出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あされん!
Category: シーバス  
写真なんてありませんよw被写体ないしww


明日で6月も終わる。
今年度も4分の1が終わる。

まあいい加減慣れてきたっちゅーハナシで。
仕事自体は大変で、休みも取りにくいんだけども・・・木金とか週後半の朝くらいならなんとかなるかなと。
いざ、最上川である。

・・・・・・まあ、そんなに甘くはないわけで。
振り始めて1時間触りすらない。
心が折れかけて、仲間にLINEを通じて弱音を吐いてみたりw
LINEに現場の写真載せたんだけども、朝日をバックに結構キレイな写真が撮れたものの・・・
いくらメジャーポイントとは言え、ポイントモロ公開はご法度なMR。
ゲリラの秘密の漁場(全然秘密じゃないww人だらけだしwww)は仲間内のヒミツwww

今朝は流れと風が同調して、なんというか、釣り難い。
できれば風とケンカしてくれると、水面近くの溶存酸素量も上がりーの・・・魚の警戒心も解けーの・・・
となるんであるが、今日は風が水面を加速させるもんだから、ルアーが一瞬で目の前を通り過ぎちゃってなんともならず。
ミノーにバイブ、ブレードなどなど釣具店並みのラインナップを投げ倒すものの、水面は静けさを保ち続けたのであった。

撤収時刻15分前にポイント替え。
まあ多分ダメだろうと、投げたルアー。
深場からずーっとボトムをトレースしてきて、足元のストラクチャーを避けるためにロッドを立て気味に。
脳内にインプットされている水中地図では、たしかその場所にテトラが沈んでいたはず。

ゴン・・・プン!

アタッて0.2秒(体感)でサヨーナラ。
違うラインをトレースして、同じようなアタリがあるものの乗らず。
アピールの強いルアーを使っているもんだから、この数投でスレちまって完全終了。

朝の時間帯とは言え、もう日差しがあれば汗はかく。
ライジャケの下は結構汗だらけ。
脱いで、川風を受けながら日陰で一服すると・・・まあ、釣れなくても心地よい、週末の朝。

朝日とは呼べないくらい上がってしまった太陽を横目に、家路に着いた。

~~~~~~~~

前ならば、朝よりも夕方・・・会社帰りに一振りってパターンが多かったのだけれど、今は家庭の事情でそれも叶わない。
放課後ティータイムではなく、朝飯(前)漁タイムって感じですか(爆)
ま、疲れを残さず、仕事に支障が出ない範囲で楽しんでいこうとオモイマス。


明日は午前中、会社の友人家族とファミリーフィッシングinサーフでキス狙い。
午後は休日出勤が決定している(汗)



・・・まあ、こんな状況だけど起きれたら行こうかなぁ・・・あのテトラに魚ついてるかもしれないし。


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


確信
Category: シーバス  
なるほどね・・・。


昨日、また一つ歳をとった。
家族にささやかながらお祝いをしてもらい、戦意を削がれたわけではないが、昨日は出撃せずに家でゆっくりしていた。

明けて今日。
何か釣れそうな気がして、またも例の現場に赴く。

時刻は21:00過ぎ。
いつものローテーションで、去年との違いを確認する作業に没頭する。

・・・やはり反応はない。
いや、正確に言えばチビが一匹。
20120622-1.jpg


やはり去年とは違うのだ。
第一に地形が変わっている。
ある要因で、浅くなってしまった。
これが全ての原因であろうことは、前回の時点でおぼろげながらわかっていた。

だから、魚の泳層が『相対的に上がって』しまっている。
反対に、スーサンなんかのシンキングミノーの泳層は『相対的に下がって』しまっているので、昨年までは魚の鼻っ面をドンピシャで通っていたのが、今年は見向きもされない。
シーバスは受け口で、自分より上のものにしか反応しないのである。

ならば、やはりここはアレを出すしかない。
昨日の殊勲選手・・・コモモちゃんである。
時間もそろそろアレなことだし。

昨日と同じコース。
同じ飛距離。
同じリトリーブスピード。
そして同じ位置。
違ったのは・・・手に伝わるバイトの衝撃。

正確に言うと、衝撃は無く、気がついたらルアーに乗っていたw
強いて言えば、乗る直前に手ごたえがなくなって、その後ぐぅーっと引っ張られた気がして・・・気がついたらアワせていた。

昨日の魚は、リアフックが下唇にかかっていて、センターフックがエラとエラの中央部に縫い刺し&フロントフックがエラブタという状態で、間違いなく反転した形跡があった。
感覚的には、エサと明らかに違うモノが来たのでイラついて殺してやろうとしたんじゃないかと思っていた。
つまり、コモモサイズのエサは喰っていないという判断。

しかし今日のは全く逆で、フロントフックが上あご、センターはクチビルの横、リアはエラブタ。
ハーモニカっぽいけど、多分違う。
追尾して・・・吸い込んだ(フロントがフッキング、その後のエラ洗いでルアーが外に出て、かかった)
つまり、明らかにエサと認識して喰いに来た。

おそらくココのベイトはボラ稚魚でなくてもっと大きな何か。
だからコモモみたいなサイズでも喰ってくる。
今日の一つ目の確信は、それ。

・・・・・・で、サカナであるが・・・

20120622-2.jpg
コレで・・・

PM2130(2).jpg
コレですわ。

もう一つ確信したことは、ここの魚の内ある程度の割合を締める群れみたいなもんは、この時刻にココに上がってくる。
移動のきっかけになるのはおそらくライトダウン。
待機場所からここまでの移動時間が、日没から21:30までの時間とほぼ一致するのだろう。
その証拠に、ここは秋になるとジアイがまったく読めなくなる。
夏至から夏にかけてのパターンなのだ。

そんな感じで自己満足して本日も終了。
満たされた気持ちで帰途についた。

~~~~~~~~

明日は、娘の参観日。
夜は父親だけの飲み。
だから土日は釣りは休み。
人も多いだろうし、家族サービスがんばります。


月曜日以降、また約束の時間に魚に出会えることを祈りつつ・・・今日は寝よう。



最後の確信っちゅーか、再確認したこと。コモモカウンターって、なんか魔力持ってるね・・・ボロボロになっても手放せないわ・・・。


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


律儀なヤツ
Category: シーバス  
一年越し・・・ここまでくると感動通り越して、安心感さえ覚えるねwww


南太平洋で発生した台風4号[グチョル]は、潮岬から上陸して東海・中部を縦断し、日本海で温帯低気圧に変わった。
当初、予想ルート上にモロ酒田があったため、こないだの爆弾低気圧の被害が頭をよぎって、それなりにドキドキしていたのだが・・・それも杞憂に終わる。

この台風で一番得したのは、酒田市内の小中学生であろう。
なんと、前日夕方の時点で臨時休校が決定していたのだから。
果たして、今朝・・・別になんてことない風と、降ってすらいない雨。
きっと、酒田の子どもたちは「超ラッキー!」と小躍りしたことだろう。
ま、自分も子どもだったらそうしたと思うが・・・1日分の授業の遅れは、きちんと取り戻すように!(えらそうにwww)

さて、台風だからといって休めない大きな子どもは、夜に遊びに行くしかない。

・・・どこへ?

そりゃあ・・・釣りしかありまへんがな(笑)
梅雨はゲリラの季節(誰が決めたw)。
気圧変化でヘラヘラと湾内に遡上してきた悪いコに、お仕置きを加えなければいけない。

と、いうことで・・・久々の出撃決定!!

~~~~~~~~

ブログは更新していないが、2回くらいは海を見には行っていたのである。
でも、恐ろしく雰囲気がなく・・・ベイトもいないので、竿を出さずに帰ったり、数投して諦めたりしていた。

今日はちょっと気合を入れて、夕食前の下見でベイトの有無を確認。
前回までの傾向も考慮に入れて、最初に入るポイントは決まっていた。
遅い日没に合わせて、夕食は家族でゆっくりと取り、完全に暗くなる直前に出撃。
ポイントに着いて竿を出す頃には、薄暮とはもはや呼ぶことのできない色が、空に充満していた。

明るい内に見ていた状況からルアーは極小のものを選択。
岸際に逃げ込んだボラの稚魚をイミテートして、誘っていく。
ところどころにある変化にはやはり魚はついていて、時おりボイル音も響くグッドコンディション。
しかし、スレているのか・・・ルアーを一回通してダメなら、魚の存在感自体が消えてしまう。
恐らく深場に落ちるのだろう・・・彼らだって毎日人とルアーを見て、学習しているのだ。

結局1バイトもないまま、時刻は20:45・・・『移動しなければならない時刻』になってしまった。
これ以上粘ってもどうしようもなさそうなので、即移動を決意。
車に乗って、長距離移動を開始する。

~~~~~~~~

ダッシュボードで白く光る4つの数字にせかされるように、いつものポイントへ。
パラパラと落ちてきた弱い雨も気になるけれど・・・それよりも彼女との約束のほうが大事で、駆け足で急ぐ。

そう、そこは『約束の場所』。
彼女はそこで、自分を待っているのだ・・・21:30きっかりに。


オレを待っているのが可愛い女の子だったら、それはなんと言うか・・・「デート」的な?
『待ち合わせ』・・・そんな呼び方もふさわしいイベントなのだろうけれど。

残念ながらそうではなくて。
オレを待っているのは・・・魚。
なので、この場合の21:30を人は『時合』と呼ぶ。

庄内弁で言うと『ズアイ』ね(爆)

去年、この場所でさんざんオレを救ってくれた、21:30。
モチベーションを保つ唯一の目標だった、フタヒトサンマル。
一年経った今日もオレは、それにすがった。

到着してから、しばらくの間、スーサンだのチョーサンだのウェイビーだのを投げ倒してみるものの、反応はない。
ボイルしていることから、魚は水面を意識しているのだけれど・・・ココはそれでもシンキングが基本。
基本どおりに攻めたわけだ。
しかし反応はない。
そろそろ約束の時間。
しかし、このままでは釣れる気がしない。
雰囲気が全くないのだ(これってこの場所でやるには大事な感覚)。

前もこんなことあったけな・・・とボーッと考える。
3年くらい前の梅雨だったと思う。
この場所でシンキングが全くダメで、雰囲気も感じられず・・・諦め加減に投げた黄色いルアーに、幸せが食いついてきたことがあった。

todays lure
最早得意というより腐れ縁という観のあるコモモカウンター(旧)チャートバックパール(もうボロボロwww)

思い立ったら吉日。
即ルアーチェンジで、そのイットウメ!
着水後、水を掴んで立ち上がったコモモちゃんが、艶かしく腰を振った瞬間に・・・

ゴッ・・・ゴグン!!

わかりやすーい、反転バイトの衝撃。
引きから、3本のフックの刺さっている場所すらわかってしまって笑えるwww

レバーで糸を出し入れしながら、ふと思う。
『シーバスってこんなに引き強いんだっけか・・・』
それくらい元気に何度も突っ込んで楽しませてくれた、いいオンナ(未確認(爆))

20120620.jpg
周りがジャングルで平坦なところが全く無くて、メジャーユルユルですが・・・張った状態で62くらい。

いやもう・・・感動ちゅーか、オドロキですよ。
ホントに待っていてくれたとは!!

PM2130.jpg
ハイ、証拠写真(笑)ファイト時間と写真撮影時間引いて、きっかり21:30・・・几帳面なコね(爆)

ま、今回のは、いろいろ偶然が絡んでいるので、一概にズアイ炸裂とは言えない部分があるけど・・・でもやっぱり嬉しい。

仕事・家庭・・・いろいろ環境が変わってなかなか釣りに割ける時間がない中で・・・ようやく取った一本だし・・・それが約束の時間きっかりだなんて、こんなドラマティックなことはないですよ。

大満足で、帰途へ。

~~~~~~~~

『ドラマティック』・・・なんていうほどのサイズじゃないし、所詮ドブ鱸。
今回はネタの割には、文章が長すぎるかな・・・とは思う。

でも、毎年毎年・・・釣れる魚とは一期一会なわけですよ。
その一本目だったので、長文も致し方なし!!(言い切ったw)


ドラマティックと言えば・・・MRメンバーは現在親イカフィーバーなワケで。
コッチ見たほうがいいですよ、ドブスズキよりはるかにドラマティックですからwww

旬魚釣行WEB JPさんがまたも親ゲット!

BLACK EYED TOUGH kcn大先生は一投目で?マジ?

Angler's Laboratory 研ちゃんも通算2ハイ目!


ということで、イカにスズキにメバルにと・・・本当に一年で一番いい季節(釣り的に)になってきましたね。
明日も釣りにいけるかな・・・


・・・・・・あ!明日オレ誕生日じゃんwww38歳になるんだっけ・・・忘れてたっ(爆)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


諦め半分
Category: BASS FISHING  
大事なソフトルアーに限って・・・飛んでっちゃうよね~w


最近仕事が忙しい。
っていうか、毎日忙しい。

昨年のこの時期は、有給とってデイゲームなんてやっていたけれど、今の職場では最早無理・・・休めないのだ。
しかも、100%頭をクリアにしておかないと、なんともならないもんで、実質的に仕事前の朝仕事も、無理。
今の仕事のペースに身体が完全にアジャストするまで、仕事第一・・・無理は禁物である。

・・・・・・あ~・・・・・・でも、最上川行きたいな~(涙)
ま、そんなことばかり言ってても仕方ないので、仕事がない休日はしっかりと休むor遊ぶことに。

で、今日は86へ。
最初から期待していなかったけれど、本当にシブい。
20120609-1.jpg20120609-3.jpg
こんなオチビさんしか釣れない・・・

昼ごはんを食べて・・・折れかかった心を奮い立たせて、最後のポイントへ。

足場が高いこのポイント。
しかも、表層にベイトは見えない。
ボトムに届かせるには、シンカーのあるリグってことで、モエビちゃんのテキサスを選択

CIMG1573.jpg
カラーはこの色・・・プロトタイプで自分が困ったときにいつもリグるやつ。

・・・しかし、コイツ・・・残りがあと2本。
正直使いたくない・・・もったいないからw

でも・・・やはりコイツが魚を連れてきてくれた。
20120609-2.jpg
写真を撮ろうとするたびに跳ねるもんでwちゃんと獲れないけど40チョイ。

20120609-5.jpg
同じく(笑)

で・・・この2本を立て続けに抜いたところで・・・ヘッドシェイク連発によりもえび2本とも入水・・・orz

もうどうしようもないので、塩入のノーシンカーにチェンジ。
20120609-4.jpg20120609-6.jpg
途中から写真撮るのめんどくさくなってきたので省きますが、同じようなサイズが連発して楽しかった!

急に吹き始めた風と、30分後に降り始めた雨が、魚のスイッチを入れたのかもしれないけれど・・・
なんでアソコばっかりこんなに魚が居るの?ってくらいの連発劇でした。
ホントに魚ってわからんね~(苦笑)

ま、そんな感じで休日終了。
明日は休日出勤ナリ(涙)

来週あたりから、ソルトも再開しようかなと・・・遅ればせながら思ってみたり。


ソルトも積み重ねだからね~・・・出足が遅かった今年は苦労しそうだ・・・

テーマ : バスフィッシング    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。