出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハードロッカーとRainbow
Category: その他  
ま、”初”ってことで・・・


昨日の夜から降り続いていた雨は明け方に上がり、今日は予定通り釣りに行く事に。

目指すは秋田県の某管理釣り場。
つまり、ターゲットは『エリアトラウト』ということになる。
自分にとっては初めての釣り。

以前からウチの隊長に「やろぜぇ~」って誘われていたのだが、どうも管釣りに野生を感じられず、二の足を踏んでいたのだ。
でも、隊長に、「それはそれ。これはこれ。」と説得され、今日は黙ってついていくことにしたのだ。

今回のメンバーは3人。
隊長と私・・・そして、コク・アルドリッチ(以下「コク」)さん。
このコクさん・・・地元酒田のハードロック界じゃあ、結構有名なギタリスト。
もしかすると知ってる人もいたりして・・・というくらい、多くのステージをこなしてる超絶テクのギタリストなんである(イヤ・・・マジで凄いっすよ)。
・・・そして、釣りの腕もあるという・・・実にうらやましい才能の持ち主なのだ。

でも、外人でなくて普通の日本人(っていうか酒田人)なんですけどね(爆)

隊長の白いワゴンに乗り、左手に日本海を眺めていると、あっという間に管釣りへ。
受付を済ませて早速釣り開始。

お二人は慣れた様子でキャスト・・・ってか、隊長はもう釣り上げてるし(汗)
あせってキャストして・・・2投目。
rainbow
マイクロクランクのステディリトリーブにヒットした初レインボー

しかし・・・後が全く続かない。
その内痛くなってくる右手・・・タックルバランスが悪すぎるのだ。
それもそのはず・・・自分の今日のタックルは、インスパイアエアリアル(60UL)+バイオマスター2500SDH。
モロ、バスタックルである。
バス用に購入したのだが、あまりにもパワーがなく、ハチローの40UPにのされまくって現役を退いて以来、お手軽ロック以外に出番は無かった。

今回は、その柔らかさを買われてのトラウト投入であったが・・・やっぱりバスロッドのバットパワーは凄く、ルアーの重さがロッドに乗らない。
以降、キャストはほとんどサイドハンドで行った。

ルアーをクランクからスプーンにチェンジして、数匹追加。
しばらくすると、コクさんが手招きしている。
「放流するって」
しばらくすると、軽トラの荷台に巨大なバケツを積んで、ここの社長が出現。
奥のイケスから、ルアーにスレてないレインボーを運んできたのだ。

放流後、スプーンを赤金のアピールに替えて、再度チャレンジ。
ありがたくも、コクさんが初心者の自分のために場所を空けてくれた(感謝)
さすがに活性が高いようで、結構連発し始める。
このときのパターンは、着水後カウントダウンせずに早巻きするというもの。
これで4匹くらいは釣ったかな。

その内、アタリが遠のき、コクさんが隣でいろいろと試し始める。
自分もいろいろ考えて、手を変え品を変えやってみる。
それで見つけ出したパターンは・・・スプーンを着底させて、なるべく浮き上がらないようにデッドスローリトリーブ→リール一巻だけ早めて、再びデッドスローで・・・ゴン!ってやつ。

とにかく、これしかない池なもんで
kantsuri
その時々に応じたヒットパターンを考えながら釣りしていかないと、釣れなくなると思った。

本当はもっとボコボコ釣れるみたいなんだけど、今日は寒いのもあって激シブだったみたい。

でも、マイクロスプーンの中層リトリーブの釣り・・・水中イメージの練習にはもってこいだった。
たとえどんなにヌルイ状況でも、魚相手である以上・・・釣りは釣り。
全てがスキルアップに繋がるんだなと、勉強になった一日(半日)であった。

結局、3時間チョットやって、十数匹ゲット。
バイトはその倍くらいあったかな。
専用の竿を導入すれば、もっとキャッチ数は増えそうだ。


・・・さて、明日からはいよいよ横浜。
飛行機で娘がおとなしくしてくれる事を祈るのみである。



スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


Comments

オレも釣堀には野生を感じられないっつーか、
イマイチ好きでないんですが、モノは考えようで、
冬の間に衰えた釣りの勘みたいなモノを取り戻すには良いかもですね。

ps.タイムリーっていうか、県内某所の釣堀HP作るのにアドバイスを、ということで打ち合わせしてきたばかりです(爆)
すすんではいかないけど誘われれば喜んで、ってな場所です。
巧い人は何をさせても実に巧いです。
あたしなんかもう~・・
訳あっていま凹んでます・・(沈
秋田良いですね~。
管釣りとはいえ生命を感じて楽しそう。
俺は娘とお戯れ!!これはこれで充実。
挟んだ指も調子良いのでチョコッと行って見たいな。
JPさん
そうなんですよ。3ヶ月くらいデカイ魚から遠ざかっているわけなんで、いきなり本番に臨む前に、トレーニングとしては最適なんじゃないかと思いました。
HP・・・確かにタイムリーですね(笑)
gajinさん
オレも今度からは誘われたら喜んで行ってきます!
上手い人・・・いましたよ。
隣に陣取った人が釣りまくるんですよ!
腕の差を感じました・・・。
研究者@Mad engiさん
あれはあれで面白いモンでした・・・やっぱり好き嫌いはいけませんね(爆)
手・・・無理しない程度に・・・爆釣してやってください(核爆)
でも、マイクロスプーンの中層リトリーブの釣り・・・水中イメージの練習にはもってこいだった。
たとえどんなにヌルイ状況でも、魚相手である以上・・・釣りは釣り。
全てがスキルアップに繋がるんだなと、勉強になった一日(半日)であった。
↑いいこと言うわ~
そうそう、しょせん釣り堀とか、対自然じゃないとか
言われるんだけど
もろに自分の腕(テクニック)が感じれる釣りでもあって、他人との腕の差も、まざまざと見せつけられる世界なんですよね~
スポーツだととらえれば楽しめるんじゃないかなぁ?
kcnさん
テクのなさを痛感しました・・・orz
狭いから隣の人との技術と釣果の差がモロに見えて・・・orz
まあ、『井の中の蛙』がいい気になるのを戒めるにはうってつけだなぁと思いました。
タマに行って戒めます(・・・ってか上手くなれよ 苦笑)
去年の6月頃にキス釣りをしてからイカ・タコの軟体動物のヒキしかあじわってないです(爆)
そろそろ魚のヒキをあじわいたい!
CUTM@Nさん
管釣りは波風関係ないからね。オススメです!
管釣りは・・・何かとっつきにくいっす(汗)
開園後のダッシュとかあるって聞いたりするので、ガツガツしてるイメージがあって何となく苦手っすね~。
俺の中のイメージはそんな感じっす(笑)
ゆ~っくり、ま~ったり出来る所があれば良いんですが、行った事無いので分かんないっす(爆)
reopapaさん
オレが行ってる所がまさにそれで、9時頃着いてゆっくり一番乗りなんでした。
モノは試し…やってみてはいかが?

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。