出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シーバスゲリラ研究所
Category: シーバス  
やっぱり視点と思考回路が違いますね・・・


今日は7月7日・・・七夕である。
織姫と彦星が一年に一度だけ会うことができるロマンチックなこの日・・・

下衆なゲリラ(音的に非常に汚いね 爆)は、昨日顔を見ることが出来なかった川シーバスに会いに行く。

最上川のいつものポイントに着くと、すでに先行者。
エサとルアーの二刀使い・・・置き竿しながらルアーをキャスト・・・実に効率がいい(笑)
話をしてみると、今日は休みで朝からずーっとやってるんだそう。

邪魔にならないように離れてエントリー。
水面を見て愕然とする・・・水が悪い。
ニゴリとかそういう次元ではない・・・油が浮いて、ガス(浮き草)が細かくなって水中を漂っている。

こりゃあ、ナチュラルなソフトルアーよりも、ギラギラでゅうブレード系でしょ!底付近は表面より水がマシそうだし。
とばかりにクルクルカウンターアタックをキャストして、飽きさせないようにカラーローテーションを繰り返す。
レッドヘッドからイワシに代えたとき、底付近でゴン!とバイトがあるが、身体を捻った拍子にリールを巻く手が一瞬ハンドルからハズレてしまい・・・その一瞬のテンションオフで、バレてしまう。
・・・ブレードってファイトがシビアだな~と実感。

気合を入れなおして、カラーを黒系にチェンジ。
底から上げてきて、カケアガリに差し掛かったとき・・・そこまで追いかけてきたヤツは、『喰う』か『反転する』かの二択に迫られ・・・前者を選択した。

ゴ・・・ゴッ!

今度は、万全の状態でファイト。
あらかじめ締め気味にしたドラグのパワーを十二分に活かし、魚の重さと流れの抵抗を利用してのストロークの長い巻きアワセ。
そこからは、ロッドを水面につくくらい寝かせた状態のまま、潜れば巻き、浮く気配があればティップを水面に突っ込んで、遠距離でのエラ洗いを抑制する。
ある程度距離が近づいてからは、ドラグを緩めに調整して、左右のランと下への突っ込みに対応する。
ようやく・・・このルアーでのファイトがわかってきた・・・いや、身体に染み付いてきたようだ。

最後は結構冷静にネットイン!
20090707-1.jpg
68cm・約2.1kg・・・今期最大ながら、あと2cm大台に届かず!!

その後、ワームで場所を休ませつつ、魚の反応を探るもバイトはなく・・・再びクルクルカウンターアタックにチェンジ。

今度は青系。
完全に底ベッタリを引いてくると・・・
またもバイト。

重さはそうでもないのだが、走りはじめるとなかなか止められない・・・
その時点で予想はついた・・・この魚体。

20090707-2.jpg
55cm強ながら素晴らしい体高の銀ピカちゃん。
所謂『ワタリスズキ』ってヤツですな・・・顔が小さい!

その後・・・レッドヘッドのブレードで最初のシーバスと同じ位のを掛ける。
前2尾同様、慎重なファイト・・・しかし、掛かりどころが悪かったのか、水中でプン!と外れてしまった。
やっぱブレードは難しいね~。

今日は4バイト2フィッシュ。
2時間くらいでこれだから・・・まあまあってとこでしょうか。
今日も約束があるので、薄暮の最上川を辞して自宅へ。

~~~~~~~~

夕食後・・・待ち合わせの場所へ。

既に彼は到着し、準備を進めていた。

暗闇でもわかるイケメンぶり・・・そう、研究者@Mad engiさんである。
前々から依頼を受けていた湾内ガイド・・・週末の荒天を見越しての、平日強行軍である。

自分の車一台で出発。
まずは・・・お約束のG-SECTIONへ。

研究者さんもgajinさん同様、この場所の異様な雰囲気に驚いている様子。
そりゃそうだ・・・ここは海ぢゃないもんね。
こんな内水面で、デッカイシーバスが釣れるなんて、イメージが湧かなくて最初は当然なのである。

かるーく説明を入れながら、一通り攻めるも・・・自分に小さなバイトがあったのみ。
こないだよりボイルの少ない水面ではあるが・・・あいかわらず小魚は騒ぎ、たまに出るボイルはスズキ級間違いない重低音。
研究者さんは「魚が近く感じる」って言ってたけど・・・まさにその通り。
それを感じ取れるとは、さすが超絶エギンガー・・・こりゃデカいのを上げる日も遠くないとその時思った。

次の場所に移動する車の窓を大粒の雨が叩く。
案の定、竿を振っていると空が蒼く光った。

二人して顔を見合わせて「撤収しましょう」の声。
勇気ある撤退・・・というほどのもんでもない・・・自らの命を守るためには当然の選択である。

その後、湾内ポイントを車内から解説しながら、集合場所へ。

イカが始まれば、スズキなんて忘れてしまうだろう研究者さんのこと。
自分は半分脅しの意味も含めて別れ際の台詞を吐き出した。

「ここ2週間が勝負ですよ・・・上げるか上げないかはココにかかってます。ではまた来週・・・」

「また来週で済むのかなぁ・・・(ニヤリ)」

この男・・・本気である。
きっと、めちゃくちゃ研究しちゃうんだろうなぁ・・・(汗)

酒田のシーバスの大敵がまた一人増えた・・・そんな七夕の夜であった。

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

お!絶好調!
今一番乗りに乗ってる男は違うね!
そりゃ~チ○ポも反り返るって(爆)

金曜のメール金曜返してくれたらな~・・・
その理由はCUTM@Nくんのみぞ知る
意味深・・・
昨日定点某川に狂行して釣果・体調とも絶不調のJP@夏風邪です。

最上川鱸研究所にオレも混ぜてください(爆)
kcnさん
たまたまっすよ(汗)
反りかえるほど元気ではありません・・・orz

CUTM@Nに聞いてみようかしら?
JPさん
いらしてたんですか!?
某川は最近釣果聞きませんね・・・夏風邪?大丈夫っすか?
時代はシーバスです。
反り返るほど盛り上がっていきましょうか!
さて、今週もイッちゃう!?
でたっ絶好調絶倫男!
えっ?
絶倫は余計っすか!?
そんな事無いでしょ~(笑)

特効薬は何にしようか悩んでる絶不調reopapaです(涙)

しっかし恐ろしいほどの好調ぶり・・・やっぱゲリラは一味も二味も違うって事ですな!
ってワタリスズキカッコ良いですね~ヒラみたいっす!
相当良い引きしてくれるんでしょうね~ワタリスズキのデカイの釣ってみて~って本気で思いましたよ~。
って事で次回釣行は朝マズメから近場のサーフから叩いて、北上してどうにか夜までには酒田にたどり着こうと思います!
もし、お暇な時でしたらかまって下さいね~m(__)m

こりゃ今夜は激荒れ必至だな・・・(笑
どもです。風邪は熱が下がったのでもう大丈夫(^^) 今の症状はノド痛だけ。

んーと・・・アソコは水量なさすぎて&河口との接点が浅すぎて遡上してくるにはキビしいですね。

ベイトっ気はあまりないものの、捕食音は少しあるから少しは入ってはいるんだろうけど、なんかいつもより色つきの水(タンニン系)が強すぎて、イマイチっぽい感じです。上流でなんかあった?

んで、あそこはオレの定点観測地点ですからね、まずは行ってみる、と。(笑)・・・でも、水量回復するくらい雨が降るまで行きません(苦笑)
マチャキさんのエンジンかかってきましたね!激やばいっす!ちなみに自分最上リバーはゴルフ場方面で遊んでるんでマチャキさんと対岸?なのかもしんないですね。
gajinさん
時代はソルト・・・初夏はシーバスですよね~!
反り返るほどの勢いはもはや・・・?ですが、楽しんでイキましょう!
・・・次はイツですか?
reopapaさん
数釣ってるだけですから~(汗)
デカいの釣るには場所変えないと・・・とは思ってるんですが、やっぱ魚の顔みたいもんで(苦笑)

ワタリテツヤ(爆)のデカいのは、なかなか遡上してこないんだよ~。
海を渡るから「ワタリスズキ」ですから~!

来るときは早めにお知らせくだされ。
明日はサルでダメだからね~!
G師匠
今日の荒れはそのせいでしょうか・・・(笑)
JPさん
お大事に。
昨日の豪雨は凄かったですし、今日もかなり雨は降りました。
今週は雨が続くようなんで・・・どうなるものか。

上流で何かあったという話は聞きませんね・・・。
ツリキチさん
確変・・・とまでは行かなかったようで、今日はふたっつバラシで終了でした。
あんな遠いところまで・・・ご苦労様でがんすの~m(__)m

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。