出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


reopapaという男
Category: シーバス  
これがガイド冥利というものか・・・


今日は最初からチャンスと踏んでいた。
根拠はあるが・・・それは伏せておきたい・・・半分感覚だしね。

帰りの車中で眺めた最上川。
昨日より水位が高く、ニゴリもきつい水を見て夕マヅメは休む事にする。

夕食を食べているときに電話が鳴る。
reopapaからのメール。
こっちに来るとのこと。

やっと来たか・・・正直そう思った。
MRで酒田スズキのガイドを受けてないのはもはや彼だけ。
隣県の海の方が近い彼に、何としても山形県の母なる川のもたらす恵みを感じて欲しかった。

この時点で自分のナイトシーバッシングの予定を変更。
この変更が、彼にあんな僥倖をもたらすことになろうとは・・・。

~~~~~~~~

夕食を食べた自分はO.P.Bポイントへ。
彼のガイドに徹する前に自分の釣りをしたかったというのが理由。

今日はここで出る予感がしていた。
毎日のようにこのポイントを見ていることでわかるようになった変化や傾向・・・それが「今日は出る」と言っていたような気がする。
そして、昨日ここで取り損ねたバイト・・・それを補うために変えたタックルセッティング・・・これがハマる予感がビンビンにしていたのだ。

いつもの●●撃ち。
●●の端にあるエッジ・・・その中で出そうなライン・水深にウェイビーを送り込む。
答えは一撃で出た。

『ドガッ!』

深いバイト・・・そして重い魚体。
スズキクラスの口中奥深くに食い込んだウェイビーをイメージして、ここぞとばかりにパワーフッキング
「アワセてはいけない」・・・こう言い続けていたが、これも一つの方法でしかない。

魚のデカさ、深いバイト・・・そして、昨日より柔らかい竿・・・この条件=パワーフッキングの方程式が一瞬で頭に浮かんだ時点で今日はオレの勝ち。
思い通りに、エラ洗いを出されるまでの短い時間で完全にフッキングは決まった。

エラ洗いは重く、まるでコイかナマズのように身体の側面を水面に「ドッパンドッパン」と打ちつける。
外道なのかとちょっと心配になったが、引きのキレが全く違う。
当てたライトを反射する銀色の腹を見た瞬間、歓喜が身体を突き抜けた。

緩めにしたドラグが鳴り、満月のように弧を描くナイトメアカスタム。
緊迫したファイトの後にようやく浮き上がった魚体は、目標を軽く超えていた。

20090722.jpg
78cm・3.6kg・・・ようやく掴んだスズキサイズ!(惜しい!!あと2cmでランカーだった)
盛り上がった背中・素晴らしい体高・・・完全な川スズキ・・・引きも強烈でした(^^)v

reopapaに先に獲ったことを告げた時点で携帯の電池が切れる。
一旦家に戻って奥様のものと交換して再出撃。

~~~~~~~~

待ち合わせ場所でreopapaを車に乗せ、G-SECTIONへ。
この時点で、自分は釣り人からガイドへと完全に変身を遂げる。

reopapaという男のキャラクターがそうさせるのか、彼の家と酒田の距離がそうさせるのかはわからないが、『なんとしても今日一日でシーバスを獲って欲しい』という思いが心の中を占領していた。

他のMRメンバーはいわばその道の大家。
自分のような場所を知っているだけの凡人が、「あーしろ」「こーしろ」と手取り足取りポイントまで案内・・・なんてことをするのはおこがましいし、失礼と感じるが、reopapaは、自分にとっても同じ目線というか(失礼ですね)、とにかく何とかして釣って欲しいと思わせてしまう何かがあるのである。

よって、G-SECTIONでも、いろいろ口やかましく言ったと思う。
そして、ポイント移動も全て自分のタイミングで行った上で、最初に投げたい場所に投げてもらった。

たどり着いた本日の本命ポイント・・・本来自分が抑えのO.P.Bより前に一番で叩きたかった場所。
加えて言えば、こないだJPさんがナイスサイズをヒットさせたポイントも隣接する一級場。

そこに、「君ならどこを打つ?」と尋ねた上でエントリーしてもらった・・・一言、「なるべく水面近くまで降りてね」と言い添えて。
彼はそれを忠実に守った。
そして、起こるべくしてそれは起こった。
前述のポイントでのシーバスのボイルが起こり・・・吸い寄せられるように飛んでいくreopapaのルアー・・・




・・・そこから先は、彼のブログでご覧下さい(笑)
・・・自分のよりはるかにデカいメモリアルフィッシュを彼は獲りましたよ。




他人の魚なのに、今自分は猛烈に嬉しいのである。
・・・こんなのは本当にはじめて。
獲って欲しい人に、入れて欲しいポイントで、出て欲しいサイズが出た事・・・予感が現実に変わったプロセスが・・・まるでパズルのようで、本当に気持ちよかった。
今でも、歓喜に震える彼の笑顔が浮かんでくる。

・・・これが『ガイド冥利』
釣ってもらう嬉しさ。
以前にG師匠が言っていた感覚なのだと、今日実感した。

しかし、ヤクザ顔だの物欲大魔王だのと言われているreopapaであるが、なかなかどうして、堂々としたファイトだった(本人曰く、バラす気がしなかったとのこと)。
まあ、バサートのロッドパワーと、最高峰・ステラのドラグには相当助けられたと思うけど(笑)・・・

reopapaという男・・・なかなかにやる。

そう思った皆既日食の夜であった。
スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

興奮したメールが飛び込んできたけど、電話をしたときには既に落ち着いていたっけな。
流石!名ガイド!!
きっちり自分の目標も達成したあとでの出来事だけに、尚更嬉しかったのでは。
来年あたりから営業開始?(笑
ふたりとも、おめでとう!!
gajinさん
いや~デカく、かつきれいな魚でした。
reopapaは釣った直後から、極度の緊張からくる胃痛に悩まされ、今頃浜で息絶えているかも(冗談)
今回は素直にうれしい!そして彼の引きの強さに脱帽です!
ガイド業は今回で終了ですよ・・・みんな一人で釣行できるでしょ♪
みんなにガイドしてくれたお陰でなかなかスズキサイズが上がらなかったですもんね。
自分のポイントを快く教えてくれて更に釣るコツまで教えてくれて素晴らしいガイドでした。
これからはみんなマチャキ塾を巣立って一人立ちしていくと思いますので存分にランカーGETTしてください!
本当におめでとうございます!
CUTM@Nさん
オレ的には君のスズキ級も待ち望んでいるんだけどね(笑)
そろそろ苦労が報われてもいい頃だよね。
ベイト付きのお祭りフィッシュも連発して楽しいけど、ポイントをじっくり見まわって引きずり出す居つき&タイミングを読んでブチ当てる遡上直後の魚・・・これこそ、地元民ならではの勲章だと思うよ・・・がんばれ!CUTM@N!!
オレも次の目標に向けて一歩一歩地道に頑張ります!!
やりおりますね~
2人とも
やったぜV


僕はふられっぱなしで、凹みぎみ・・・
ようやくでましたね。ナイスサイズ!おめでとうございます!

しかしガイド担当のマチャキさんしかりMRメンバーの方々はホント凄いですね。おみそれしました・・・
kcnさん
今回のヒーローはreopapaですよ・・・完全に持ってかれました(笑)
次はkcnさんの番ですね~!
Makkunさん
ありがとうございます!ようやく追いつきましたよ!(笑)

MRのメンバーと釣りしてると・・・当てられるオーラが凄くて疲れます(笑)・・・同時に受ける刺激もハンパない。
その道のいわば極道の集まりですからね・・・オレみたいな凡人は、ガイドしてるフリして彼らが初場所・初魚種でどうやって釣りを組み立てていくかを盗んでいるのです。
そんで、オレに獲れない魚を釣っちゃってくれますからね・・・マジ、勉強になるのです。

でも、我々地元組は通えるというアドバンテージを持ってますから・・・彼らに獲れない魚に出会えるのも事実。
通って通って・・・お互いに地道に頑張りましょう!!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。