出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月輪
Category: シーバス  
げちりんって読むんだww


今日は中秋の名月。
空を見上げれば・・・

fullmoon.jpg
円い月のまわりに、もう一つ大きな円い輪。

「月輪」でググると写真が出てくることから・・・これを差すのかな?
携帯の高感度なんて・・・とあなどっていたけど、月輪までなんとか写ってた。

今日は外海のテトラ地帯に繰り出したのだが・・・
なんと、テトラの先端部分が濡れていて、ニュルニュル滑って恐ろしいのなんのって(汗)

スパイク履いてても恐いモンは恐いので、一歩引いてなおかつ高いテトラで開始。
今日はなんかシンペンな気がして、ヨレヨレのミニ・・・レッドヘッドをチョイス。

一投目でバイト・・・アワセが強すぎて途中でバレる。
続いて二投目で同じようなアタリ。
こんどは一切ロッドを動かさずに巻きアワセを決める。

一気に巻いて、足元まで寄せようとするも、なんか恐ろしく首を振る魚。
ドドドド・・・と強い衝撃が手に伝わる。
ランディング位置まであと数mに迫ったところで、なんか横方向の引きが弱まり、ロッドが思いっきりお辞儀。

・・・あ、さっきちょっとドラグ緩めたんだった・・・

そう思ったが後の祭り。
「ギュゥゥゥ・・・・」
と言う音と共に、沈みテトラに潜られてヨレヨレはテトラに引っかかり・・・魚はバレてしまった。

ココでやるときは、もう数クリックでフルロックってくらいドラグを締めてやってるんだが・・・
直前のバラシに対応したつもりが、肝心のデカいヤツを逃がすことになるとは・・・

ま、ルアーも帰ってきたし、魚にもダメージ残らなかった(だろう)し、いいことにしよう。
何より、ワイルドな釣りを楽しめて、魚は手に出来なかったけどとても楽しめた。


しかし・・・月・・・キレイだったなぁ・・・


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


妄想 in the water
Category: シーバス  
出撃する前に見てきてよかったwww


最近仕事が忙しい。
・・・当然である。
月末にイベントを控えているのだから。
この時期に忙しくないイベンターは、存在意義がないわけでw

それに拍車をかけるのが、幼稚園の運動会準備。
月曜も集まったし、金曜も・・・そして来週も。

・・・それでも、今日は行かなきゃならない日。
あのポイントで、このタイミングで・・・と、スズキを狙い撃ちできる数少ないチャンスなのだから。

実は昨日も出ていた・・・期待は薄かったが。
予想通り、結果は40くらいのセイゴ1匹。
何より、なんか集中できていなかった。
フィールドの空気に溶け込むように忍び込み、ルアーを送り込んで釣るのが自分のスタイルなのに・・・なんか、確実に昨日の自分は浮いている感じがしていた。

そんなこんなで、今日。
夕食をとりながら、PCをチェック・・・強く降り出した雨をやり過ごすべく、気象庁のレーダーをチェック。
もう30分は出撃出来なさそうなことが判明したので、ネット巡回を始める。
ふと見つけた・・・っちゅーか巡回順位第1位のこのサイト・・・

『旬魚釣行web』

ご存知MRのリーダー、JPさんのサイトである。
仕事終わりにツイッターでUPを確認したのだが、いかんせん時間がなくこの時点で初めて目にしたのは・・・この記事。

「ハインリッヒの妄想」

いないいないと思うのは釣り人だけで、実は多くの魚に見切られている・・・という内容。
ここでハタと気がついた。
昨日の自分やんと。
今日はしっかり水中をイメージ・・・じゃなく、魚はいるんだという信念を持ってルアーを引き切ろうと決意し・・・出撃。

~~~~~~~~

降り立ったポイントは月光に照らされ、先ほどまでの雨が放った湿気で蒼く光っている。
ルアーを投げると・・・

ひっかかるわひっかかるわ・・・
何がって、草。
昨日もコイツに邪魔されて、まったく集中できなかったのである。

草は当然浮く・・・よって、水面付近を泳ぐスーサンは全くダメ。
ならば、潜るルアーということで、これまたいつものウェイビーレッドヘッドをチョイス。
これによってルアーの泳層は草の支配下から逃れたものの、ラインが草を引っ掛けると、結局同じこと。

それでも今日は諦めないことにしていた。
だって・・・

『魚はそこに(ウヨウヨ)居る』のだから。

浮き草を回収するかのようにキャストとピックアップを繰り返していると、ある動向がつかめてきた。
草が寄っているのは、流れが弱くなって水が下流に流れなくなった時・・・風に吹き寄せられているのである。
ならば、上げ下げの微振動の下げのタイミングを見計らって投げれば・・・目の前の草の濃度が薄まるのでは?

果たして・・・草は目の前から一瞬で消え去った。
とは言え、トレースコースが空いているのは短い時間のみ。
この機を逃すまいと、キラーポイントにウェイビーを撃ち込む。

2投目・・・草に引っかかったのとは明らかに違う衝撃が右手に走る。

ゴン!

反射的にアワせて、慎重にファイト。
とは言え、フッキングの手ごたえも十分だし、口に刺さっているのはミノー。
バレる恐れは少ないので、エラ洗いはある程度許容して早めに勝負をつけた。

20110907.jpg
写真の撮り方大失敗の75cm・3.0kg・・・上げてみたら結構デカかったというwww


今日はこれにて終了・・・明日からの仕事のことを考えて、早目の帰宅と相成った。

しかし・・・本当にメンタルで違うんだなということを思い知った今晩の釣行。



ハインリッヒ様・・・いや、JPさんサマサマの”酒田サイズ”捕獲劇でしたとさ♪




テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。