出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


濁りの中で
Category: シーバス  
マッチ・ザ・ベイトより視認性・・・だったのかな。


この時期のベイトといえば、極小のボラ稚魚。
よって自分はトラウト用のちっさいミノーを使ったりする。

でも、大雨で濁った湾内の水の中では、それを見つけること自体がむずかしいようで・・・バイトがない。
なので、この日はいつもはあまり使わない、ベビーロウディのチャートなんかを投げてみる。

岸際でボイルが頻発。
そのほとんどはナマズのようだが、たま~に「パコーン」というシーバスのボイル音が混じる。
その地帯に、バルキーなロウディをなるべく着水音をさせないようにキャスト。
水面のゴミを拾わないように、2カウントだけ沈めて、リーリング開始。
流れを横切らせるように、引いてくると「ゴン」とバイト・・・があるも、アワセた瞬間に抜ける。

その後反応がなくなったので、今度はウェイビーのレッドヘッドに変えて、一投目。
ルアーがグンと引っ張られるようなバイト。
サイズの割には結構頑張るここの魚。
20130718-1.jpg

場所を変えて、歩きながら反応を探る。
「コッチかな~」と行きたい方向は決まっていたものの、なぜか反対が気になって、一投目。
岸際でのフォーリングに、さっきとは全く違う吸い込み系の「ビン!」というバイト。
この魚は元気!
いったん走り始めると、平気で10~20mは走る。
しかもあきらかに下流にあるストラクチャーめがけてガンガン突っ込んでいく。
あまり糸を出し過ぎるとヤバいと感じ、後半は結構強引にリフトして空気を吸わせてランディング。
20130718-2.jpg
60くらいかな~。銀ピカで太い一本。

この日は結局2本ともウェイビー85Sで魚が反応した。
一方マイクロミノーは見向きもされず(笑)

なんぼベイトに似てたって、見えなきゃ喰えないってハナシなのかな~。
見えなくて、喰えない状態の中、目の前に現れた目立つことこの上ない怪しい物体。
たまらず食いついたといった感じだったのではないかと自己分析。


とにかく、魚の反応が多くておもしろい一夜・・・ようやく思った通りの展開に持ち込めましたとさ(笑)



スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


横っ飛び
Category: シーバス  
バイトの瞬間丸見え!


雨が降る・・・降る・・・降る・・・・

・・・・・・・・・っていうか降り過ぎ(笑)

こんだけ降ると最上川行けないっちゅーねん!
長雨はドブにも良くないっちゅーねん!

ということで、釣りにも行けず、ストレスたまりまくりの毎日。
ようやくたどりついた三連休・・・とるものもとりあえず釣りに・・・
と行きたいところだが、そこはパパさんアングラーの悲哀。
娘2人の子守をしなければならないのである(笑)

雨の上がった午後、母に孫2人を預けて、ちょっとだけ湾内へ。
デイゲームなので、いつもと違い、チョイスするのはバイブやブレード。
しかし最上川ほど深くもないので小さいやつで攻める。

バイブのリフトアンドフォールにもアタリはあるものの乗らず・・・
PB-24レアメタルに変えると一発でコッパセイゴが釣れる(笑)
20130713mini.jpg


「こりゃあダメだな」と、場荒れを避けて方向を90度変えてキャスト。
着水して2カウントすると、糸が止まり・・・アワせてみるも豪雨に流されてたまったゴミ。
アワせた瞬間に、フックがゴミから抜けたもんで、そのままリトリーブ開始。
2巻き目くらいで、真っ茶色から若干回復しかけの水の中・・・視界の右端から真っ白い腹の何かが横っ飛びで・・・

ゴン!

「バレんなよ~」

「うわ~・・・これデカいし・・・」

「もういい加減あきらめろよ・・・」

とか独り言を言いつつへっぴり腰のファイトが5分ほど。
上がってきた魚は思いのほか太く、長かった。

deron2.jpg
定番の「デローン」写真(笑)

そしてサイズは・・・
20130713-1.jpg
80は・・・ねぇな~。79くらい?重さは4㎏もあるくせに(笑)

ヒットルアーはクルクル逆襲のレッドヘッド。
この後巨鯉をスレ掛けして無事ランディングして(爆)右手がイカれて終了(爆)


いや~・・・楽しかった。




湾内デイゲーム最高(爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


色・・・いろいろ
Category: シーバス  
うーん・・・わからんですね。


これは昨晩・・・日曜夜の話。

土曜の夜は、幼稚園(娘は卒園したが自分は昨年会長のため、OBとしてまだ役がある)のイベントで西浜コテージに宿泊。
仲間と酒を酌み交わしながら、子どもの将来について・・・ではなく釣り論が盛り上がる(爆)

ウチの園、結構な釣り好きがそろっており・・・それぞれの話を聞くと、自分とはまた違ったカテゴリーでの濃さを感じる。
当ブログは彼らにモロバレなのであるが(爆)、ま、裏話とかにも花が咲いた。

そして夜、湿気ムンムンの湾内へと一人繰り出す。
いつものポイントに立ち、ココだ!というポイントにバンバンルアーを通すも・・・コツンとバイトが一回あったのみ。
「魚いね~な~・・・」とつぶやきながら、激流ポイントへ移動。

自分が知る限りでは、出ない方がおかしいコンディション。
さっきとは違って若干ながら流れの中で体をくねらせる魚がいるのが見て取れる。
濁り・ローライトの状況から、カラーのチョイスはレッドヘッド一辺倒で攻める。

・・・も、反応がない。

こうなりゃ、場所移動か、攻め方を変えるか。
移動する前に同じルアーで、色だけナチュラルに変えてみると、着水後ライン張った瞬間にバイト。
フッキングして、最初の首振りで、あえなくフックアウト。
その後は反応がなくなってしまった。

仕方なく、車を飛ばして長距離移動。
ベイトの数だけは湾内イチの場所に入る。
さっきの教訓から、ナチュラルカラーのウェイビーを、ロングキャストでベイトで沸き立つエリアに撃ちこむ。
ボラ稚魚が蠢く層の若干下をデッドスローに引くと・・・ゴン!とバイト。
20130707-2.jpg
ちっさい・・・

こんなに濁ってるのに、ナチュラルなのかよ~・・・と迷いつつ、今度はレッドヘッドに付け替え。
今度は立ち位置も変えて接近戦なのに・・・一撃でゴン。

20130707-1.jpg
またもちっさい・・・

完全に混乱に陥ったところでタイムアップ。


状況から鑑みるに、ヒットカラーも違うし、もっと大きいのが口使ってもいいはずなのに・・・違った。



今度は違うタイミング、場所を試してみますか・・・



テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。