いますよ!

ま、「障害」と切り捨てずに、ステップアップのための試験と受け取った方が楽しくなるんではないでしょうか。
楽しんでいきましょう!!
白色の洗面器の中に小魚を入れると散らばる。
けど、一本黒い線を引いただけで、そこに散っていた小魚が集まる

この記事が書いてあるバス釣りの本見たこと無いですか?
オレは物凄くインパクトを受けたんだよね~(あとでウチのサイトに載せて置きますね)

オレの場合それが考える釣りのルーツの一つなのかな~と思い出してます。
その基本を、目の前にある風景にあてはめ、3Dで考える・・・と、見えないはずの海中がなんとなく見えてくるんですよね(笑) 

そういう妄想が楽しいし、それで釣れたらやった!って思うモンね(笑)
JPさん
以前にそのお話は聞いたことがあります・・・へぇ~と感心したのを覚えています。

海・・・しかも見えない水中を予測しようとするときに、なんらかのきっかけというか取っ掛かりって、大事だと思います。
自分の場合はバスで死ぬほどやった、底モノのズル引きだったり、ルアーのフォールでの水深測定だったり・・・ま、自分は実技ありきなんで、ルアー投げ込まないと全然浮かんでこないんですが(苦笑)
それでも、JPさんのお話を聞く機会が増えて、目で得る情報から何かを得ようとする気持ちだけは浮かんできていますので・・・昔とは違うのかなと・・・昨日常夜灯の下に発生した強烈な払い出しを見ながら思った次第であります(笑)
・・・昨日はその絡みで1本出しましたんで・・・本当にうれしかったですよ!!
メバルのレンジはその日の状況にもよって物凄く違いが出ますが、トップからボトムまで本当にさまざまですよね~潮の向きにしても勿論どっちを向いてるか変わってくるし、水族館や動画でサスペンドしてるメバルを見てると捕食の仕方とか色々と妄想が尽きません(笑)
それから俺の言ってる所では良型はボトム周辺が多いですね~特に入組んでる根の周辺は良型ヒット率が高いです。
トップでも反応は有るんですが、トップで良型がガンガン釣れた覚えは余りないっすねぇ~でもその時のベイトによってはトップレンジで良型が爆何て事も有るんでしょうけど・・・まだそう言うシュチュエーションには当たった事が無いっす^^
皆様、いろいろ考えておやりになってるんですね~。

科学と物理の検証は実はアプローチが微妙に違い結果も違います。

釣りも同じという事が実証されてます。

皆様の経験から来るノウハウは素晴らしく行って試してみたいと思うものばかりです。

マチャキさんのおかげで少しづつですが成長しています。ありがとうございます。

ただ天気の関係で”妄想”ばかりですが・・・。

まだロクにいいコンディションで釣りもできてない始末。

来週からの”晴れ”の天気に期待です。
reopapaさん
レンジが日によって違うのは痛感していますよ・・・最近ではボトムも意識するようになって来ました。
ソイが来たら来たで構わないくらいの気持ちで大胆にベッタリ攻めると・・・アベレージを超えたり・・・なかなかに奥が深い。
何が何でもレンジだけじゃなく、その下の地形や流れが良型の着き場を大きく左右するんじゃないかな~と考えているところです(だからソイがよく釣れる場所ってのも、『ある意味』正解なんじゃないかなってね)。

水族館でのメバルはオレも娘とず~っと見てたよ~(笑)
かなり興味深かった・・・あの時からメバルやるのは決まってたのかもね。
M.L.R.さん
理系チックな名言ですね!いただきました!ありがとうございますm(__)m

ここ数日は頭に思い浮かんだモヤモヤを忘れないようにココに書きなぐっている状態です。
逆にみなさんにご意見いただいて・・・私も大変参考になっているのですm(__)m
皆様のご意見を又聞きしてる私でございます(笑)
マチャキさんの釣行記をみてると既成概念が簡単にひっくり返りそうですよね。やはり自分で探ってこそ釣りの醍醐味。自分はとりあえずマイペースで頑張っていきます。
ちなみに去年、日中のテトラ帯で17センチミノーに水面までチェイスしてきたメバルを見たことがあります。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Makkunさん
イヤイヤ・・・自分はただ思ったことを書きなぐっているだけですから(苦笑)
本当にメバルやってると日々楽しいんですよ・・・トライ&エラーの繰り返しなんで。

いや~しかし凄い天気っすね・・・こりゃしばらく釣りは無理そうですね・・・
マル秘さん
滅相もございません!
かえって申し訳ありませんでしたm(__)m
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
マル秘さん
こちらこそ申し訳ないm(__)m
以後よろしくお願いいたしますm(__)m
考えて、そのときのシチュエーションの違いを魚と答え合わせが出来るのがルアーフィッシングの醍醐味ですからね。
解った気になった後にスランプも待ってる。
引き出しが多くなりかけが一番難しいかも。
色んな意見があって見ているだけでも楽しいです。
沸いてますね~(笑
gajinさん
そろそろ来ますよ~大スランプが(爆)
今度天候が落ち着いたら&遠出できる時間的余裕があれば、別のポイントにも行ってみようと思っています。
井の中の蛙大海を知らずにならぬように・・・

・・・・・・ええ・・・確実に沸いてますね~(爆)
頑張っておられますね。
魚のつき場やレンジですか。
通わないと解らない事一杯ですね。
見えない海底の地図を思い描き、着き場を考える。
釣れれば楽しいですね~。
研究者@Mad engiさん
ええ・・・自分にしちゃあ頑張っていますね(笑)
未だレンジもつき場も暗中模索ですが・・・こうやって迷っているときが一番楽しいのかもしれません・・・あ、Mぢゃありませんよ(爆)

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。