出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夕焼けの温排水
Category: photo  
バナー変えました。


こないだあんまり夕日がきれいだったので、ふらりと立ち寄った温排水。

携帯しか持ってなかったのでアレだけど、夕焼け空と水面のオレンジと、それを分断する離岸、温排の堤防のシルエットが印象的でした。

sakata-gulf2.jpg
バナー画像変えるのも久しぶりだな(笑)

イカフィーバーで、いろんな人が磯にいる今日この頃。
なんかトラブルもあるみたいだけど・・・イガイガしたって釣れるもんでもなし。



オレはマイペースで行こうっと。

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


night and day
Category: エギング  
デイも勉強になりますね。


今年の庄内磯、世間ではシブいシブいだの言われているが・・・

・・・ハイ。
おっしゃる通りシブいのなんのって(笑)
「シャクって落とす」基本これしかできない自分にはキツいのなんのって(笑)

とはいえ、シーバスも釣れないし、何よりエギング熱が盛り上がってるので、朝になれば自然に身体が布団から起き上がる(苦笑)
実は昨日も行ったのだが(笑)、3~4ハイ釣って15㎝が1パイのみ。
今日もそんなに期待はできないけど、今日はいつもと違って長い時間エギングができる。
そう・・・休みなのだ。

真っ暗な内にいつものポイントへ。
入りたい場所には先行者が居たため、隣へIN。
オレンジ×虹テープの3.5寸をフルキャストして地形と流れの把握に努める。
そして訪れた、夜明け前・・・推定15~20分の時合い。

重さを利してボトムまで沈めた餌木を、縦ジャクリで跳ね上げて、ボトムまでフォール。
暗いので極力アタリを取るために左手で触っているラインに、言葉で表現しづらい違和感。
ロッドを立ててみると、根がかりではなく生命感アリ。
アワせてみると結構な重さ。
直前にタコを釣っているため、「またタコか?」と最後まで信用できなかったこの1パイ(笑)

20130925-1.jpg
胴長18㎝・・・釣るたびに1㎝ずつ大きくなるルールなのか?(爆)

次のキャストでもボトム付近で反応があるが、チビのためリリース。
その後の反応が途切れたため、移動。

~~~~~~~~

次のポイントでは、明るくなっていることもあり、3.5寸に反応はない。
ていうか、3寸にすら反応ゼロ(笑)
かなり飽きてきて、エギを高速でリーリングしてピックアップしていると、明らかに20UP(多分アレは25くらいあったな)のアオリと、60くらいのシーバスが並んで猛チェイス(爆)
直前で見切られたけど・・・やる気ちょっと復活(笑)

「お前ら一緒にダッシュするような間柄か?」と一人ツッコミ入れつつ、やる気が回復。
同じように3寸の餌木を投げ、ボトムまで沈めてシャクってから高速リーリングでピックアップ。
思い通りにサイトできる範囲までまあまあサイズが出張ってきたので・・・
餌木を水面から引き抜いて、すかさずイカの死角にピッチング・・・再度高速リトリーブでイカの横までエギを引っ張ってきてステイで・・・マジ抱き(爆)

20130925-2.jpg
何年振りかにサイトで獲った15㎝・・・何気に嬉しい(笑)

しかしサイトではこれしか上げられず・・・餌木のサイズを2.5まで下げて中層でチビを2ハイかけて、再び移動。

~~~~~~~~

たどり着いた本日最後のポイント。
結構メジャーで、足元には墨跡が累々と・・・

当然、こういうところのイカはもの凄くスレている。
形のいいヤツの反応は皆無。
となると、餌木のサイズを下げて小さいのと遊ぶしかないが・・・ボトム付近でもほとんど反応がない。
サイトも、完全に餌木を見切られてダメ・・・さっきの高速リトリーブで反応はするも、抱くまでは至らず。

私、何を隠そう、餌木をステイさせるのがもの凄く苦手(爆)
寄せて、餌木をステイさせた瞬間にイカが離れていくので、サイトがどんどん嫌になる負のスパイラル。
とはいえ、せっかくの休みにエギングしてるんだから、何とかつ抜けは達成したい。
いろいろやってみると、偶然餌木を抱かせることに成功。
パターン(なのか?)を見つけてからは、15弱も含めて6連発。

20130925-3.jpg
結構キレイなイカでした。

~~~~~~~~

結局今日は11時過ぎまでで11パイ。
キープは写真の3バイだけで他は全部リリース。

サイトが苦手なのと、混雑する土日は避けるんで、敬遠していたデイエギング。
でも、視覚が効く状況でやることで、暗い水面下のイメージもふくらますことができた・・・気がする。


そろそろ、アソコの状況も気になることだし・・・



みんなで闇夜でワイワイダベりながらエギングしたいな~・・・(チラッw)



テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


majiでズアイは15分
Category: エギング  
♪ずっとまえっかっらぁ~♪(前もこんなネタあったようなwww)


小生、仮にもシーバスゲリラなどと称する割に・・・この時期はあまりシーバスロッドを振らない(笑)
言わずもがな、それはエギングLOVEだから(笑)

まあ、イカかスズキどっちか選べって言われたら迷わずスズキを選ぶけど、この時期はスズキが渋い(自分の通うところ)のもあって、春から頑張ってきた疲れというか・・・飽きが出る。
ちょうどその時期に、エギングのハイシーズンが重なるのである・・・そりゃあ、イカするでしょう。

ということで、今朝も行ってまいりました南磯。
波は上がる予報だが、アソコならなんとなかるだろうと、ポイントイン。
前の晩より格段に高いウネリ。
磯端に砕ける波濤、広がるサラシ・・・

・・・磯マルじゃね?(爆)

的なシチュエーションではあるが、気にせず餌木を投入。
予想していたことではあるが、やはり暗い内は反応がない。
十六夜だというのに、月明かりのエフェクトは効いていないということ。
だとすれば、ジアイは夜明け周辺の30分程度。
それまでは、今日の波具合に合った餌木と攻め方の練習。

そして、時間は5時。
太陽がもたらす明かりが、月の光量を上回った辺りでアタリが出始める。
最初はチビ。
次は10㎝くらい。

ことごとくアタリはボトム付近。
ウネリで上下に持ち上げられるのを嫌って、底ベタになっているのだろうか・・・
レンジはなんとなくわかった(気がする)ので、扇状に探っていく。
キャストして底取って(これが至難の業)、最初の1シャクリだけは縦に大きく跳ね上げて、フォール。
次は底からあまり離さず、スラックジャークでパンパンとエギをダートさせるイメージ。
テンションフォールからの、根がかりしない程度のボトムステイ(波見ながら)。
次のシャクリ前にロッドに聞くと・・・

・・・デシッ と乗ってました(笑)

20130921-1.jpg
手ブレの胴長17㎝・・・なかなかの重さでした。

その後同じやり方でもう1パイ追加も・・・サイズは出ず。
20130921-2.jpg
小さいのでちゃんとリリースしましたよ(笑)

その後もタイムアップまで竿を振るも・・・波はどんどん高くなり、自分の釣り座も最初に立っていたところから気づけば5~6mは後退。
沖から押し寄せる波の数も大きさも増える一方のため、納竿と相成った。


結局、朝マヅメしか釣れないというショボいことこの上ない釣果。
でもまあ、荒れ前に入りたい所に入れて、好きなだけ竿振れただけ、三連休初日の朝としては上出来なんではないかと。
今期最大(たった17㎝ですがw)も取れたし、オッケーオッケー♪



さてさて冷凍イカのストックも増えてきたな~・・・いつ、どうやって食べようかな(笑)



満月大潮なのに
Category: エギング  
回遊とかないのかよ・・・


うーん・・・
シブい。

満月大潮ってこんなだっけ?

20130919-1.jpg
こんなのがボトム付近で3ハイ(当然リリース)。


20130919-2.jpg
中層疑似ティップランで胴長15㎝

2時間でこれにて終了。
シブい・・・

でもまあ、海見ていい時だけ選んで「チョロ」っと釣りして、少ないとはいえ獲物が釣れるだけありがたいのかもしれない。
地元の利ってことで。


早く濁り取れないかなぁ。


しかし釣れるね、エギ王K・・・補充すっかな・・・

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


肉から始まった3連休
Category: エギング  
焼き肉美味しかった!!


金曜日は職場の飲み会。
市内のapple焼き肉チェーン(爆)で、肉を喰らう(笑)
今回はスポンサーが居たもんで、上カルビだのサーロインだの、高い肉ばかりを貪るように喰らう(爆)
ringoen.jpg
エクストラコールドもうまかったな~♪

で、土曜日は小学校の運動会。
9月も半ばだってーのに、気温は30度オーバー・・・
もの凄く暑く、くたびれて終了。
でも、娘がリレーでカメラ目線なのに2人を抜いたのにはかなり感動。
運動会自体は普通のものだったけれど、子どもの成長を見るという意味ではとてもよかったと思う。

で、釣りである。
世間はまさにイカフィーバー。
庄内磯はどこもかしこも満員御礼。
すれ違うアングラーの実に9割がノーライジャケ・・・この時期特有のぐだぐだ感じが磯全体に漂う。
あいさつしても返してくれない人もいたりで・・・なんだかなぁ・・・(独り言です)

そんな中、暗い内からお気に入りの磯に入る。

・・・・・・・・・シブい。
っていうか、触りもなしかい!
暗い内に入るという行為は、もはや場所取りの意味しか持たないのか・・・という無反応ぶり。
それでも明るくなりはじめ、5時ころにポンポン釣れる。

20130915-1.jpg
胴長15㎝。

20130915-2.jpg
こいつはちょっと小さかった。

結局30分くらいで3ハイ。
この後は反応が無くなり、場所を替えようにも人が居すぎて入れる場所がないもんで、納竿とした。

今日のイカは、エギに触っても引っ張ることもなく、ただ黙ってるばかり。
釣れるポイントもいつもと違ったような・・・


プレッシャーのせいなのかは知らないが、反応が無さすぎ。
でも、釣る人は釣ってるんで、自分が下手なんでしょうね。



ま、出撃回数だけは多いので(近いから)おつまみのストックだけは順調に増加しております(笑)


懲りずにまた行くぞ~!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


くじ運
Category: エギング  
確信をもって引きました(笑)



経験に乏しく、テクニックも経験も引出も皆無に近いゲリラ的エギング。
すがれるものならば誰にでも(笑)、担げるもんならばどんなゲンでも担ぐのがワタクシ(爆)
昨日アタリだった虹テープを補充し、今朝も釣り場へ向かう。

入ろうと思っていた磯には、先行者(っていうか知り合い(笑))アリ。
よってチョイ移動して、根のキッツいポイントへ。

今朝はダシ風が結構強くて、ちょっとでも南北に投げると、糸ふけが出る感じ。
ラインメンディングしつつ、エギをシャクる。
一投目のファーストフォールでまたも虹テープに重み。

20130911-1.jpg
上げてくる時、なんか重いな~と思ったら・・・イカのスレ(爆)

ここは根と海藻がコンボしてるシャローエリアと、それに隣接するディープ・・・その境目であるブレイク辺りがねらい目な場所。
でも今朝に限ってはブレイクでもシャローでもなくて、ディープの底ベッタリでしか反応はなかった。

当然エギのカラー(下地)ローテもしてみたけれど、結局あたったのはオレンジ×虹のみ。

20130911-2.jpg
今度はちゃんと抱かせた1ハイ・・・今日のイカはこれにて終了。


その後歩ける範囲で磯変えし、強烈な払い出しに伴う潮目に投げても無反応だったことから、昨日より30分も早く切り上げた。

眠い目をこすりながら仕事をし、帰りに釣り具やでまた虹テープを物色(爆)
ヤマシタのエギを2本買ったらレジで「キャンペーンやってますんでクジどうぞ」と言われ、めくる方式のクジのシートが目の前に差し出される。

その中の一点からなぜか視線がはずれなくなったので「こりゃアタリだろ」と、そこを凝視しつつクジをめくる。
atari.jpg
A賞・・・「巳年の限定カラー」だそうな(笑)オレは蛇苦手じゃないからいいけど・・・ちょっとどうなのよ的な色と「目」(笑)


これって一応一等賞みたい。
昔からこういう「ちっさいクジ運」はいいんだよな~(笑)


まあ・・・3.5号コンスタントに抱くようになったら、深場(砂地)で投げてみようかな~(弱気)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


まさかの虹
Category: エギング  
唯一買い足してなかった色なのにね(笑)


エギの下地・・・みなさんは何が好きですか?

私的に何色が好みかと申しますと・・・完全に「アジ(オリーブ)×金」これ一択。
加えて動きの好みは、ダート系でなくって、縦ジャクリしたときにしっかりと高く跳ね上がってくれるヤツ。
(なんでフラッシュマックス無くしたのよマルキューさん・・・)

・・・とまあ、そんなことはどうでもいいのであるが・・・色のハナシである。
前述の理由で、自分のエギケースを満たす色の多くは茶色×金色。
アジ以外の色で使うのは、オレンジとか黒とか紫くらいのもの。
下地に関しては、金でダメなら赤。あとは紫とか?

で、一番使わないのが・・・虹(マーブル)テープ。
理由は・・・何か中途半端な気がするから(笑)
「なくなったら終わりだな~」くらいに思っていた。


~~~~~~~~


9月も2週目に入り、そろそろイカも大きくなっただろうということで、今朝は早朝エギングへ。
ポイントインして、海を見ると・・・足元から沖へと延びる潮目。
「ええじゃないかぁ~・・・」と含み笑いしながら、エギをチョイス。
ここでなぜか出てきたのは、アオQのオレンジ×虹。
「まあ一投目だしね・・・(なくしてもいいや)」な気持ちで、3.0号を潮目に向けて遠投!

基本的に何のテクニックも持ち合わせていないボク(笑)
スラックジャーク用のロッドなもんで「パンパンパン」ってな鋭いシャクリではなく、思いっきり「ジャッ、ジャッ」と2回シャクってテンションフォール。
レンジキープだけを意識して、黙々と引いてくるのみ。

一投目の2シャクリ目で、地球ではない感覚。
20130910-1.jpg
ブレブレですが、初イカゲット!

その後も潮目中心に投げるも、連発するほどではない。
散在するポイントポイントにピンで居ついてる感じの胴長12㎝くらいのがポツポツ・・・ほんとにポツポツ。
時速4ハイだったが、きりが悪いので、プチ磯変え。
タイムリミットまで10分のため、一投目にかける!

まだ残っている潮目のど真ん中にキャストして、最初のシャクリの後のフォールで・・・グイッとな。
20130910-2.jpg
これで時速5ハイ達成(笑)

タイムリミットを若干回ったため、急いで退散と相成った。


~~~~~~~~


結局、5ハイ中4ハイが虹テープ(残りはアオQLive)。
エギは全部3.0号で、沖ドンのみ。
サイトは苦手・・・ちゅーか抱かせる技術もないので、全てブラインドの妄想の世界のみ。
まあ、青い空、青い海の元での爽快なエギングの良さもわかってはいるけれど、自分はエギもイカも見えないところで掛けて出る、エンドルフィンが最大の愉悦であると感じている。

シーズン最初で、自分がやりたい釣りができたので、大満足で家路についた。
そして、仕事終わりに虹テープのアオリーKを補充したのは言うまでもない話(爆)



ま、何事もバランスよくってことなんですかね~(笑)




テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ジンクス(網)
Category: シーバス  
指痛い(笑)


先週の土曜。
もうすでに自分は一旦卒園してはいるのであるが、ありがたいことに幼稚園の釣りクラブ(JFC)の例会に呼んでいただいて、同じ時期を同じ園の保護者として濃い時間を過ごした仲間と、これまた濃い~釣り談義。

近いうちの再会と、釣行を約束して閉会。
楽しい時間はあっという間に過ぎた。

その席上、仲間に言われた「最近(ブログ)書いてないじゃん。オレ結構見てるよ」という一言。
ありがたいなと思うとともに、釣りに行ったら坊主だろうがネバネバの外道ゲットだろうが書かなきゃダメだなと再認識。

その前に、ネタ作る意味でも釣りに行かなきゃということで、雨の降った今晩、湾内へ。

最初入ったポイントでは、先行者が2人。
とは言え広いのと足場が良いのだけが取り柄のポイントなもんで、支障にならない位置でやらせてもらう。
水の濁りは相当なものなので、当然のようにレッドヘッドから始めてみる。

・・・と、色のチョイスなんかの前に、自分が意識して今回やったこと。
それは、ランディングネットを背負わないこと。
なぜだか知らないけれど、今年のここではネット背負わないとヒット率が上がる(笑)
多分偶然だけど、そういうゲンみたいなものは担ぐタチなのよね・・・ここはネットなくても何とかなるし。

一通り、攻めてみるが反応はない。
途中先行者の方とすれ違ったが、さっきから見ている限りでは魚は釣れていない。
「ここは早めに切り上げよう・・・人も多いし」とつぶやいて、車の方へ戻る。
ふと立ち止まる。
思い出したのだ・・・前にこんな状況で、他のポイントでは反応がないのに、最後にヤケ気味に投げたウェイビーに80UPがヒットしたのを。
・・・その時もネットは背負っていなかった。

同じ場所へ同じルアーをキャスト。
着水して3カウント。
ロッドを立てて、2回チョンチョンとエギのようにミノーを跳ね上げてから、リトリーブ開始。
中間地点にあるブレイクを越える辺り・・・前回よりは少し手前で・・・

ゴ・・・ゴゴゴゴゴ・・・

・・・と、またもスレっぽいアタリ(爆)

でも、最初のは多分食った衝撃。
それが反転して外れて、どっかに掛かったっぽいアタリと判断。
スレだろうとなんだろうと、掛かった魚は取りこみたいのが釣り人の性。
リールを巻きながら思いっきりスイープにアワセた後にファイト。
当然のように糸は出されまくる。
リールはLBDだが、あまり出されてはストラクチャーに巻かれる恐れがあるので、クラッチは切らずにデキの悪いLBDのドラグのみで凌ぐ。
寄せて、思い切りリフトして、水面を割った白い腹と銀色のボディを確認し、今度はクラッチを切って最後の抵抗を凌ぐ。

腹にフック2本が完全に掛かっていたので、ランディングしやすい場所まで移動して、オーシャングリップを突っ込もうとするが・・・糸を引くと頭が下がってグリップを掛けられず。
選択したのは、なんとシーバス初となるハンドランディング。
基本魚はひっくり返っているもんで、人差し指~小指を下あごにガチっとかけて、ようやく・・・ランディング成功!

20130902.jpg
推定66㎝くらい(ちゃんと測れってハナシ)のシーバスゲット!

Xpelia Zにしてはめずらしくピンボケしちゃった(笑)
最初のポイントでこれなら今日は・・・とニヤけたものの、この日のスズキはこれ一本のみ。

とにかく魚が付くところについていないといった印象。
その証拠に「ここだろ!」ってポイントでコレが釣れる。
zu-nama.jpg

ま、これ以上落としちゃダメなレンジまで落としたオレも悪いんだけど・・・その前にスズキさんに食ってほしかったな~と。

釣りしてる途中からそうだったんだけど、人差し指が痛い。
ハンドランディングの瞬間に首振られて、スズキの歯でズタズタにされてしまった。
ま、これも名誉の負傷ってことで、しっかり消毒して絆創膏。


次の釣りはいつになるかわからない天候だけれど、JFCの仲間からお呼びがかかる予定。
自分がやったことない分野・場所を案内してもらえるとのことで・・・今から楽しみなのである。


しかしジンクス効いたな~、こりゃ次回も網は背負わない方向で(爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。