出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(もっと)伸びろ如意棒!
Category: シーバス  
オス!オラ○空!


ついに・・・ついにヤツ等が来た。
『雷と共に』ではなかったが・・・『吹雪と共に』ではなかったが・・・
冬の風物詩・・・ハタハタの群れが酒田港に接岸した。

しかし、まだ先遣隊らしく数が足りないのか・・・ハタハタと言えばココ!という某路ではあまり釣れていない模様。
それにやはり、掛け針が禁止になったのが大きいのか、アホみたいな釣果も聞こえてこない。
水中のカミナリウオたちは、さぞやゆっくりしているのではなかろうか?

~~~~~~~~

さて、そんなこんなで、最近めっきり回数が減ったゲリラ活動である。
なんせ・・・秋の繁忙期の疲労が抜けない。
ちょっと無理をすると、いきなり熱が出る。
そんな状態では・・・ちょっと調子がよくなったところで、気温0℃の早朝サーフになんざ行く気になんてなれない。
実際行ったら、また熱を出すのが目に見えている。

なので・・・12月に入ってからは3回しか釣りしてない始末(笑)
今日は、仕事明けから雨が降り風が吹き始めるまでの短時間一本勝負で、某サーフへ繰り出した。

到着して、岸壁に上がる。
そう・・・ここはサーフの横にある岸壁。
サーフを縦に切っていくのではなく、横に切ることができる数少ない場所。
当然、ショアラインからの距離は立ち位置で調節できるので、オーバータックルは要らないのである。

今日は偶然にも、理想の立ち位置をキープすることができた。
タックルは、JJZ-93Sにブランジーノ3000・・・通常のタックルに比べればだいぶ重量級な感じであるが・・・なんせ、ここ最近振ってたのがアノ物干し竿だから・・・軽いこと軽いこと(笑)
PEの細さも相まって、ミノーがぶっ飛んでいく。

足で稼ぎ、拾っていくサーフの釣りに対して、この釣りは回遊待ち若しくはそこら辺でウロウロしてるスレっからしに口を使わせる釣り・・・はっきり言って変化に乏しい。
釣り人の集中力が途切れがちだが・・・だからといって漫然と同じルアーを投げ続けていては、ただの独りよがりになってしまう。

私見だが・・・こう言う場所・シチュエーションこそ、いろんなルアーをとっかえひっかえして、水中の変化を探りつつ、魚の鼻っ面を通せるレンジを探すことが重要なんだと思う。
最初は敢えてS字系・・・バルバロッサでフラフラ泳ぐハタハタを演出。
次はアローヘッド140Fからスプラット130・・・幅広・バタバタ系の強い波動で底荒れ気味のナイトサーフにアピール。
レンジが底なのかとリジッドを入れたり、あえて黒いフライヤーを投げてみたり。

オール無反応。
ただ、水噛みのいいルアーを投げたときに感じた変化・・・それはやはり、横から打ち寄せる波頭。
ルアーは水を噛んで潜っているが、波にPEラインが引っ張られ・・・フッとテンションが抜けた直後に「ブリッ」と強烈に再度水を噛む感触。
左右にアングラーがいる状況では、過度に波にルアーを乗せるわけにも行かず・・・変化らしい変化といえばそれくらいのもの。

ならば、飛距離の出るルアーを使って、徹底的にそこを攻めるしかないでしょう!
ということで、引っつかんだのはこのルアー。
surfdriver110s.jpg
ZBL SURFDRIVER110S ”座布団スイッチ”

・・・なんかドラえもんのポケットから出てきそうなカラー名だけど(笑)、マジで座布団ハンターでもある盟友reopapaが使ってるってんで、オレも便乗してみたという安直なセレクト(笑)

このルアー・・・サーフでカレントに投げ込むと、物凄いブリブリと動く。
でも、なんつーか・・・バタバタっつーよりは、ブリブリ?
ワイドウォブラーというより、硬質なウォブリングって感じで結構好み。
スプラットやアローヘッド投げてダメだったので、コイツに賭けてみようということで、カラーセオリー無視でセレクトしたのである。

追い風に乗ったルアーは、はるか遠くに着水。
ラインスラッグを巻き取ってリトリーブを開始した直後に、件の波頭エフェクトが発動した。
フッと消えるバイブレーション・・・直後に訪れる水噛みの衝撃の代わりに、その『音』がラインとロッドを伝わって右手に聞こえた。

グフッ・・・

風のせいか、波のせいかは知らないが、ラインが孕んでいるのは、明らか。
弱いバイトの衝撃を魚信に変えるべく、ロッドポジションを保持したまま、リールをゴリ巻きする。
直後に、エラ洗い・・・やり過ごして、さらにリールを巻く。
ライン・ロッドが完全に緊張してドラグがジリッと鳴く・・・フッキング成功である。

・・・と、カッコつけて書いてはいるが、ここで魚を掛けたのは初めて・・・しかも、暗闇で何やってるかわかったもんじゃない(笑)
エラ洗いだって、バレなかったから良かったようなものの・・・足場が高くてなすすべナシ(笑)
5秒くらい経って隣のハタハタ釣りのおじちゃんに「釣れっだんが?」と聞かれるまで、まるで釣りDVDを観ているかのような感覚だった(恥)

そこからは少し冷静さを取り戻し、魚を足元に寄せる。
一応、沖で十分弱らせてから、ライトで照らし・・・ランディングネットを背中から外す。
スルスルスル・・・水面に向かって落ちていくネット。
しかし・・・なんと、長く使ってなかったからなのか・・・なかなかシャフトが伸び切らない。
何度か左手を上下させ、しゃがみ込んで手を下げてやっと・・・ino着水。
心配して寄ってきてくれるハタハタオジサンがライトでアシストしてくれる中(笑)、ようやくネットイン。

20101214.jpg
湾内釣り師らしからぬ・・・ドタバタネットランディングの後に上がってきた55cm・・・うーん・・・なぜかサイズが出ない(苦笑)

・・・でも、食べごろサイズなんで嬉しいけど~(笑)

その後は雨も降り出し、風が強くなってルアーが一切飛ばなくなって強制終了。
上がろうとして左右を見ると、隣のアングラーが両方とも友達だってことに気づき、「でって何だなや・・・」と爆笑する一幕もあり・・・最終的にビショビショの濡れ鼠ながら、なかなか楽しい釣行となった。

サイズこそ出ないけれども・・・12月、4回出撃2回ゲット・・・結果は出ているのかしら?
あとはサイズ・・・そして・・・


如意棒のメンテナンスと、スムースなランディングの練習・・・これに尽きるな!(爆)


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。