出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の湾内
Category: その他  
ダメでした!(爆)

第2ラウンドは・・・完全に敗北でした。

朝、あれだけ荒れていたのに、夕方の湾内はベタ凪。
いくら外が2mの波でも、肝心の湾内がこんなに静かじゃあ、魚の活性も上がらないっす。

以前の湾内は、3mを越える激荒れじゃなくても、釣れていたんです。
秋になると、サヨリ(こちらではショビといいます)がいたるところに沸いて、それを追ってシーバスがいたるところで「ボシュ」「ガボーン」とボイルしていたものです。
そんな場所で余所見しながらルアーを投げていると、「ドカーン」と水面が割れる音が聞こえ、「おー・・・またボイルしてるな~」と思うと同時に竿が重くなるものでした。

最近はショビも少ないし、ボイルがあっても散発で、とにかく魚っ気がない・・・。
だから・・・「激荒れシーバスゲリラ」にならざるを得ないという部分もあります・・・特殊な状況、つまり魚が入ってくるタイミングに合わせて釣行して、『確率』を上げてるわけです。

達人クラスになれば、豊富な経験と自然の機微を見逃さない慧眼を持って魚の居場所を追い詰め、的確に仕留めることも可能でしょうが・・・自分のようなペーペーにはとてもとても・・・。
実際、2日に一度は南突堤で80UP仕留めてるという嶋田仁正のような人が、酒田にはいるんですよ。

『確率』・・・こう言ってしまっては、あまりにも素っ気無いんですが、シーバスはある程度運頼みの部分があると思います。
ナンボ状況が良くても、釣れないことは往々にしてありますし、その釣れない理由は、魚にしかわからないことも多いと思います。

そのために、アングラーたちは釣り場に通いこみ、ポイントの引き出しを増やし、その日の状況にアジャストさせて、魚に出会う確率を上げているんですよね。

・・・自分は、まだ湾内から巣立てません。
本流も、サーフも、磯も・・・まだまだ勉強不足ですから。
しばらくは、湾内で経験値上げて、他のフィールドにも進出し、もっと多くの魚と出会いたい・・・そう思っています。

さて・・・明日は仕事の都合で釣行不可能となってしまいました。
明日こそ・・・激荒れなんだよなぁ・・・うーん・・・釣り行きたい。

では!

・・・あ、完全敗北とは言え、20センチ(!)のセイゴは釣りましたよ(核爆)
スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Comments

No title
ん~深い話ですね~俺にはついていけませんよ(苦笑)
今度色々教えて下さい!!!
No title
全然深くありませんよ~、むしろどシャローです(笑)
たった一日の間に、天国と地獄を見て、自分の対応力のなさにちょっとヘコんで愚痴こぼしてしまっただけっす(苦笑)
今度ゼヒ、酒田で竿を振りながら釣り談義でも。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。