出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋の装い
Category: その他  
ついに出ますか・・・


毎日、暑い日が続いている。
ほとんど釣りには行っていない・・・だって釣れないのわかってるんだもん(笑)
それにアセモだらけの背中に回復する時間を与えないと。

今日は、釣具屋であるものを購入。
いわゆる釣具ではない・・・釣れたパターンをより深く検証するためのツールとでも言っておこうか。
ま、これについては、たとえ結果が出たところで、秘密中の秘密になっちゃうだろうことだから・・・多分ブログ中に登場することはないであろう(なら書くなってか(笑))

さて、そこで手渡されたもの・・・
catalog1.jpg
D社とS社の秋カタログ。

・・・っていうか、春のが総合カタログで、これはソルトルアーのカタログなんだそうだ。
なるほど確かに、要らんモンが一切載ってなくて読みやすい(笑)

そこでまずに目に付いたのは・・・NEW SALTIGA。
NEWセルテートベースで、よりカッコよくなってるし・・・セルテートのバージョンアップが反映されている模様。
オフショアはやらないんだが・・・これはこれで気になるリールである。

そして・・・最大の衝撃。
catalog2.jpg
まあ、こうなるとはわかってましたけどね・・・やっぱり出ますか、NEW URBANSIDECUSTOM

パワーアップバージョンって位置づけみたいだけれども・・・自分のUSCは5年も使い込んで、結構ヘタっているハズだから、多分出たら買わざるを得ないんだろうな・・・

今年の冬だそうですよ・・・冬にはもう一つ、どうしても欲しいものがあるって~のに(汗)


ま、いかな名竿とは言え、進化していかない種は淘汰されるのが世の常。
発売から6年くらいが経過してなお、湾内用ロッドのトップの座を譲らないのは凄いことではあるが・・・Kガイド、新素材等々・・・後発モデルにしか搭載できない新機軸も増えてきている。

恐らくは、若干の長尺化とMクラスへのパワーアップを図った上で、AGSを搭載して軽量化・・・コスメも現代風に変えてくるんでしょう・・・このロッドの唯一の弱点は、投げ竿っぽいリールシートですから(笑)


湾奥のプリンス・・・大野ゆうき。
この人が作った、morethan BRANGINO 87LML "URBANSIDECUSTOM"・・・この竿は、自分にとってただの釣り竿ではなく、会ったこともない憧れのロッドコンセプターとの接点というか・・・東京湾岸と、東北の一港湾をつなぐアンテナでもあったと言うか・・・
何が言いたいのかよくわからなくなってしまったが・・・とにかく、作り手の気持ちというか意図がここまで伝わってきたロッドは今までなかった気がする。
そんな人とメーカーが作る次の一本も、いいモノに決まってる・・・いや、そうあってほしいような・・・ほしくないような・・・。


世に出てから長い時間を経たロッドのオーナーに、常に付きまとう複雑な感情を感じつつも・・・



とにかく・・・いい竿を期待して待ってますから!!ゆうきく~~~ん!!!(爆)



さぁ!節約して小遣い貯めるぞ!!

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ゲン担ぎ
Category: シーバス  
えっ・・・これ、セイゴですかっ?


先週の土曜・・・午前中は仕事してた。
よって今日の午後はその振替休暇。
奥様が休みだったこともあり、電気屋にテレビを見に行く約束をしてた。

でも、奥様の用事が長引き・・・結局ヤマダ電機には家族3人・・・つまり堪え性のない娘がついてくることになった(苦笑)

案の定・・・5分もすると、3Dテレビが見たいだの、家庭用電球が光っている辺りに連れてけだの・・・

それを半分無視しながら(笑)、奥様と機種選定を進めていく。
自分の狙いはREGZAとクアトロン・・・いずれも40型絡み。
奥様は37くらいでいいんじゃない?って感じだったけど、「すぐに目が慣れる!」と言いくるめること30分。
結局は人の顔が自然な色合いで見える(個人的な感覚ですよ)REGZAに決めた。
思えば、今使っているブラウン管もTOSHIBA製。
東芝のテレビは昔から好みなのである。

購入は後日ということで、一路自宅へ。
しかし、我慢に我慢を重ねた娘がここでブレイク!(爆)
ヤマザワに寄ってお菓子を買ってやるハメになった(笑)


~~~~~~~~


家に帰って、奥様に許可を取り・・・湾内へ。
この時点では夜風が気持ちよく、さほど汗もかかずにナイトゲームを楽しめるかとおもったんだけど・・・

降り立ったいつものポイント。
あいかわらずのベイトのストック。
しかしボイルは相変わらず皆無。

しかしそんなことは一切気に留めず、プラグをコレ一つに絞って一つのポイントを決め撃ちしていく。
wavy50s.jpg

三箇所目・・・常夜灯を背負う形になるため、自分の影が水面に落ちないように迂回してポイントイン。
水際に下りると、向こうから迫る散歩の老夫婦。
彼らがこちらに来てしまえば、自分の迂回が無駄になる。
急いでキャスト。

底まで沈めて、2回トゥイッチで跳ね上げて・・・あとはデッドスロー。
○○のエッジを越えた辺りで・・・グゥゥと押さえ込むようなバイト。
横っ走りでアワセをくれると、一気に沖へと走り始める魚。

マイクロプラグ故に無理は禁物・・・ドラグを緩めて、時間をかけてゆっくりファイト。
気がつけば、後ろには、さっきの老夫婦と犬の散歩のおじちゃんまで・・・3人ものギャラリーが(笑)

なかなか弱らなかったが、どうにかこうにかランディング!
20100825.jpg
相変わらずダイワのメジャーがみつからなくて申し訳ない(笑)スミスメジャーでの計測では66cmでした!!
・・・重さ量るの忘れた・・・

しかし・・・今年の酒田は異常に雨が少なく、湾内ゲームが成立する日数が少ないけれど・・・
昨年よりも釣れる魚のコンディションは倍いいような気がするのは自分だけだろうか?

体高・体幅は申し分ないマッチョ体型・・・銀ピカの美しい魚体。
そしてなによりその引きの強さと言ったら・・・去年の5割増しで頑張って楽しませてくれる。
今日のも、なかなか浮いてこず・・・ギャラリーのおじいちゃんをやきもきさせてしまったようだ(爆)

そしてジイチャン、上がった66cmを見て一言・・・「おお、セイゴだの」



・・・・・・・・・いやいやいやいやいやいや!!(笑)



いくらここが酒田だからって、66cm捕まえて「セイゴ」はないんじゃない?(爆)
おじいちゃんに話を聞くうちに、どうも彼の中では「シーバス」全般が「セイゴ」になっていることがわかった。
最後には「型良いのぅ!!」と言って、散々待たされて若干切れ気味の細君とともに闇へと消えていった。

・・・ということで、一連のコント(ホントに酒田のジイチャンバアチャンは、行動・言動そのものがネタでして・・・街角での何気ないふれあいがこういうコントになり得ます・・・受け手の感受性次第ですがね。ボクはジイチャンやバアチャン・・・そして子供と犬に異様に好かれるので、結構コントになっちゃいます)を終了し、他の場所も撃つが、バイトの数だけが増えるばかりで、以降はノーフィッシュだった。

気がつけば顔は汗が流れ落ちてダラダラ・・・水分補給用のスポーツドリンクもなくなったので、これで納竿とした。


~~~~~~~~


実は今日・・・ゲンを担いでみた。

自分的に、これを忘れると釣れないというもの(それがなければ釣りが成立しないものは除く)の筆頭は、デジカメである。

そして、こないだこのアイテムを導入したその日に73が釣れた。
camo-cap.jpg
PSLのカモCAP・・・ここまで迷彩かっ!というアナタのコトバ・・・ボクには届かない・・・
今日はデジカメを忘れずに携帯し、コレを意識して被ってみた。

・・・見事にハマりましたね(気のせいだって)

そしてハマったと言えば、このフック。
gamafook.jpg
がまかつ TREBLE RB MH #14

このフック、最上川なんかの強流域でラフファイトされる方は、もはや必携だと思いますが、これまで大きい番手しかなかったんスよ。
最近10番以下の小さいのが出たので、即購入・・・ウチのwavy50Sは全てこのハリに換装されてます。

今日は一本目のフッコは慎重になってドラグ緩めちゃったんだけど、そのあとあげた60UPのナマズん時は、意識してドラグも緩めずに竿を立ててガチンコ勝負を挑んでみた。
その結果、伸び・・・ほとんどなし。
フックポイントの劣化・・・感じられず。
バレそうな感覚もなく・・・非常に信頼の置けるものであることが判明。

次回は本命についても、もっと大胆に魚の動作を規制することが可能になるのではないかと期待している。


~~~~~~~~


そんなこんなで終わった、意外と濃密な夜。

最初は電気屋なんてブッチして、鶴岡にイカの様子見に行こうかなんて思ってたけど・・・ロリイカを苛めて、食わずに返すのも申し訳ないし・・・日中災害のあった街で悠長に釣りしてるのもなんか気が引けた(個人としてよ)。

結果として、それが奏功し、本来なら釣れない時期にグッドサイズにめぐり合えたわけだが(爆)
今日の高反応だって、その災害の原因が少なからず作用しているだろうしね。
日照り続きにもたらされた恵みの雨・・・その恵みは何も、農作物に限ったものではないということ。

それを待っていた身としては・・・なんとしてもハズすわけにはいかなかったわけですよ・・・まさに決め撃ち・狙い撃ち!!成功すれば、これほど痛快なことはない。
ま、釣れたから言える事でもあるけども(苦笑)



さて、次なるめぐり合いはいつになるのであろうか・・・?


・・・あ、そういえば、今月のSalty!に、酒田のニセゲリラが1mmくらいですが写っていましたよ。
オヌマンの奥・・・よっく見なければ人であるかすら判別できない極小ですがね(笑)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ただいま一服中・・・
Category: その他  
やる気は起きても継続せず・・・


朝晩は涼しくなった・・・確かにそう感じるが・・・やはり日中は残暑の厳しさを痛感せざるを得ない。

夏の疲れってのは、秋口に出るもんだが・・・今年に限っては今から出てる感じで・・・朝起きる体力も気力もない。

かと言って、大河川のナイトゲームってのはなかなか億劫だし、雨が降らないもんで、玉砕覚悟で湾内に繰り出す気も起きない。


金曜の朝、最上川に行ってバイブ投げたら・・・こんなのが釣れた。
soge.jpg
こんなところで釣れるなんて思わなかった・・・しかもナチュラルカラーだし。

しばらくして、背後にエロいオーラを感じて振り返ると、エロ天狗ことCUTM@Nがいた(笑)
「どう?」
「釣れね~っすね~。」
なんて景気の悪い会話をしばらくして、今週の釣りは終わり(爆)

週末は仕事してたり、家族サービスだったりで釣りできず。
千葉に行くときに、夜はヒマなんじゃね~の?と買った2冊の小説を一気読み。

books.jpg
右の「東京島」は映画化されるらしい・・・。

でも、左の東野圭吾のヤツの方が個人的に好みだった(4時間で読んじゃった)。内容としては、推理小説の皮を被った恋愛小説だったけれど・・・心理描写の細やかさに完全にヤラれた・・・。
不倫願望がある方は読まないほうが無難かと(嘘爆)

あとは、買い物(主にネット)。
pugachevs cobra
多分日本一読みにくい名前のルアー(笑)「プガチョフコブラ」

REDの色の中で一番好きな、グラデイワシ・・・インサートプレート入りなんですよ・・・コレ。
シーバス用トップって買うのが初めてだけれど・・・こないだみたいにボイルしまくってるときに投げたら良さげだなと。
なかなかこのサイズのトップがなかったのと、新製品だったので思わずポチリと。
そしたら、発売日前に酒田の釣具店に並んでいたと(爆)


明日からも暑い予報。
もういいかげんうんざりだけれど・・・火曜の夜は仕事だから、明日の夜は竿出してみようかな。


イカもそろそろ気にはなるけれど・・・ロリイカいじめの行為は、結局シーズン後半に「劇スレ」として還って来るもんで・・・行くか行かないか葛藤中(笑)
いずれにせよ、9月中旬までは行っても記事にはしません・・・いろんな意味で。


そろそろ涼しい風を感じて釣りしたいですな~・・・


テーマ : 日記    ジャンル : 日記


大きな喜び、小さな雄叫び
Category: シーバス  
休みバネ溜めてた割には、小さい気がするんだが・・・


台風4号。

気象庁のサイトを見れば見るほど・・・酒田~秋田直撃コース。
さぞかし雨が降るだろう・・・さぞかし荒れるだろうと・・・万全の備えを整えて待っていた8月12日。

しかし・・・そこまで来ているはずの熱帯低気圧の親分さんは、たいした風も雨ももたらさない。
吹きっ返しはそれなりにあったものの、雨に関しては普通の雨の日とそんなに変わらん程度。
本当に今年の酒田は雨が少ない。

でも、外海は予想通り大荒れ・・・波は3mオーバー。
その点に関しては、予想通り。
夕食を取ってから、出撃を試みる。

ポイントへ向かう車の中で考える・・・釣り自体が2週間半ぶり。
千葉への缶詰出張、首のケガ・・・そして何よりこの猛暑。
費用対効果・・・いや、体力対釣果が悪すぎる状況と、横を向くことさえままならない首の不調が、目の前にある釣り場から自分を遠ざけていた。

しかし、そんな状況の中でも、猛暑が見せる一瞬の隙を常に狙ってはいた。
週間天気予報に現れては消える傘マークに一喜一憂しながら、復帰戦のタイミングを計っていたのだ。

そんな中、満を持して到来した台風4号・・・もはや台風でもなきゃ酒田には雨なんざ降らねぇんだよ的な状況の中・・・果たして雨は降った。
市街地にはほとんど降水はないものの、湾内には市内中の水分が最終的に流れ込むし、周辺の水田からも同様に泥水が流れ込むだろう。
期待に胸を躍らせて、車のドアを開ける。

~~~~~~~~

まずは湾内、しかも結構外洋に近い側へエントリー。
予想通りの水量と、西風に吹き上げられる表層水。

最初のポイントではバイトがなかったが・・・2箇所目はなんと大フィーバー。
暗部に陣取った魚が、明るいところを通る小魚を下から喰い上げるのがここのポイントの特徴なのだが・・・
今日は西風が強くて、下げのタイミングで流れと風が完全にがっぷり四つ状態。
かき乱された水面が格好の擦りガラスとなり、水中の魚の警戒心を取り除くのであろう・・・荒れれば荒れるほどボイルが頻発。
明暗の境のみならず、暗部でも関係なく下からガンガン食い上げている。
サイズは様々・・・チビスケから60クラスまで。
心の中でつぶやいた『60クラス』という言葉に胸躍る、結果を出してないダメゲリラ(苦笑)

なにしろ、投げたライン上でも関係なくボイルが起こるもんだから、ラインに衝撃が伝わってトキめくトキめく(爆)
ルアーはタックルハウスのM[ネオンブルー]・・・半月ほど前にここで見た、エンピツサヨリをイミテートしたつもり。
しかしコレに出たのはこんなの。
20100812-1.jpg
ルアーとそんなに変わらないじゃん・・・orz

ならばとばかりに今度は必殺の・・・スーサン。
最近なんとなく感じるのだが、このルアーがたまに他のインジェクションルアーを捲る理由・・・
多分それって、動きもそうだけど、素材。
プラスティックじゃないのがいいのかも・・・波動が違うのかな?

とにかくボイルが出る場所に投げる。
これまた一撃。
20100812-2.jpg
45cmのセイゴちゃん・・・キレイな魚体ですな。

しかしここで自分の立てた仮説が若干ながら崩されたのを感じる。
自分がココに来た理由は、3mの荒れで外海から入ってきたフレッシュ&無垢この上ない個体(っちゅーか群れ)。
でも、コイツ等は、ルアーを投げるたびにボイルが消えうせていき・・・確実にスレていく。
荒れで入ってきたヤツ等はそんなこと関係なく喰いまくるもんだ・・・だって、外海に比べてエサを獲るのがイージーな状況に狂喜乱舞して我を忘れているのだから。

ならば・・・場所移動。
一気に車を駆って奥へと。

~~~~~~~~~

降り立つポイント・・・驚愕の光景。
水面が、ベイトで埋め尽くされている。
『鬼のような』という表現は適切ではないが、気分的にそんな感じ(笑)

しかし、さっきのポイントと違って、ベイトの数があるのにボイルが全く出ない。
「まだ入ってきてないのかな・・・」諦め気味にキャストを繰り返す。

いつもの場所。
前に一工夫してフッコに口を使わせたポイントである。

しかし強烈な上げ下げの微振動。
特に下げが強烈過ぎて、ウェイビーがフォールしきれない。

ならばとばかりに投入した・・・新戦力。
PT-6.jpg
上がお馴染(笑)スミス・ウェイビー50S、下が新戦力・・・ジャクソン・ピンテールチューンPT-6

そんなん同じやろ!とお思いのあなた・・・甘いですね!!(失礼)
ウェイビーの自重は5cmで3gなのに対して・・・PT-6は5.5cmで・・・なんと倍の6g。
今年は雨が少ない割には水量が多く、流れが強烈なんで、その流れを貫通させた上で、下に居る魚に口を使わせられる・・・シルエットやアクションが似ていて、より重いルアーを探していたのだ。

前回と同じポイント・・・PT-6をキャストして、エッジギリギリに引いてきて・・・落とす。
重いからすぐに底に着く、見切られないようにロッドアクションで跳ね上げた瞬間にバイト。
しかし乗らなかった・・・感触的に50くらい。

同じような場所を撃っていくが、ゴミが酷くて攻めきれない。
ここでふと考える・・・なぜ魚がいないのか?

雨が足りてない?
いや、そんなはずはない・・・目の前には滔々と水が流れている。
その水は茶色に濁り、急な雨が流れ込んだことを示している。

ベイトも申し分ない・・・っていうか、ボイルがないのがおかしいくらいの魚のストック。
ここに魚がいないなんて嘘だ。
じゃ、何で喰わない?

・・・もしかして・・・

・・・喰いたくても喰えないのか?

考えられる理由は一つ。
ベイトが鬼のように(爆)溜まっている常夜灯下は、基本的にオープンで、逃げ場所が四方八方にある。
群れで追い込めるならばまだしも、そんな大隊はここに届いていないようだ。
それに何より・・・急な濁りでシーバスは視覚を奪われている。
そんな状況で常夜灯の光を透かして見え隠れするベイトに突っ込んでも、この上なく効率が悪い。

こないだまでのオレじゃないけど、体力対釣果が悪すぎる。
彼等にとって捕食は生きるための行為・・・少しのエサを食べるために大汗かいていたんじゃあ、その個体はいつか死ぬ。
野生の魚はきっと、あのアメリカ人以上に合理的なはず(笑)

なら・・・やっぱりここはなんといってもストラクチャーなのだ。
強い流れが当たり、なおかつ自分が身を隠しつつ・・・上流から流れてくる弱ったベイトを捕食できる場所。
しかもなるべく水は澄んでいるほうがいい。
本流より澄んだ水が流れ込む・・・そんな場所。

果たしてその場所はすぐ近くにあった。
ここは水深もあって、魚が隠れそうな場所が満載。
流れが強い事もあって、迷わずPT-6を選択。
流れが複雑に干渉するポイント・・・その中で一番魚が付きそうな『ベタ』なポイントを、PT-6の重さを利してしっかりと丁寧に攻める。

上流からの流れと、流れ込みの流れ・・・その2方向の魚を同時に狙える場所は・・・はっきり言ってほぼ自分の足下。
少し底を切って引いてきたルアーを、ここぞと言う場所で・・・思いっきりフォールさせる。
そろそろ着底というその瞬間・・・

「ゴ・・・ッグン!」

反転バイトの衝撃が、数mの距離で右手に伝わる。
小さく、鋭く手首を返してアワセを入れると、同時にドラグがジィィッと鳴る・・・60UPは確定である。

何べん味わっても、接近戦でのバイトの衝撃はやめられない。
フルキャストで伝わる衝撃とは全然違う・・・間違いなく脳内麻薬に近いものが分泌してるような気がする(笑)

一気に走る魚・・・前回のバラシの経験を糧に、すぐにドラグは緩める・・・が!なんとヤツはストラクチャーの奥へと走り始める。
「そっち行っちゃダメ!」マジで子供のような小さな叫び声を上げて、スプールを抑えてヤツを引きずり出す。
オープンへと誘導し、5分くらいかけてゆっくり体力を奪い、ランディング。

上がってきたのは、銀色に輝くフレッシュな魚体だった。
20100812-3.jpg
写真がイマイチですが、73cm・2.9kgのナイスシーバス!なぜかダイワのフィッシングメジャーが見当たらないんですが・・・マチガイナイデス(苦笑)

いや~・・・嬉しかった。
しばらく釣りから遠ざかってたのもあって、喜びもひとしお。
思わずその場で「ヨッシャ!」と小さく叫んでしまったくらいで(苦笑)

千葉で東京湾見ながら、釣り運溜めてたわりには大したことないサイズなんだけどね(汗)
そこは、ダメゲリラクオリティってことで(笑)

とにかく、復帰戦のタイミングを台風通過後の夜に定めたのは正解だった。
秋に向けて、いいリハビリになったかな。


一夜明けて今日は、雨なんか降りそうもないいい天気。
またしばらく湾内はお休みかな~。


しかし雨降らんな~・・・次に雨降るのはいつなんですかね~(もはや週間予報は信用してません(笑))


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


リハビリとケガと発熱と衝動買いと
Category: その他  
痛いっすね~(涙)


土曜日朝。

7日間の軟禁生活から解放され、日常生活へのリハビリの開始である。
仕事の奥様を布団の上から送り出し(笑)、娘が起き出すまで朝寝。
9時で布団から這い出すと、娘に朝ごはんを食べさせる。

しばらくすると、首に感じる違和感。
程なく、後ろを振り向けなくなってしまう。
「寝違えたか・・・やっぱり疲れてたんだな・・・」
その時はそう結論付けたけれど、夜を迎える頃には尋常で無い痛みが首を締め付ける。

その時初めて、これが「ケガ」であることに気づく。
原因は・・・研修の帰りに持った重い荷物。
5日間分の着替えと書類と、土産・・・その他諸々が詰まったデカイかばんを、肩から提げたままで、東京駅の中を徘徊した。
これで頚椎がズレちゃったんだろうね~・・・月曜夕方はカイロプラクティッック決定だな(苦笑)

~~~~~~~~

土曜日の夜。

この日は酒田の花火。
娘も楽しみにしていたし、自分も娘の喜ぶ顔がみたかった。

しかし、夕方になって娘が急な発熱。
あえなく自宅からの花火鑑賞と相成った。
まあ、ウチからも十分見えるしね・・・何よりエアコンが効いているし、虫居ないし(笑)
意外と楽しい花火鑑賞となった。
そして何よりよかったのは、娘の熱が一晩で下がったこと。

~~~~~~~~

日曜日。

今日は帰省した妹に、赤川の花火に誘われたが丁重に断って(笑)、我が家でささやかに昨日のリベンジ。
娘に火傷させないように、気遣っていたら花火なんて一瞬でなくなってしまった。

時は遡って昼。
昼食後に走っていたR7。
以前にコンビニだった場所になぜか・・・釣具屋がオープンしていた(笑)
この不況、1年に2件も釣具屋がオープンするなんて・・・さすが湊酒田と言ったところか。

取って返して入店してみる。
ルアーからエサまで・・・国籍不明の怪しい(笑)店だったが・・・ルアーの品揃えはまあまあ。
imaにスカジット・・・DUOなんかも結構置いてあった。
モノのジャンルも意外と豊富で、ライジャケにレインウェア、ウェーダーにキャップ。

・・・そしてコレを見つけた。
PSL-globe1.jpg
PSL MESH5 FINGERRESS GLOVE

欲しかったんだよね~コレ。
前からネットショップとかを巡回してたんだけど、ちょっと逡巡してる間に全部売り切れちまった。

夏の間はグローブなんて・・・と思っていたけれど、特にこれからのエギングシーズン、磯渡りが増える季節。
急峻な岩を登るとき、意外に手を突くことが多いもの。
突いてみるとわかることだけれど・・・人間の掌の堅さじゃあ、ギザギザした岩から伝わる衝撃を吸収しきれないこともある。
マジで痛い。

それにやっぱり保護している部分は多い方がいいものだ・・・魚にかかっていたフックがコッチに飛んで来ることだってあるんだから。

PSL-globe2.jpgPSL-globe3.jpg
なぜかこの色しか売ってなかったんで、これになっちゃったけど・・・こりゃ完全にオヌマコスプレだな(笑)

そのほかにもここら辺じゃあまり売ってなかったワームをゲットして、意気揚々と家に帰った。

~~~~~~~~

そんなこんなで終わった日常生活リハビリの週末。
やっぱり家族と一緒の生活はいいもんですね。
わがままぶりに怒りながらも、やっぱり娘は可愛いもんです(笑)

明日からはまた仕事・・・っていうか、溜まりまくってるであろう通常業務をなんとかしないと。

釣りは、首のケガが治らん事には・・・無理ですね。
まあ、これだけ暑けりゃ・・・タイミングが合わなきゃ釣れないだろうし。


しかし首痛ぇなぁ・・・トシはとりたくないもんだ(苦笑)


テーマ : 日記    ジャンル : 日記


鳥かごからの帰還
Category: その他  
ゼミ合宿よりキツかったって・・・ホント(汗)


マヂで行ってきました千葉県研修。

系列会社の社員が一堂に会し、企業法務と言う名の本来ならば時間をかけて学ぶべき学問を、たった4日間という短い時間で詰め込むっちゅー・・・ムチャな企画である(爆)

月曜は移動日、火曜から金曜の午前中いっぱいまで・・・ガッチリ講義と・・・演習。
当然、5時までに全てが終わるわけも無く・・・滅多に残業もしない男が毎日19時半までがっちり演習問題の討議。

同じ班に配属された23歳~40代の係長クラスまでのメンバーと、朝から晩まで顔を突き合わせて導き出した答えは・・・残念ながらハズレ。
でも、結果が問題なんではなく、間違ってもその過程を頭に叩き込めればOKなんで、みんなで苦笑いしながらも「まあ、最初から当たってしまうより、身になるよね」と負け惜しみを言って、演習を終えた。

ま、あたりまえの事だが・・・課題が済んでからの酒の美味い事。
その日は飲みに飲んだ。
特に同年代の兄さんと交わしたエロトークの中身の濃い事(爆)
若手が完全に引いてたのが逆に笑えた。

~~~~~~~~

そして今日、別れの日。
名刺は交換していたけれど・・・どうしてもメルアドの交換までは言い出せなかったシャイなボク(笑)
でも、若手のアンチャンが「せっかくなんで・・・」と携帯を取り出したのをきっかけに、その場に居た4人はメルアドを交換することが出来た。

程なく迎えのバスが到着する。
寮の自動ドアが開き、肌が外気に触れる・・・実に4日ぶりのこと。
空調の効いた空間にいた体に、関東のネットリとした熱気が絡みつく。
汗腺が汗をかくことを思い出した時、バスは駅に着いた。

照りつける太陽の下、握手をしてそれぞれの帰路へとつく。
胸に去来するのは・・・やはり惜別の思い。

北は東北から南は九州・・・我々○班9人が全員揃う事は二度とないだろう。
でも、ここ数年で一番暑い夏の・・・おそらく一番暑かった期間、空調が効いているはずなのにベットリ額に張り付く嫌な汗を拭きながら一緒に学び、盃を傾け語り合った思い出は、一生消える事はないと思う。

ここに来るまでは・・・正直イヤだった、この研修。
家族と離れる事、仕事が溜まること、理由はいろいろあったけれど・・・終わって見ればいやいやどうして・・・楽しいものだったなと思えた。
自分の次に、研修に向かう後輩が居たら、こう言って送り出してやろうと・・・ふと思った。

「研修内容なんて”きっかけ”なんだから大体でいい・・・同じ仕事してる全国の人たちと触れ合う事・・・絆を作る事の方が100倍大事なんだからな。」

・・・ま、前半は、成果を残せなかった自分に対する言い訳でもあるわけだが(爆)

~~~~~~~~~

楽しかった時間の砂時計ほど、引力に引かれて早くなくなり、
楽しかった思い出のアルバムほど、寂しさと言う名のポートレートへと姿を変える。

飛び乗った15時の新幹線。
4年を過ごした新潟の地を通り抜けていると・・・さっき別れた人たちと、大学んときの仲間のビジョンがダブる。
大学ん時に好きだった女の子に無性に会いたくなったりしちゃったりして・・・(苦笑)
夕闇に染まる越後平野の中・・・そんな気分に浸っていると、『とき』は新潟駅に滑り込む。

『いなほ』に乗り換えて、眺める車窓。
さっき別れた仲間の一人にメールを送って、返信があったそのとき・・・風景がガラリと変わる。

ドイツ人が抱きがちなメランコリックな気持ちを、より日本人らしい「郷愁」という感情に変え、なおかつ我が人生最大最高の趣味への渇望を呼び起こしたこの風景。
japansea.jpg
愛すべき母なる日本海・・・オレは帰ってきたぞ(大げさだっちゅーねん(爆))


座長をはじめ、○班のみなさん・・・今回は本当にお世話になりましたm(__)m
東北人にしちゃあ、高めのテンションで若干引かれたことと思いますが(笑)、みなさんに出会えて自分は本当に楽しかったですよ!


また、どこかでお会いしましたら、その時は一献やりましょう!!・・・っていうか酒田に来てよ(核爆)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


兵器
Category: その他  
かたや伝説上の兵器・・・かたや・・・


20100801.jpg
こんな臭い魚しか釣っていないつらい日常をすり抜け・・・今日は家族で港へ。

目指す古湊埠頭には、ねずみ色の巨大な船影。
この国を外国の脅威から守る、大いなる力。
chokai1.jpg
海上自衛隊こんごう級護衛艦『ちょうかい』

空母を持たないこの国において、専守防衛というお題目に一番合っているのがこのイージス艦なのではないだろうか。

艦橋の左右に展開した白い8角形の鉄の板・・・これがイージスシステムの根幹であるレーダー。
イージス=「AEGIS」・・・ギリシャ神話でアテナが持っている最強の盾『アイギスの鏡』が、このシステムの語源である事はご存知であろうか?
全ての邪悪を跳ね返す、万能の破魔の盾。
この艦の持つ航空管制システムは同時に数百の敵と交戦可能なんだそうで・・・そんな頼もしくも恐ろしい技術に、神話のアイテムを重ねるあたりがアメリカ人らしいというかなんと言うか・・・

ま、今日は娘を連れての見学であるが・・・暑さにダレ気味の女性陣をほっといて、オヤジは子供に帰って「かっこいい~」を連発してみました(爆)

chokai3.jpg
ファランクス・・・自衛隊ではそう呼ばないらしいけど・・・自動照準のバルカン砲・・・鉄の塊が一瞬で蜂の巣に。

chokai2.jpg
後部甲板VLS(垂直発射装置)・・・「沈黙の艦隊」ファンならピクリと来ますよね(笑)

そんなこんなでお父さんは十分楽しんで帰ってきました(爆)


家に帰ったら、今度はこんなブツが・・・
barbarossa.jpg
ima Barbarossa【バルバロッサ】・・・REDが作ったシンキングペンシルである。

何が気に入ったって、このデカさと重さ。
ヒラスズキ用みたいだけど・・・最上川で使ってみたいな~と。
あと、晩秋のサーフでもよさげですよね。

バルバロッサって、赤ひげって意味らしいけど・・・ナチスドイツの作戦名でもあるみたい。
REDが何を意図したかはわからんけど、ヤツって軍モノ好きそう。
パッケージもモロ、そんな感じだし。

このルアー・・・普通にS字系スラロームみたいな動きみたいなんだけど、実はテンションフォールがキモらしい。
ウェイトもエギみたいな所に付いているし・・・早くフィールドで試してみたいんだけど・・・

・・・実はそれが叶わないんである。

~~~~~~~~

明日から、千葉県に行きます。

出張です・・・しかも金曜日までビッシリ。

日本屈指のメジャースポット東京湾が目の前ですけど・・・さすがに仕事にロッドケースもって行くわけにもいかず・・・そう、生殺しっす。

そんなこんなで、ブログは1週間留守にします(携帯で更新するなんてめんどくさくて)。

もともと魚も釣ってないし、UPも滞りがちだったんであまり変化はありませんが(苦笑)


・・・ってことで、みなさま・・・しばしのお別れでございます。



あ~・・・早く帰ってきて釣りしたいな~!!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。