出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フルキャスト
Category: シーバス  
飛距離だけは誰にも負けてねぇwww


土曜日。
本当に久しぶりの休み。
朝5時に待ち合わせ、gajinさん、研究者さんと3人してサーフへ。

最初のポイント・・・人多すぎて車も停めれねぇよww
即移動で、結局いつもの大好きポイントへ。

何がいいって天気だけはよく・・・美しい水面に向かって、キャストを繰り返す。

美しい水面・・・

そう、ベタ凪www
こりゃいくらなんでもスズキは無理だってことで、早々にヒラメ狙いに変更。
とは言え、別に投げるルアーはそんなに変わらないんだけどもw
ソフトルアーなんか投げようもんなら、フグに齧られてチーズ状態になるので、バサルトは投げらんない。

よって結んだのは、メタルジグ。
coltsniper redgold
shimano coltsniper 42g レッドゴールド

こちら北庄内のサーフのご当地ジグと言えば、そりゃあもう、ダイワのファントム。
センターバランスで角ばったファントムの売りは、泳ぎのよさ。
バタバタとよく泳ぐ。

でも、自分は、シマノのジグが好み。
もう廃盤になってしまったが、名作スティンガーバタフライはリアバランスでぶっ飛びジグ。
その後継モデルであるコルトスナイパーは、センターバランスになって飛距離こそ落ちたものの、泳ぎはよくなった印象。
荒れ後で若干濁った水に対応するため、それからヒラメといえばゴールドやラメラメとかの派手目が好みなので、アカキンを選択。

タックルは12.6ft+ダイワの4000番。
40gのジグを、追い風に乗せてフルキャスト。

遠浅なサーフの海岸線から50m先にあるカケアガリの向こう側に落とす。
着底から2回煽ってからリトリーブすると、カケアガリの向こう側でジグが重くなる感覚。
大した重さではないが、一応ロッドは曲がっている。
上がってきたのはやはり・・・

hirame.jpg
30チョイのチビラメ・・・サーフで釣れたモンは何でも嬉しい!!

しかしその後はアタリ一つ無く・・・タコ狙いに一気に南下。

しか~し・・・なんとも潮位が低く・・・タコどころかベイトの姿もまばら。
結局姿を見ることも無く、終了と相成った。

hakusannjima.jpg
何がいいって天気だけはいい・・・


タコは今度・・・状況のいい時に狙いま~すwww


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


清々しき撃沈
Category: シーバス  
やっぱりあのタックルは修行だな~ww


ようやく、大きな山を乗り越えて、今日の午後は代休を取得。
さすがにフル稼働8.5日間連続勤務はこたえたらしく、今日の午前中はフラフラ。

そんな疲れた身体ではあるが、釣りする体力だけは残っているという理不尽ww
中でも最も過酷なサーフ歩きに赴くwww

釣り場に着く直前、なんとウェーダーを忘れたことに気づく。
どうしようもない脱力感と共に、無言で釣具屋に向けてハンドルを切る。
すでに戻る気はなく、ヒラメ用ミノーでも買って、北港でお茶を濁そうとしていたのである。

しかし・・・なんと釣具店ご主人、自分のウェーダーを貸してくれるという神の様なやさしいお言葉w
一応何度かお断りしたものの、釣りをしたい気持ちに負けてお言葉に甘えることにwww
当然、レンタル料としてミノーを一本買って・・・サーフへ。

beach-walker120MD.jpg

とりあえず、借りたウェーダーを穿いてみる。
サイズはバッチリ・・・しかし、素材はネオプレーン・・・物凄く暑いww
しかし、久しぶりの釣りに心躍らせながら、サーフへin。

さっき買ったビーチウォーカーを結んで投げる。
追い風参考記録ながら、確実に40mは飛んでる・・・さすがDUO、いいルアーを作るもんだ。
・・・とつぶやきながらリトリーブを開始すると・・・ゴリゴリゴリ・・・すぐ底を擦る。
後からわかったのだが、最近この界隈のサーフは物凄く浅いらしい。

こりゃあダメだと、ジグにチェンジ。
今度は追い風参考で110mの飛距離・・・しかしこれまた浅い。
そして反応も無い。

なんせ、ベイトの姿が全く見えない。
ヘッドランド一本分歩いて、ついでに先端のテトラに立ってみてもカタクチとかの姿は皆無。
一瞬テトラの際でコアジっぽいのがキラリと光っただけ。

途中で会うアングラーも全員浮かない顔。
朝にどこそこで80が上がっただの、昨日はこの場所よかっただの・・・過去のいい状況の話ばかり聞かされる。

まあ、それでも・・・仕事地獄から開放されて歩くふるさとのサーフはやはり美しい。
12.6ftのロングロッドを円月殺法さながらにぶん回し、40gのジグが吹っ飛んでいく様を見るのもまた楽し。
落ち鮎の時期は忙しくて逃しちゃったみたいだけど、これから1ヶ月サーフを楽しめる自分は幸せ者である。

家に帰り右肩に残るかすかな筋肉痛はサーフシーズンの開幕を告げる、自分にとっての晩秋の風物詩。
苦手な砂鱸シーズンが始まる。
今年こそは、90UPのきかない顔をしたヤツを・・・この手におさめたいものである。


あ~・・・明日の朝、右肩上がんねーかもな~www

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


多忙繁忙イジケん坊
Category: その他  
こころをなくすと書いて・・・忙


毎年この時期って、心も体もバランスが悪い。

いろんなことの巡り会わせが悪くなって・・・あらゆる方面でギクシャクが多発。
ついこないだは、職場の人間にあらぬことで一方的な叱責を受けた。
自分の職責においては、いかんともしようがないことで、すぐに誤解は解けたものの・・・全くすっきりしない。

そして今日は家族間でトラブル。
ま、これはオレが悪いんだけれども・・・

全てのことは自分の心の余裕の無さが原因のような気がする。
9月からこっち・・・忙しすぎる、仕事もそれ以外も。
別に毎日寝ないで仕事しなきゃならないわけじゃないけど、短時間で集中してやり切るタイプの自分にとって、職場を離れてからも山のように課題がある状態は望ましいものではなく。
ま、忙しさのせいにしている時点であまり褒められたものではないが(自虐)

今日はよっぽど、釣り場に現実逃避しに行こうかと思ったけれど・・・
問題を共有している奥様に申し訳なくて諦めた。
何より、こんな状態では釣り自体を楽しめないだろうし。

畳み掛けるように、明日の夜は会議、奥様は出張(自動でオレが子守)、週末は土日ぶっ通しで仕事。
心と体が休まるのは、来週以降になりそうである。

そんなこんなで、またもイカの記事で止まっているわがブログ。
仕事と気持ちが落ち着いたら、サーフの記事でも書ければな~と思っております。


あ~・・・はやく落ち着かないかな~・・・


月夜なのに・・・
Category: エギング  
今期初のエギング記事であります(爆)


連休初日になんとかシーバスをゲットしたものの、9月の疲れが溜まってて翌日は起きられず。
連休らしく家族サービスに従事w

娘が昼寝した後は解放ってことで、釣具屋にて釣り談義。
サーフの達人に「波読み」の話を聞いたり、レバーブレーキについて語り合ったりと楽しい時間。

夕食後に、どうしてもイカ釣りがしたくなって磯へ。
最初に入った得意ポイント。
時間帯がソコリだったのもあってまったく反応ナシ。
移動しても生命反応は皆無。

心が折れかけつつも、最後のポイントへ立ち寄る。
なんか、イカの数が少ないのも確かだが、何かを恐れて底べったりな気がして・・・砂地&シモリ点在の場所に降り立つ。

水際に向かうと、先行者・・・エサ釣りの方。
話を聞いてみると「な~んも釣れない」とのこと。
邪魔にならない方向に投げていいですか~?と先行者さんに許可をいただいて、キャスト。

一投目でいきなり根がかりを喰らうものの、気を取り直して右斜め方向へ第二投。
3.0号ノーマルでカウント20・・・どっぷりと底に沈める。
縦シャクリ後のフリーフォールでドン!

20111009.jpg
胴長15cmと小さいが、底から引き上げるんで一丁前の抵抗♪

先行者さんが帰った後、今度は正面へ。
全く同じパターン・・・ボトムからの縦シャクリ&フリーフォールで1ハイ追加(ただしエギは3.5寸)
しかし後が続かない・・・

時間も遅くなってきたので今度は根がかりのデンジャラス地帯、左方向へキャスト。
やはり今日のパターンのようで、フリーフォールで3ハイ目

サイズは全て15cm・・・なんか回遊とかではない感じ。
あきらかに底付近でじーっとしてるヤツって感じ。

まあ、何にせよ、3ハイ釣れてよかった。
ヘタクソは多くを望んではいけないからねwww


さて・・・今晩はイカ刺し!楽しみだ~♪

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Category: シーバス  
コンクリートってしゅごいネ~ww


こないだのボイル祭り以降、またもプチ忙しくなってしまい、今朝は久しぶりの釣行。

朝イチで前回と同じポイントに入るも、同じ場所か?と思うくらい、ボイルはない。
マヅメは短い・・・即移動を決意。

やってきました、超・有名ポイント。
恐らく酒田で一番長い人口構造物。

外海側は波高2m・・・おっそろしいくらいのウネリでとてもではないが立てるものではない。
しょうがなく内海側を撃つ。
いくらコンクリ製とはいえ、人間が作ったものは内と外で海の環境をこんなにも激変させられるんだな~と実感。

暗いうちから初めて、朝日がすっかり昇るまでのあいだ打ち続けるが・・・笑っちゃうくらいに反応ナシww
ルアーもミノーからシンペン、終いにはバイブになってもアタリはない。

だいぶ外側まで行っても反応がないので、今度は戻る。
だいたい戻りってのは気持ちが折れているものである。
立ち並ぶアングラーの間を縫って、釣り座を確保。

・・・あ、そういえばここはCUTM@Nの得意ポイントだった。
そう思いつつ、ルアーまで彼の得意ルアーに替えてみる・・・そう、丸パクり(爆)

しかし反応はない・・・いい加減飽きてきたのと、早起きで眠くなって欠伸が出る。
いい感じに心も折れている・・・そんな「完全に気の抜けた状態」が、ドラマを生んだ。

リトリーブの感触が一瞬軽くなって、直後、ゴンというバイトの衝撃。
足場が高く、口についているルアーも重くバレ易い。
レバーを使って、突っ込みはある程度許容しつつ、エラ洗いをあまりさせずにランディング。

20111008.jpg
56cmくらいしかないけど、久しぶりの魚はやっぱり嬉しいです!!(気持ち折れてたクセにw)

いやしかし、連休だけあって人は多かった。
でも、恐ろしいほど釣れていなかったのもまた事実。
4:30~6:30の2時間往復して、見た魚はコレ一匹。

波が落ちた後はどうなるものか・・・連休中は多分もう振らないけれど・・・やっぱり気にはなるものである。
そんなことを考えながらの帰り道。
sunrise1.jpgsunrise2.jpg
美しい朝日に心癒されながら家路につくのであった。


いや~小さいけれど嬉しかった!!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


縦アワセ
Category: シーバス  
またやっちまっただ・・・


昨日のブログを書いて、なんかいろいろ吹っ切れたもんで、今日はさっそく釣りへ。

sunset-sea.jpg

こんな美しい風景を期待したものの・・・波高は1m弱・・・外海に立つと恐怖を感じるほど。

結局波気に誘われた魚もおらず、失意の内にポイント移動。
思い切ってエリアをばっさり切ったのが、よかったのか・・・

車から降りた途端に・・・「バッコーン」「ガボン」「ドッパァーン」

なんじゃコリャwwwボイル祭り絶賛開催中www

所謂一つのズアイだったんでしょうが・・・こりゃ狙わない手はない。
しかーし!!
残念ながら今日持って来ているのは・・・・・・・・・外海ボーックス(爆)

かろうじてWAVYはあるものの・・・ここのメインベイトのイミテーションルアーは家の棚の上。

多分ここにいるスズキは、荒れで入ってきた外海の魚ではなくて、湾内回遊型。
居着きとはちょっと違うけど・・・広い酒田湾内でその時々で一番オイシイポイントを回遊しているヤツ。
常夜灯下で祭ってる「あげぽよ」な連中ではなく、それなりにルアーを見ている賢い魚。
コイツ等に口を使わせるのははっきり言って至難の業である。

ベイトは秋の酒田湾内の定番、ショビ。
これを模したルアー「M」で騙したいところだが・・・手元にない。
仕方がないので手持ちのルアーの中でなるべく細長いナチュラルカラーで探っていくが・・・ハルカの140Fとかじゃああまりにもデカいっていうか、長さはショビそのものなんだけど、昨日言った波動がホンモノに比べてデカ過ぎる。
小さいWAVYやヨレヨレなんかも使ってみるが・・・ムカつく程にガン無視(怒)

万策尽き果てて・・・ふと気がつく。
ライジャケの右ポケットに、アレを忍ばせていたことを。
同時に頭に浮かんだこの言葉・・・「イミテーションでダメなら親和性」

3.jpg
チャラチャチャッチャチャ~ン♪バサルト~♪

JPさんから預かっているプロトタイプである。
コイツを、スナップ接続ではなく、リーダー直結・・・音すらも消して、究極の水馴染みに全てを掛ける。


一投目・・・水没ストラクチャーのキワを通ったバサルトは、音もなく吸い込まれる。
ストラクチャーの向こうに沈んで上を見上げていた60絡みのシーバスをまんまと騙すことに成功!

しかし・・・おそらく喰った瞬間に反転したことで、ストラクチャーの角でリーダーが擦れる。
VEPの5号はそんなことくらいじゃ切れはしないけど、肝心のフッキングパワーが伝わらなかった・・・のかもしれない。

ずっと前にJPさんに言われてたんだよな~・・・ワーム(ジグヘッド)はバイト即バスアワセだぞ・・・と。
すっかり体に染み付いた二段アワセ(アタリ感知と同時に伸ばしていた右手を引き寄せてフックを口に引っ掛けて、リールを巻いてスウィープにフッキング完了)がつい出てしまって、ジ・エンド。

ま、あの場でパワーフッキングしていたら、リーダーにとんでもない摩擦がかかってラインブレイクしていたかもしれないし、全てはタラレバなんだけど。

今回も魚の顔を見ることは出来なかったけど、妙に心に残るすがすがしさ。
テスターとしてはダメダメなんだけど(JPさんゴメンナサイ)、手持ちのルアーで目の前の偏食シーバスに口を使わせるに至ったプロセスは・・・


・・・まさに「釣れないけれど面白い釣り」そのものでしたとさ♪


次こそは・・・獲ります(滝汗)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


wave motion
Category: シーバス  
カラーの次は・・・


いや~・・・疲れた・・・
何でって、仕事で。

振り返れば9月の釣行記事ほとんどなし。
実際ほとんど行ってないしwww

代休とって
ika2011.jpg
こんなのや・・・

saba2011.jpg
こんなのを釣ってたりはしたけれど・・・なんか納得できず。

特にエギング中にラインが高切れして強制終了になったときなんか、リズムの悪さを実感。
釣れなくても面白い釣りってのはあるけれど、リズムに乗れなくて・・・ってのは最悪中の最悪。

そんな状況で、ブログも放置してましたwww

~~~~~~~~

・・・で、魚の画はないけれど、最近感じたことを少々。
波動について。

前々から、『波動の違い』がわかるアングラーってカッコいいな~とは思っていたのだ。
DVDで嶋田仁正さんがスプラットを入れて反応がなかったので、それと似た波動のサスケを・・・とローテーションしてデカいのを掛けたのを見て、スゲーと思っていたのだけれど・・・

・・・正直手に伝わるブルブルなんてほとんど同じに感じて、カラーやレンジ以外のローテの基準なんてそのルアーが好きか嫌いかしかなかったwww
さすがにローリングオンリーのスーサンとゴクウの違いくらいはわかるけど、ウォブンロールのシャローミノーとかだと、その変化を感じるより他にやることが多すぎてわからんかった。
キャスティングやラインメンディング、リトリーブやジャーク・トウィッチなどの一連の流れを風速10mの横風の状況下でやるような釣りばっかりやってたもんで・・・忙しくてwww

でも、ここ数年、釣りのスタイルが相当変わった。
激荒れゲームもやるにはやるが、最近は波の静かなポイントでやることが多くなった。
そこは視覚のほとんど役に立たない暗闇・・・手から伝わる感覚のみを頼りに、流れを感じ、根がかりを回避して、魚の鼻っ面にルアーを通す・・・そんな釣りをやるたびに、使うルアーも相当変化した。

box2011.jpg
ハイ、これ・・・現在の湾内ゲームミノーズ・・・上のチャート3本+Mの4本以外ぜーんぶシンキングミノー。

これは結果。
別に最初からシンキングばっかり使ってたわけじゃない・・・むしろ最初はフローティングミノーしか使ってなかった。

なんでなんでしょうね・・・でも、最近思うのは、いくら水深が浅いからと言ってフローティングばっかり使ってては釣れないということ。
自分のやってる場所では、浮きゴミというにっくき敵がいるので、それを避けなければならないということと・・・根がかりが恐いからこそ出るあの最強アクションが、シンキングでは出し易いってのが大きいのかも。

boroboro.jpg  
それと・・・なんてったって、このルアー・・・WAVY。

めちゃくちゃ釣れる。
そして、飛距離が要らない状況なら、物凄く万能。

ただ引きはアタリマエ、連続トウィッチでダートさせまくってリアクションも狙えるし、どっぷり沈ませてシャクる・・・エギみたいな使い方も可能(居着きのデカいのが反応する・・・カモww)。

今シーズンからパッケージが変わった模様・・・モデルチェンジしたかと思いきやそうじゃなかったみたいwww
4月くらいから投入して、このボロボロ具合・・・溺愛してます。

・・・で、超・前置きが長くなったけれど、このルアーの名にも冠されている・・・波動。
最近、ようやく使い分けができるようになった。

とにかく自分は最初に、ローリングのスーサンを入れてみる・・・弱い波動でストーキングしたいので。
スーサン(チョーサン)は、レンジも浅いので、シャローに差して来たやる気のあるデカいのを一番最初に狙い打てる(実際今シーズン獲った86cm2本はことごとくこのスーサン)

次に入れるのは、コモモ系。
普通は逆かもしれないが、これで広範囲に散らばっている浮き気味の固体を拾う。

そんで、お次に出てくるのがWAVY。
結構潜るもんで、レンジを下げつつ・・・その強い波動(ウォブル強めのウォブンロール)とレッドヘッドパールのアピール力で、暗闇で奪われた魚の視界を補填してやる。

この時点で口を使わなければ・・・そのポイントはほぼ見切る。
その証拠に、WAVYが拾ってくるのは70より下。
デカいのがもっと沖で反応するんなら、多分スーサンに負けないサイズを引きずりだせると思うのだが・・・まあ、今シーズンはそういう状況なんだからしかたない。
最近はある理由でシンペンなんかも一応入れてはみるが、ポイントの特性上あまり効果はない(っていうかマトモに攻めれない)。

フツーは、強いルアーを入れて、徐々に弱くするのがセオリーなのかもしれないが・・・オレはアベコベ。
でもこのやりかたが一番あのポイントの魚に合っていると思っているので気にしないwww

自分は夜目が利く方なので、アレだけど・・・今シーズン通っているあのポイントは、相当に暗い。
多分初めて来た人は恐怖を覚えると思う(霊的なコトじゃなくて、暗闇の度合いに)。
そんな中では、魚にとって視覚よりも頼るべきは恐らく側線。
濁りなんか入ったらそりゃあもうwww

そんな中でシビアになるべきはやはり波動のチョイス。
カラーなんてぶっちゃけレッドヘッドだけで十分www


まあ、これだってオサカナさんに聞いてみなきゃわからないことなんだけどね~www


さて疲れも落ち着いたし、明日あたりからぼちぼち釣りに行くか~♪

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。