出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉛の錬金術師
Category: タックル  
鋼・・・じゃありませんよ・・・あくまで鉛・・・ナマレン(爆)


昨日のサーフゲームでハマった、メタルジグを使ったシーバスフィッシング。
以前は鉛のカタマリをブン投げてグリグリ巻いて何が面白いんだろう・・・趣の感じられない釣りだなぁ・・・と食わず嫌いをしていた。

しかし、昨日・・・特に40gのジグのド遠投からのフォーリングで魚にバイトされたときは・・・正直まいった・・・なんつーか、初めての感覚にビビッときた。
間違いなく、ミノーには無い感覚・・・シンキングミノーだってあんな感覚じゃないはず。

重い鉛のカタマリだからこそ、ルアーのフォーリングスピードもリトリーブスピードも速くなる。
プラスあの一口サイズ・・・スズキのデカイ口ならひと飲みしてすぐ反転。
これがあの・・・『ドン!』って衝撃的バイトを演出するのだろう。

ただの鉛のカタマリに命を吹き込んで・・・命あるものを騙して・・・獲る。
なんか、クリエイティブだなと・・・だから・・・『鉛の錬金術師』・・・・・安直か(苦笑)

~~~~~~~~

今日も、釣具屋へ。
常連席には常連中の常連達(笑)が陣取って、昨日の爆釣劇を語り合っている。
めずらしく(爆)全員が、メタルジグを購入していた。
店のメタルジグも、ファントムやスティンガーバタフライ、P-BOYなどの売れ線はかなり品薄になっていた。

・・・そりゃそうだ。
あんなに釣れたんだもん・・・浜から近い釣具屋のジグは大売れに決まってる。

かく言う自分も、昨日取り逃がした魚の幻影に躍らされて(苦笑)ナチュラルカラーのジグ・・・
PB300001.jpg
ファントムⅡ40gのカタクチと、スティンガーのブルーバックを買い足した。

家に帰って『ジグ作り』・・・これがまた楽しい。
自分好みのジグに、自分好みのフックとアシストを組んで、ジグを作る。
なんかプラモ感覚でワクワクする。

PB300006.jpg
程なく完成・・・アレ?なんだ?左下の見慣れないジグは?

・・・実はこれ、店主にもらったもの。
なんかもの凄く昔にラインナップされてた爆釣ジグらしい。
PB300002.jpg
・・・・・・『ランカーズ・クラブ』・・・・・・”ゾウラー”・・・・・・

・・・・・・・・・え~・・・明らかに昭和のネーミングセンス(核爆)

でも、これ・・・意外と面白いカタチしてる。
フロントにはカップが彫ってあって、表層速引きでポッピングもできるし・・・なんか、ハタハタに似てると思いませんか?

店主によれば、泳ぎは秀逸だとのことで、次に浜で使うのが楽しみになった。
・・・・・・もはや売ってないので、サワラに持っていかれないようにしないと。

・・・しかし、手持ちのジグも増えたもんだ。
PB300007.jpg


基本的に自分はライジャケの中にimaのルアーケース1コしか入れないので、ジグもミノーの端っこに多くて4個くらいしか入れてなかった・・・重いしね(笑)

でも昨日・・・カラーと泳ぎのローテの重要さを痛感して、もう少し持ち歩かないとと思い直した。
普通のルアーケースじゃあ、中でジグが暴れてフックポイントやられそうだし・・・なんかいい収納方法ないもんだろうか・・・?


みなさんはどうしてます?・・・・・・とあてもなく問いかけてみる(爆)


スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


fifty fifty fifty・・・・・・
Category: シーバス  
めざせ砂王!!


どうでもいいことですが・・・昨日の腹痛の原因が判明した・・・気がします。
金曜の出張・・・昼食に出た『釜めし』。
別にどこも腐ってなんかなくて、非常に美味しかったんだけども・・・ただ一つ問題が。

『牡蠣』が入っていたのだ。
7~8年前、一度”大当たり”してから、一切喰えなくなった。
しかし、金曜はちゃんと蒸してあるし大丈夫だろ・・・と食べたのだ。

断定できないが、多分これがアタッたのではないかと。
もう二度と喰わん!

~~~~~~~~


そんな感じで、今朝も腹痛に怯えながら、腹と腰・・・両面をカイロで挟みながらサーフへ出撃。

いつものサーフ・・・駐車場に並ぶ20台以上の車・・・車・・・車。
一瞬帰ろうかとも思ったが、思い直して別のサーフへ。
実はココ、初めて来る場所。
多分有名サーフに比べて人は少ないだろうと踏んでのチョイス。
着いてみると、やはり車は少ない。

準備をして降り立つ、広大なサーフ。
PB290005.jpg
美しいフィールドですね・・・

ここは遠浅なことこの上ない。
少しでもいい流れを見つけるべく、ランガンを開始。
まずは様子見で、ミノーから。

遠浅の海岸の中で、水没している岬状のポイントを見つけて、そこに膝くらいまでウェーディング。
チョイスしたのはTIDE MINNOW slim 175 FLYER。
ここ最近のサーフ行脚で、自分のお気に入りリストに食い込んだビッグミノー。
名前の通りぶっ飛びだし、シンキングでヒラメも狙えるし・・・何より引き心地がとても良い。

前方20~30mのブレイクにあたって盛り上がる1mの波の向こうへ大遠投。
底に擦らないように気をつけてリトリーブすると・・・
「ゴン」
早速のバイト。
まったくエラ洗いしないんで、ソゲかと思ったが・・・上がってきたのはこの魚体。
20091129-1.jpg
えーと・・・投げてるの175だよね?ってカンジの50cm。

しかしサーフの魚はこのクラスでも良く引く。
明らかに60UPの引きだった(流れもあるだろうけど)

この後、ミノーではバイト無く、さらに移動。
ここで、本日最大の離岸流を発見・・・も既に先行者。
よって、少しずらしたポイントで、メタルジグを投げ始める。
チョイスしたのは・・・コレ。
PB290008.jpg
SHIMANO OCEA Stinger Butterfly (グリーンゴールド・40g)

メタルジグとしては破格の1,260円であるが、それに見合った飛距離と、引き抵抗を備える秀逸なキャスティングジグである。

追い風に乗せて・・・フルキャスト!
余裕で80mはぶっ飛ばせる爽快感を味わっていると、フォーリング中に・・・

「ゴン」

マ・ジ・デ・ス・カ?
サーフで感じた違和感は、兎にも角にも・・・とりあえずパワーフッキング。
これが昨年のバラシから得た教訓。
思いっきり上に煽ったZele93が、青空に美しい弧を描く。

80m・・・それってもの凄い距離。
とりあえずフックを貫通させるために、そこから思いっきり後ろに走りアワセ。
こうでもしないと、離岸流や波など、ラインをフケさせる要素が満載のサーフではバレに繋がる。
そこから始まるもの凄い綱引き。
とにかく・・・距離が長いし、離岸流でカケてるもんだから、その力が凄くてなかなか寄せられず。
しかし、距離が近づくごとに魚体の軽さがわかってくる。

上がってきたのはやっぱり・・・
20091129-2.jpg
判で押したように50cm。

ここで、また移動。
さらに別の離岸流を見つけてキャストすると・・・またも80m先のフォールで・・・

『ドン』

今度のはさらに凄い重さ・・・間違いなく60UPの引きである。
走り合わせの後にポンピングでパワーファイト。
全く浮いてこない・・・こりゃイッたか?
慎重になる波打ち際のファイト・・・寄せ波に乗せてズリ上げたのは・・・
20091129-3.jpg
オイ!何やねん!また50かい!!

コイツは、テールフックが唇に掛かり、アシストフックがエラより少し下に掛かっていたので、擬似スレ状態となり、常にラインと反対方向に走ったので重かったと・・・そう言うわけですね(汗)

ここで、またさっきの巨大離岸流に戻ると、先行者2名の内一人が帰るところだった。
なんと70UPを5本もぶら下げて重そうに歩いている。
また、もう一人の先行者も、60~70を10本以上砂浜につみ重ねているではないか!

自分も離岸流にエントリーして、またもやスティンガーバタフライをド遠投。
自分から向かって左ナナメ方向に伸びる離岸流・・・当然そちらの方角には先行者のラインがあるために投げられない。
よって自分より少し右側に投げて、下げ潮に乗せて引いてきつつ、離岸流の一部に乗せてU字を描くイメージ。
その一投目・・・思い通りのラインで引いてきたジグが・・・

『・・・ッドン』

と強制静止。
さっきと同じくらいの重さと、鳴くドラグ。
こんどこそはっ!
・・・の期待もむなしく・・・
20091129-4.jpg
またですかい・・・orz(でもコイツはプリプリの銀ピカ・・・多分これが大きくなると”ハタハタスズキ”になるんでしょうな・・・)

しかし・・・隣の人はオレがこんなんに四苦八苦してる間も60クラスを爆釣している。
一体何が違うんだろう・・・いろいろジグをローテーションするも、アタるのはスティンガーのみ。
そこでハタと気がついた。

「飛距離と泳ぎはスティンガーで間違いないんだったら・・・やっぱカラーじゃね?」
そう思ってまさぐるルアーボックスに・・・それはなかった。

10時を回り・・・ストップフィッシング。
今日は日曜・・・奥様に頼んで釣りさせてもらっているのだから・・・調子に乗ってはいけない。
家に帰るまえに、いつもの釣具屋へ。

予想通り、寄せられている釣果。
だいたいここら辺一帯でまんべんなく釣れたようだった。
そして、予想通りの店主の一言。

「今日はナチュラルカラーに大きいのが来たみたい。」

・・・・・・やっぱり・・・・・・orz

家に帰って、ルアーの乾燥スペースに目をやる。
PB290010.jpg
ああ・・・やっぱり忘れてた・・・スティンガーバタフライのブルピン。

これがあれば・・・あるいは。
・・・まあ、タラレバでしょう。

~~~~~~~~

しかし、思ったのはサーフって実力差が如実に現れる、残酷なフィールドだなと。
あんなに広い(全長数km)サーフで、シーバス釣ってたのは自分が見た感じで4~5人。
恐らく一番多い時で20名はいただろうが・・・

離岸流や、沖のブレイクなどの地形を見極める力。
魚が居るであろうポイントまでルアーをプレゼンテーションするキャスティング能力(プラスそれなりのタックル)。
そして、違和感を魚信に変えて、掛けた魚をバラさずにランディングする技術。

それらが全部揃ってないと、今日のサーフでもボーズはあたりまえ。
実際、釣具屋にも「釣れない」とションボリしている人が。

そんなハナシを聞きながら、思い出したことが一つ。
ウチの釣具屋の大将が言っていた面白い言葉。

「海王」「砂王」「川王」

言う間でもなく、外海やサーフ、河川など・・・シーバスのいるフィールドのことであり、そのフィールドでの釣りを得意とするアングラーを○王と呼称する。
店主は川王だそうだ・・・店の立地的に常連には砂王が多い。

じゃあ、自分は?
そう考えた時に口を着いて出た言葉・・・「じゃあオレはマ王だの。」

店主は「あ~!んだの!間違いない!!マチャキ君はマ王だの!」と言って爆笑していた。

”マ”とは”間”・・・湾内の俗称である。
狭い湾内でのドブスズキ釣りは、隊長直伝のスタイルであり、自分の最も得意とする所でもあるが、釣れる時期が短く、釣った魚が喰えないという欠点もある。

だから、自分は昨年から川と浜の釣りに取り組んで、魚に出会える機会を増やす事にした。
今年一年取り組んでみて、自分が今一番惹かれる釣りが何なのかわかってきた。

・・・それはサーフゲーム。

どこまでやっても魚の居場所がわからないあの果てしなさ・・・そしてつらい浜歩き。
しかし、それに見合うだけの強烈な爆発力をこのフィールドは秘めている・・・今日はそれを実感した。

目指すは・・・砂王。
サーフでデカイのが釣れるシーバスマンに、自分はなりたい。


サーフでのランカーゲット・・・去年獲れなかったハタハタスズキを獲って・・・今シーズンを締めくくりたいものである。



いやしかし・・・今日は楽しかった・・・心から楽しかった!サイズはまた別の機会でいいや!!




P.S 帰りに寄った湾内・・・こんなモノが見れました。
kurumadome.jpg
南突堤・・・何人居るんだよ!(爆) さすが絶好の釣り日和。

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


お腹を冷やしちゃいけません!
Category: シーバス  
久しぶりにトイレで叫びましたね・・・


昨日の釣果に気を良くしたゲリラは、今日もいつものサーフへ。
昨日のポイントには先行者・・・とりあえず隣のシャローに陣取ってキャストする。

ようやく開いた・・・その時、下腹部に感じる違和感。
ぶっちゃけ便意をもよおした(失礼)

しかし、そこから車までは数百メートル。
釣りを切り上げて、サーフを歩く。

折からの北風が真正面から吹きつけ、痛む腹を更に冷やす。
ようやく車にたどり着いて、直近のコンビニへ行き、用を足す。

その時点で、戦意喪失。
家へ一時帰宅する。
しかし・・・さらに痛み続ける腹。
トイレから出られない状態になってしまい、あまりの痛みに誰もいないトイレでうめき声を上げる始末。

実は今日、一緒に来る事になっていたgajinさんに少し休ませて欲しい旨を伝えて、そのまま横になる。
2時間程経つと、少し楽になって起き上がれるようになったが、時刻は11時を過ぎ、gajinさんも過酷な状況に見切りをつけたとの連絡が。
残念ながら、一緒の釣行は叶わなかった(G師匠ごめんなさいm(__)m)

夕方になってようやく起き上がり、釣具屋へ。
今日はやはり、強い北風に苦戦した人が多かった模様。
明日はどうなのか?

さて・・・腹の方は今も少し調子が悪い。
明らかに冷やしてしまった今回の失敗。
これから更に冷え込む季節・・・前面の腹と背面の腰・・・双方を護るには・・・ネオプレーンウェーダーでも買おうか・・・マジでそう考えている。

しかし痛かった・・・↓
トイレでうめいているときに・・・母親から口すっぱく言われた言葉が頭をよぎりましたよ・・・

『お腹を冷やすと・・・イタイイタイになるよ!』

みなさんもご注意を・・・

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


one more time one more chance・・・
Category: シーバス  
いつでも探しているよ・・・


昨日・・・木曜日。
実は午後から休みを取った。
インフルエンザ騒ぎ以来ずっと続いていた忙しさ・・・そのガス抜きの意味もこめて。

まずはCUTHOUSE CUTM@N(存在しません爆)にて、伸びに伸びた髪を切りつつ、釣り談義(ホントはこっちが目的)。
外では天気予報にはない雨が降り続いている。
髪切り終わったらチョイとサーフにでも・・・なんてモチベーションがどんどん下がっていくのを感じる。

しかし、顔剃りも終わって外を見渡すと、晴れ渡る空。
行くことを決心する。

本当は、いつものサーフとは別のサーフの探検でもしようと思っていたが・・・時間のなさが不安となり、やはり通いなれたホームグラウンドに自然と足が向かう。

エントリーしたサーフは、0.5mという割には意外といい感じの波気。
しかも、なんかわからんけど魚がライズしてる。
結局この日はバイトすらなかったが、このライズ目撃が伏線となったのは間違いない。

そして昨日は娘の誕生日でもあった。
昨年の記憶では・・・たしかその次の日に釣れたはず。
夜、実家で娘の誕生会をしながら、漠然と考えていた。


~~~~~~~~


明けて、今日・・・11月27日。

目覚ましが4時30分で音を立てる。
ちょいとウダウダしながらも、着替えて車に飛び乗り、昨日のサーフへ。

準備をして波打ち際へ。
波気は必要最低限はあるようだ・・・既に月が沈んだ真っ暗な海に、砕け散る白い波頭だけが浮かび上がる。

これまでの経験と・・・そして何より昨日の下見が活きる。
『だいたいここら辺だろう・・・』そんな感じで離岸流にルアーを投げ込む。

・・・・・・しかし浅い・・・浅すぎる。

サラシがまとまって沖へと払い出す離岸流は、ことごとく強度不足・・・潮位不足で深さが出ない。
HALUCAを使って底に着かないように注意深く攻めるもノーバイト。
ならばと、波が立つポイントの向こう側・・・つまり沖のブレイクをジグの遠投で打つも・・・これまたノーバイト。

・・・・・・ここまで、昨日と全く同じ展開。

そこで、考えていたプランを実行に移す。
波が立ってサラシが出るポイント・・・つまり沖からブレイクを経由して浅くなっているシャローで喰う活性は今日の魚にはないのではないか?

シャローの”台地”と”台地”の間に存在する波が立たないポイント・・・深場。
決して離岸流で彫れたわけではない・・・スリットと呼ぶには、この深場の幅は広すぎる。
どっちかっていうと、台地に押し寄せた海水が、そのエッジから大量に零れ落ちて結果として沖へ払いだされる・・・そんな感覚を昨日の夕方に得た有視界情報から抱いていた。

明るくなって、そのポイントの水流が克明にわかってくる。
やはり、シャローの離岸流とは比べ物にならないくらい明確で強い流れが存在した。
証拠に、馬の背状に三角波が沖へと続いている。

・・・では、なぜ深場なのか?
活性が低い魚がいるのは・・・シャローではなくディープ。
沖の深場でも反応がなかったが、流れのはっきりしているこの”谷”なら、あるいは。

ミノーをチェンジ。
結んだのは、TIEMCO sprat-130・・・カラーはチャート/ホログラム・・・今日のルアーボックスの中で唯一のアピールカラー。
PB270012.jpg
色はそれほど意識せず・・・レンジを下げたかったというのが一番。

数投目・・・底ではない「コツン」というアタリ。
「?」
ハテナマークが頭から消えないうちに、とりあえず誘いのトゥイッチを入れる。
直後に「ゴン」というバイト。

20091127soge.jpg
簡単に上がってきたのは40弱のソゲ。

写真を撮ってリリースすると、左隣のアングラーにもヒラメがバイト。
右隣にはサワラがヒットした。

しばらくすると遠のくバイト。
ルアーをHANCOCKにチェンジし、またもやシャローのサラシ撃ちをするが・・・やはりバイトはない。
タイムアップまであと10分と迫った6:20・・・ポイントもルアーもさっきと同じに戻す。

『やはり今日は深いところでしょ・・・』心の中でつぶやいて、ルアーを遠投。
いつになく決まったキャスト。
スプラットは沖目の三角波が消えるくらいのポイントに着水した。

向かって左側にドッグレッグしながら流れている離岸流・・・それに押されて左にズレながら泳いでくるスプラットが一瞬、左側のシャローのエッジに当たる。
反射的に竿を右側に倒してディープ側に引き戻したスプラット・・・フラリとずれた泳ぎの軌道にたまらずソイツは噛み付いた。

『ゴグン!』

バイト&首振り・・・そして何よりその重さ・・・シーバス確定(^^)v

反射的に身体を捻りつつ、巻き合わせ。
続いてロッドを立てると・・・Zeleのロッドパワーが自然にヤツを水面まで浮かせてしまう。
これで大したことないサイズなのはわかってしまったが、直後のエラ洗いでまたも喜びがこみ上げる。

大した抵抗も無く、波打ち際のファーストブレイクまで寄せる事に成功するが・・・ここからが大変なのがサーフの鱸釣り。
ヤツは最後の抵抗で、ブレイクのエッジに張り付く。
ここで、ムリに上方向に引けば、浮力を失った身体の重さがフックを伸ばし・・・バラシに繋がる。
ロッドテンションを保ちつつ、魚との距離を詰める。
エラ洗いが2回・・・その後に打ち寄せた波に乗せて・・・ランディング成功!!

20091127.jpg
71cm・2・5kgとスリムながら・・・実に1ヶ月ぶりのシーバス・・・そして、1年ぶりのサーフシーバス・・・感無量である。

思えば・・・昨年この場所で83cmを釣ったのも、11月27日・・・娘の誕生日の翌日だった。
潮周りは全然違う(去年:大潮、今年:若潮)けど、ベイトっ気があり、沖の漁船もかなり近くまで寄っていて・・・とにかく釣れそうだという雰囲気は酷似していた。

何かよくわからんけど・・・何にせよ釣れてよかった(汗)


~~~~~~~~


その後、実家にシーバスを置いて、新潟県村上市へ出発。
出張先の旅館から写した・・・瀬波のサーフ。
senami.jpg
山形より全然静かで・・・こりゃいくらなんでもムリ的なカンジだった。

家に帰って食べる鱸の刺身と切り身のムニエル・・・
ぶっちゃけ、去年の83の倍は美味かった!
やっぱり食べ頃サイズってあるんすね~。


しかし・・・今日は波も静かで人でも少なかったけど・・・やっぱり見るべきは波よりベイトなんだよね~と実感した。
昨日の下見と今日の実技・・・外海苦手な自分にしちゃ、なかなかのコンボだったかなと。
それに何より・・・人が釣れない時にまた釣ったしね~(爆)

ちょいとサイズは小さいが・・・今日は mission complete!


いや~やっぱりサーフのスズキ釣りは最高ですね!明日もイクぞ~!!


タイミング
Category: シーバス  
歯車・・・未だかみ合わず。


月曜の朝連で、完全に火がついたサーフゲーム熱。

やっぱり億劫ですよ・・・だってあの寒さ、暗さ、そして気味悪さ。
7時まで暖かい布団で寝ている方がはるかに楽・・・アラフォーの身体に火を着けるのはなかなか容易でない。

でも、月曜に感じたサーフゲームの奥深さ、果てしなさ・・・そしてフィールドから放たれる得体の知れない存在感。
その感覚は、一度で自分の身体に火をつけた。

今朝・・・2日連続でサーフへ。
時刻は4:30AM・・・すでに車が3台・・・やはりここは激戦区である。
降り立った波打ち際は真っ暗・・・波の押し寄せる「ざーん・・・ざーん・・・」という音が恐怖感さえ呼び起こす。

前回の記憶を頼りに、離岸流があるであろう場所を撃っていく。
・・・やはり浅い。
浅かろうが魚はいるのだろうが・・・ルアーが底に着くのはいただけない。
ルアーをチェンジしながら、スリットを探していくが・・・ノーバイト。

薄明から完全なる日の出へ・・・周りの景色とアングラーたちが目に入るが・・・10名弱のアングラーで魚を上げた人間は皆無。
自分に関してはアタリひとつないまま、タイムリミットの6:30を迎えてしまった。
PB240001.jpg


~~~~~~~~

出勤して、程なく出発。
今日は山形出張。
あまり意味の無い会議を終えて、酒田に着く。

PCを開いてチェックすると・・・やはり、自分が帰った後の時間帯で同じサーフで釣れていたとの事。
明るくなってからの方が、いい場合もあるってことか・・・。

仕事を持つ身としては、あの時間帯がリミット。
休みなんてそうそう取れるもんではないだけに・・・このタイミングのズレは受け入れなければ。

ま、その内かみ合うでしょ・・・去年の83も、いきなり釣れちゃったし。
現時点じゃ、居場所読んで狙い撃ちなんてできないしね~・・・せめて通わないと。

そう思って今日は寝ることにした。


しかし・・・最近釣れなかったって記事ばっか・・・まさにサーフ素人と鱸の追っかけドキュメント

・・・でもまあ、リアルでいいでしょ(爆)




テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


敵は雷
Category: シーバス  
今回は臆病すぎましたかね・・・


連休最終日・・・朝起きると・・・やはり雨。
しかし、レーダー画面とにらめっこしながら、雨が上がるのを待って、湾内へ出撃。
本当はサーフへ行きたかったのだが・・・雷注意報発令中のため、すぐ避難できる湾内へ変更。

現地に着いてみると、目的の突堤の根元には結構な数の車が。
フル装備でエントリーし、他のルアーマンの邪魔にならない場所に入れてもらう。

じきに明るくなり始める東の空。
そのころ、自分の左隣にいたアングラーが諦めて帰ったため、自分はさらに先端方向へ。

たまに強めの雨が吹き付けるが、風に背を向けているので、フードの恩恵でそんなに気にならない。
ルアーを、HALUCAからスプラット130の『パニック・コノシロ』にチェンジ。
同じ職場のかどさんが、昨日湾内にウルメイワシとかが入ってたって言ってたので、ナチュラルカラーとして家のリザーブボックスから持ち出してきたもの。

変えて数投目。
「波がたけ~・・・こえ~・・・」なんて独り言を言った瞬間にルアーが重くなる。
寄せ波に乗せてほぼ瞬殺したのはこんなヤツ。
PB230002.jpg
40くらいのサワラ。

その後、アタリがないのでルアーをいろいろローテするも反応ナシ。
また一人、アングラーが帰ったので少しだけ、先端方向へ近づく。

すると、先端にいたアングラーのロッドが曲がる。
相当な大物のようだ・・・アレはサワラじゃない・・・
そう思ったが、なんと60cmはあろうかというビッグサワラだった。

その直後、再び結んだパニック・コノシロに今度はガツンという明確なアタリ。
さっきよりも強い引きにドラグが出される・・・でも、シーバスじゃない。
50弱くらいのサワラだった。
(暴れまくられて血が飛び散りそうで、写真撮ってるヒマありませんでした)

ココはコレで終了。
雷注意報によって変更したポイントはサワラの巣窟のようだった。
しかし・・・注意報出てるってのに、離岸堤には数人の人影が・・・おっかなくないんだろうか?と思いつつも、結果として鳴らなかった雷に、自分の臆病さを感じた。

~~~~~~~~

帰りにふと寄った釣具屋で聞く、予測どおり(苦笑)のサーフでの釣果。
まあ、そんなもんですよ・・・なんて思いつつ、やはりちょっと気になって、いつものサーフへ。

波足が長くて、いい離岸流を見つけないとスプラットじゃ底を擦っちゃう感じ。
もうちょっと深くなってくれないと、きついかなと言った印象をもったところで、空耳が。

「ドド・・・ン」

ん?まさかね・・・

戻りつつ、最近お気に入りの離岸流を撃つ。
すると、空耳が空耳でない事を実感する。

「ゴロゴロゴロ・・・」

雷だ・・・南の方角にヤバそうな黒雲が見える。
即・・・退散。

砂に足をとられ、もどかしさを感じつつ車へとたどり着く直前・・・

ピカッ・・・

ドカーン!

落雷の衝撃音。

やはり、注意報は注意報・・・用心するに越したことはないと思い知らされた。

離岸にいた人たち・・・無事ならいいけど(汗)

しかし・・・最初からサーフに来てれば・・・いや、タラレバだね。


サワラはサワラで楽しかったから良しとしましょう!・・・なんやかんやで、久しぶりの魚の引きだったりするしね~(恥爆)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ほぼ迷彩男の迫力
Category: シーバス  
マナーを携帯してください!


今朝は、早朝の出撃を見合わせた・・・というか疲れて起きられず。

昼過ぎに、様子見をかねて最近好調だというサーフへ。
siroki2.jpgsiroki1.jpg
パノラマっぽく撮影。

・・・なんと言うか・・・時間が遅くなったという気持ちが少なからず影響しているとは言え、あまりにも、『覇気』的なものがサーフ自体から感じられない。
いいカレントの前にいながら、隣同士話こんでるアングラーや、突堤の上にねそべっている人すらいて・・・

「こりゃ、竿出すアテはないな・・・」
即、15分かけてきた道を引き返す。

チョイと気になる場所があり、某有名突堤へ。
先端は小物釣り師に占領されていたので、手前のテトラ帯にエントリー。
程なく、自分の横10mくらいにいた黒釣り師が結構な引きの大物を掛けて・・・なんとラインブレイク。
気の毒な場面を目撃しつつも、自分も釣りを開始。

ハルカを投げるも、ファーストリトリーブすると、ちょっとウソっぽい動きになってしまうようで・・・即、シリテンバイブにチェンジ。
マールアミーゴブレードチューン、パワーブレードとローテーションしたところで、お決まりの無断直近エントリー(怒)

・・・しかも、ライジャケなし、スニーカー・・・ロッドは7ft未満のバスロッドっぽいのが2人。
いきなり、結構オレの目の前にバイブレーションをキャストしてきたんで、ゲリラのフル装備+ZEALのミラー入りサングラスという迫力満点の顔で思い切り睨みをくれてやる・・・もちろん、釣りの手を止めて、『コノヤロウ・・・いい加減にしろよ?』という雰囲気を醸し出しながら。

そのアンチャはすぐに顔を逸らして幾分自分の目の前に投げ始めたけれど・・・今度は、そのアンチャの向こうにいるアンチャが10m以上の距離を越えて、自分のリトリーブラインに思いっきりクロス。
オレのルアーはコアマンパワーブレード・・・高くはないが、こっちじゃ売ってないシロモノ。
ひっかかってロストなんぞしようものなら、テトラの上を駆け寄って「テメエ・・・弁償しろよ」と恫喝してやるつもりで、ルアーの綱引き開始。

案の定、2つのルアーは、テトラに軽く引っかかって停止。
オレはスパイクブーツで軽やかに(笑)駆け寄って、2人組を上着以外オール迷彩の迫力満点のいでたちで凶悪に睨みつけながら、ルアーを外し、一瞥しながら・・・・・・

「邪魔!(怒)(怒)(怒)」

もちろん、それ以降彼等のキャストエリアが超・限定されたことは言うまでもない(もともと2人もエントリーできるスペースはなかったんだよ・・・アホが!)が、オレも気分悪くなって早々に退散。

しかし・・・日曜の昼、小春日和とは言え、アホみたいな軽装の多い事。
エリア全体でライジャケ着用はオレを含めた4人だけ。
他数十名は普段着・・・中には革靴でテトラの先端にしゃがみこんでいるバカモノもいた。

もう、こんな日にココに来るのはやめよう・・・そう思って帰路につく。

こういうのが、オレがメジャーエリアを嫌う理由の一つ。


やっぱりシーバス釣りは闇夜のゲリラ活動に限りますね~・・・


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


荒れのち・・・荒れ。
Category: シーバス  
しかし続きますねぇ・・・


今日は、朝出撃したかったのだけれど・・・朝4時頃・・・もの凄い雨と・・・雷。
速攻で布団にもぐりこむ。

朝、奥様と娘を送り出して、湾内の偵察へ。
nami1.jpgnami2.jpg
いずれも、本港内から最上川、離岸堤方面を撮影。

南突堤越しでも余裕で確認できる3mオーバーの波。
そして・・・もはや最近の酒田名物となり続けている、離岸超えの日本海ナイアガラの滝(苦笑)
演歌の良く似合う風景・・・とても竿など出す気になれない。

北港へも行ってみたけれど、ナイアガラが近くなって恐怖さえ覚えてしまう。
そんな中、某有名突堤では、テトラの上で竿を振り続ける内陸遠征組・・・ツワモノである(汗)

まそんな感じなんで、今日は釣具屋に行って終了。

・・・しかし・・・最近週末になると荒れるよねぇ・・・何とかならないものか(汗)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


両手と背中
Category: シーバス  
今日は短く!


今日も寒かった庄内地方。
朝から日差しはあったんだけど、いくら照っても気温が上がらないといった感じで、そりゃ寒かった。

仕事が終わって、サルに行くまでの短い時間、湾内でセンチメンタル・ラパラ(爆)、CD-9を投げてみたくて出撃。

結構水が澄んでいたのでレッドヘッドの動きは丸わかりだったのだが・・・やっぱりいいウォブリングしてた。

さて・・・チョイと気になるポイントに着き、そこについているかもしれない魚を狙おうとなった瞬間・・・

『ピカリ』


突然光る空。
良く見れば、さっきまで晴れていたはずの頭上を灰色の雲が覆っていた。
音もしないし大丈夫なんじゃないの?とタカをくくって竿を出そうとすると、今度は明確に頭上の雲が明るく発光。

こないだの大荒れのとき、何の前触れも無く市内に落ちた雷を思い出して、今日は早々に納竿。

諦めが早すぎないかって?
ゲリラのくせに?

ええ・・・そういわれれば何の反論もできませんが・・・
最近気づいたんですよ。

危ないのは手に持ってる竿だけじゃない・・・我々シーバスマン(マトモなって意味よ)は背中にもう一本、避雷針に匹敵する物質を背負ってるってことにね。

ランディングシャフト・・・これもまた高弾性カーボン。
先端こそ尖っちゃいないが、導電性はピカイチ。


スズキ釣りなんざ、命掛けてまでやるもんではない・・・
『生涯の伴侶』たる釣りだって、命が無くなったら・・・あの世では出来ないんですよ。


これから、厳しいシチュエーションでの釣りが増えてくるだけに、自分はもちろん、周りのアングラーにも、十分気をつけて欲しい・・・そう考えながら、今日の釣りは終了。


本日の実釣時間・・・10分!(爆)

いつになったらマトモに釣り・・・できるんでしょうか?

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


スタンド・バイ・ミー
Category: タックル  
遠い目してます・・・


ここ数週間、新型インフルエンザに振り回されていた自分。
昨日ついに、自分の仕事がこの見えない敵によって致命的な一撃を加えられ・・・頓挫した。
別に、自分がミスしたわけでもないのに、身体にまとわりつくもの凄い喪失感。
そして、何かを予定通り執行するよりも、中止する方が数倍の手間と時間がかかるのもまた事実。
今日の仕事が終わる頃には、あまり凝らないはずの肩が凝りまくっていた。

気分転換に寄った釣具屋。
いつもは視線を送る事もないガラスケースの奥底から引っ張り出したこのルアー。
PB180001.jpg
値段も良心的な・・・おなじみラパラCD-9。

実はシーバス用に購入したのは初めて。
飛ばないことで有名だが、古いルアーには最新のモノにはない『何か』があると実感した今シーズン・・・ある用途のために購入してみた。

当然・・・ツルシのフックはトレブル18の#6へ換装。
しかし・・・国産に比べてチャチイつくり。
PB180005.jpg
リップの接着剤はみ出しまくりだし(苦笑)

この天気・・・実釣は後日となるのではあるが・・・
今日の本題はルアー本体ではない。

この・・・後姿なのである。
PB180002.jpg

ラパラのパッケージって、紙製の箱に安っぽいプラスチックのフタが接着されているだけの簡素なつくり。
横から見ると、透明なフタに透けて赤いRAPALAの文字と商品名が見える。
裏面には英語とフィンランド語(なの?)の2種類のルアー説明がなされ・・・当然日本語など一切書かれていない。

この、無骨なまでの『後姿』を見ていて・・・ふと、思い出した風景がある。
それを思い浮かべたが最後・・・一気に過去へとトリップし、今日自分は、自分というルアーマンの誕生にまで歴史を遡ってしまったのである。


~~~~~~~~


思い出したルアー・・・それは、同じラパラのハスキー・ジャーク。
ソルト用ではない・・・当然バスフィッシング用のルアー。
当時、自分が手にしたのはキレイな緑色のボディのハスキージャークだった。

このルアーを買った頃、通いつめていたのは・・・今やラムサール条約登録されている鶴岡の下池。
結局、ハスキージャークでは一匹も釣ることがないまま、根がかりでロストしてしまった(スミマセン)

下池と言うと・・・とにかく、自分はバスフィッシングの何たるかを全てここで学んだと言っても過言ではない。
トップで初めて魚を掛けたのも暗くなりかけた下池のリリーパッドエリアだったし、クランクでのファーストフィッシュもソコに隣接するブレイクラインだった。

当時使っていた竿はたったの一本・・・Abuのホーネット60LにマミヤOPのリールを合わせていた。
このセッティングで・・・なんとラパラのディープクランクを、シャローで(爆)引き倒していたのである。
本当に欲しかったのは、ティファのディープショットだったが、売ってなかったので仕方なくそこにあったラパラのクランクを買った。
それを持って、下池に行き・・・スピニングタックルでおもむろに1mくらいのシャローにぶん投げて思いっきりファーストリトリーブを繰り返していたのだ・・・なんたるアホな所業!

でも・・・これに魚は食いついてきた。
今考えれば、意外と高等テクニック・・・よく某シャチョーがDEEP-X200を使ってやっていることなのだ。
ディープクランクのリップの長さを利用し、根がかりを回避しつつ、左右への倒れこみ・ヒラ打ちを誘発するという・・・今実際フィールドに立ったとしても実行に移せるかわからんワザなんである。

そんなこんなで通った下池・・・その内、自分と言うバサーは「初めてバスを釣った場所」である八郎潟へと回帰を果たす。
理由は・・・そっちの方がデカいのが釣れるから。
では、そもそもなぜ八郎から離れたのか。

それは、通う距離に見合っただけの釣果が得られなかったから・・・あんな広いところでどこに魚が付いているのかが全く見極められなかったから。
ここで、野池に下ったからこその、自分の今のスタイルがある。
狭いエリアから数多くのバスを引き出す・・・そんな釣りに特化してしまった最初の原因はここにあるのだ。

最初に行った八郎潟・・・竿は前述のホーネット。
ルアーはスラッゴーのガン玉リグ(爆)と小さなミノー・・・そして3/4オンス・ダブルウィローのスピナーベイト(爆)の3つだけ。
スピナベなんか、重すぎて常にベリーまで入っている状態でのリトリーブ。
こんなんで魚釣れるわけないよね(苦笑)

・・・・・・と、ここまで考えて、ふと思った。

『自分はそもそも・・・なぜルアーフィッシングを始めたのか』

以外にすぐ思い出したのだが・・・単純すぎて・・・苦笑してしまった。

理由は・・・社会人になって、趣味と呼べるものも無く、休日を無為に過ごしていたから。
もともと釣りは好きだったけど・・・それはエサ釣り。
流行のルアー・・・バスフィッシングとやらに、チョイと手を出してみようかと思ったのだ。
初めてのボーナスを握り締め、向かった釣具屋は・・・今も通いつめている釣具屋さん。
もう13年の付き合いになるんだなと・・・ソコまで思い至ったとき、風呂に入りっぱなしの自分は半分のぼせてしまった。

よって、回顧は終了とした。


~~~~~~~~


ラパラのルアーって、時を経ても変わらない何かを持っている気がする。
その一端が、今の世でも変わらない釣果であることは、周りのアングラーが証明してくれている。

しかし、自分にとって、最近のリアルフィニッシュをあざ笑うかのような幾何学的造詣が呼び起こすものは・・・

『生涯の伴侶にめぐり合った時に感じたときめき』そのもの。

20代前半の若者の心に芽生えた、禁断の快楽・・・後に一財産を投じ、膨大な時間をつぎ込み・・・そしてそれに見合った・・・いやそれ以上の喜びを与えてくれる『ライフワーク』との出会い・・・その幸せな時代を思い出させてくれるのだ。

こんな紙切れ一つで、今日はとてもいい気分に浸ることができた。
同時に、少しだけ仕事で打ちのめされた心が癒された気がする。


・・・ああ・・・やっぱり書いてたらちょっと泣きそうになってきた・・・今日は何故かとてもセンチメンタルな気分・・・


・・・・・・ま、ゲリラにだってたまにはこういう日があります・・・『柄じゃねぇよ!』ってツッコミはナシの方向でお願いします(爆)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


砂に埋めた約束
Category: シーバス  
寒っ!


今日は朝から雨・・・ずぅーっと、雨。
日中はまだよかったものの、日が落ちてからの寒さと言ったら・・・
厚めのジャケット羽織って行ったのに、たった10分程度の道のりですら、身体が硬くなる。

それもそのはず・・・車の外気温計が・・・5℃。
先週まで確か15℃とかの表示を見ていた気がするが・・・とにかく急に冷え込んだ。

それもこれも一昨日まで猛威を振るっていた爆弾低気圧のせい・・・なのかな?
なんにせよ海は思いっきりかき回されて、相当水温が下がったものと思われる。

外洋の波高が8mに達していた日曜の夜、体調さえ確かなら湾奥・・・奥も奥のどん詰まりに密かに出撃しようと思っていた。
でも、結局それもかなわず・・・昨日もチョイと竿を出してきたけどお触りすらなかった。

いよいよこうなると、我がホームエリアも終わり。
本格的に戦場を『外』に移さないとならなくなる。

ココからが・・・本当の意味での修行。
只単にツライという意味だけではなく・・・苦手としている外海エリアで、どれだけの経験値を得られるのか。

結局今シーズン・・・最上川じゃ、80UPどころか70UP一本すら上げられなかった自分。
昨年の65一本だけってのに比べれば随分マシになったから、ダメはダメなりにその分の経験値は積みあがってるんだと思う。
獲れなかった魚は、来シーズン獲ればいいのだ。

同じように、サーフの砂の中には・・・昨年アワセのミスで獲り逃したヤツらとの『約束』が埋まっている。
それを、今シーズンは掘り起こして自分のものにしなければ。


・・・ってカッコつける以前に、天候が悪すぎて釣り自体出来てないし(苦笑)


頼むから晴れてくれよ~!土砂降りの雨じゃあ、気分も・・・ベイトも沈んで釣りにならないっつーの!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


縦ホロ
Category: タックル  
強迫観念ってありますよね・・・


巷ではぽつぽつ、シーバスが上がっているようである。
自分にだって、ありつくチャンスがあったはず・・・しかし、今週後半は仕事が忙しく、時間的にも精神的にも余裕がなかった。

実は来週末、仕事で、ある集団を東京に連れて行かなければならないのであるが・・・
折悪しく『新型』がパンデミックの真っ最中・・・しかも水曜には県内全域に警報が発令される始末。
当然、行程中いつ発熱者が出てもいいように、対策マニュアルの作成が上司より厳命され・・・
想定できる事態を考え抜いた末・・・インフルなんて言葉は聞きたくない状態になってしまった。

ようやく、対策マニュアルを作り上げて旅のしおりを先方に送った金曜午後・・・
背中に感じる違和感・・・自分的にこれは発熱のサイン。
何とか一日乗り切って帰宅・・・体温計で計測すると・・・37度ちょっと。
熱以外なんの症状もないことと、熱が微熱であることから新型ではないと思われたが、一応大事を取って奥様と娘には一晩実家で過ごしてもらって様子を見る。

一人で寝るアパートの部屋・・・例えようもない孤独感と不安感。
娘に伝染ってなければいいが・・・
そして、新型だとしたら当然東京になど行けない・・・担当者が行けない状況となれば、同僚に迷惑がかかるのは間違いなく・・・その場合に電話で指示すべき項目は・・・
強迫観念に駆られつつ、そんなことを考えている内に、朝を迎える。
検温すると・・・完全に熱は下がり、平熱。

ほっとして、支度をして外出。
母を乗せて、寺へ。
今日は、父の命日だったのだ。
墓参りをしつつ、またも護ってもらったことをご先祖に感謝。

家に帰って、本日は完全に休養することに決めた。

~~~~~~~~

午後、ヒマをもてあまして・・・いつもの釣具屋へ。
今日はシーバスは上がってないとの事。
前から買いたかったルアーを購入。
PB140005.jpg
sasuke140裂波の・・・ナチュラルカラー。
ゴルチャーってのは持ってたんだけど、ナチュラルはなかったんで、今回はマコイワシってのを購入。

こないだサーフでHALUCAを投げ倒して思ったこと。
潜行深度がちょっと足りないかということ。
タイドミノーサーフあたりだと底を擦ってしまったわけだけど、ちゃんと離岸流のあるところなら、もっと水深があるんで、潜った方がいいわけで・・・かと言って、逆風・横風でぶっ飛ぶプラグなんてそうないし。

サスケなら、ぶっ飛ぶし・・・1m近く潜る。
泳ぎもちょうどいい感じのウォブンロール。

波が静かで流れが少ない状況:HALUCA
ちょうどいい波気で流れがはっきりしてる状況:サスケや145SLD-F
結構ザブザブで若干ニゴリ入った状況:スプラットやタイドミノーサーフなどのバタバタ系

・・・てな使い分けで今シーズンのサーフ、頑張ってみようと思う。
当然、風向きで使えるルアーは変わってくるだろうし、苦手としているメタルジグも使わないとならないわけだが。

・・・しかし、なぜ、マコイワシなのか。
それは・・・縦ホロだからですよ。
imaのイワシって、ミラーフィニッシュなんで・・・色は似てるけど縦ホロのマコイワシにした。

実は自分、ミラー系やレーザー系のフィニッシュって苦手なのだ・・・あまりいい思いをした記憶がない。
PB140004.jpg
同じシルバー系でも、レーザー、ミラー、ウロコの溝入り(なんて言うかわからん)、縦ホロ、マグマ系など・・・イロイロあるけど、なんか、ミラーのピカッて光り方がウソくさくて嫌い。
イワシ系のウロコって、なんて言うかもっと「ギラッ」って感じの鈍さが、反射光に含まれている気がする。

よって、縦ホロ。
ミラーやレーザーも、状況によっては強いからラインナップされてるわけで・・・例によってただの食わず嫌いなんだろうが・・・とりあえず自分が「釣れる」と思った色じゃなきゃ、投げ倒す気になれないモンね。


さてさて・・・体調が回復したら、これでデカいの獲れればいいな~♪

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


北風小僧の勘太郎
Category: シーバス  
飛行姿勢って大事なんですね・・・。


今日の午後は日曜日の休日勤務の代休。
平日日中なら人もいないでしょとばかりにサーフへ。

到着すると、一人くらいいてもいいんじゃない・・・って思うほどの貸切状態(苦笑)
人がいなきゃいないで、心細くなるのがサーフ・・・人里から防砂林で完全に隔絶された空間にいるのは・・・自分と、魚だけならいいんだが・・・人ならざるものや亡国の隠密部隊(嘘)など・・・遭遇したくないものに対してあまりにも無防備な状態。
去年の雷や火球騒ぎ以降・・・ちょっとビンカンになっている自分がいたりして。

とにかく、ヘッドランドから次のヘッドランドまで・・・およそ500~600mをランガンして終了することに決めて、波打ち寄せるサーフへエントリー。

PB100002.jpg

まず、行きはミノー。
タイドミノーのSLDとかサーフを入れてみるけど、遠浅過ぎて擦っちゃう感じ。
しかも何より・・・来たから吹き寄せる風が強烈で・・・ファットなミノーなんざ一発で回転するか左側にぶっ飛ばされる。
投入したのはおなじみ(笑)HALUCA125F。
これだけは別格・・・飛行姿勢が抜群によくて、北風小僧が築いた防風の壁に突き刺さっていく感覚。
それでもいつもの半分も飛ばずに・・・フグ2匹ひっかけて終わり。

だいぶ暗くなった帰りはジグを投げながら。
強い離岸流を感じれるポイントはせいぜいヘッドランド間に5箇所くらい。
そこでも反応はなかった。

そんなこんなで、サーフちょい投げ釣行は終了。

結局今日も、魚と呼べるモンを掛けた(ひっかけた)のはHALUCAだけ。


明日から激荒れかぁ・・・サーフは一休み・・・湾内に大きいのは入ってくれるんだろうか・・・。

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


某湾チックな釣り
Category: シーバス  
あんだけロッド揺すったのっていつぶりだっけ?


昨日は一日休日出勤。
今日はその分釣りに行こうと決めていた。
まずはストロングな釣り方で、出ればストロングなシーバスが釣れるであろう場所へ。
・・・ノーバイト。
ベイトも見えず釣れる要素ナシ。

次に、夏に調子のよかったポイントへ。
リアハッチを開けて竿を取り出した瞬間に、なんか『キーン』的な音が聞こえ始める。
途端に背中に走る悪寒。
こーいう時が一番ヤバい・・・即退散。

エリアを離れてやっと一息。
ここはある時期を境に自分の危険センサーの反応が激しくなった。
鬼太郎でいえば、前髪ぴんこ立ち状態。
自分的には守護霊様かご先祖様が危険を知らせてくれているのだと思う。
よって、その『お知らせ』には何があろうと従う事にしてる。
見えないだけに、肌が感じた危険を素直に回避しなければ。

そして次に、こないだ引っかかるようなアタリのあったポイントへ。
エサ釣りのオッチャンがいる。
声を掛けても反応してくれなさそうだったため、邪魔にならない距離を開けてそっとエントリー。
尚且つ、彼の置き竿の邪魔にならない範囲に控え目にキャスト。

1投目・・・ルアーは当然ウェイビー。
明暗の際に落として竿を揺する・・・竿は川のまんま・・・つまりZele93。
ヘビー級のタックルで手首を目いっぱいつかってトウィッチ・トウィッチ、トウィッチ。
途端に暗部から銀色の魚体がスーッと現れてウェイビーをついばむ・・・しかし乗らない。

今度はタダ巻き。
ちょいと沖目にキャストして巻いてくると明暗も関係なくバイト。
しかし、やはり竿がはじいてしまう。

・・・はじく。
そう、つまりルアーを一気に吸い込む口の大きさもなければ、反転してフッキングする体重もない。
つまりセイゴ~フッコクラス。

3回目は・・・鬼トウィッチ。
明暗の際を一回の例外すらなく鬼のようにロッドを揺すってラインを弾き続けた。
時には横向きから横向きへ180°ターンをかまし、時には腹を上にして狂ったようにダートしまくるウェイビー。
たまらずもんどりうって出た魚体はあきらかに60クラス。

・・・しかしやはり竿が弾く(苦笑)

まあね・・・今日の湾内巡回はオマケみたいなもんだから、しょうがないんだけども。
最後のはアーバンサイドカスタムなら乗せてたアタリ。
竿の硬さと、焦ってフッキングしてしまった自分の負け。

~~~~~~~~

ウチに帰っても目に焼きついたさっきの光景が、瞼にちらつく。
湾内が好きとか言っておきながら、所謂『湾奥スタイル』的な釣りは全くできない自分。
村岡さんや大野ゆうきクンがやっているような、ロッドワークで仕掛けてバイトを引き出すような釣りって、意外とコッチでは出番が少ない。

やっている方もいるのかもしんないけど、湾内ナイトゲームってのは自分にとって基本只巻き。
トウィッチやジャークでスイッチ入れるほど個体数がいないというのが自分の認識。

でもあのポイントのヤツらはそういう動きにしか反応しなかった。
なら、タックルセッティングを変えてもう一度・・・そう思うのが普通の釣り人。

しかし、奥様に頭を下げて再エントリーした同ポイントには、アンチャ2人が陣取っており釣りは不可能・・・あえなく撤収と相成った。

しかし・・・なんであんなに反応したんだろう。
確かにエサ釣りのオッチャンの竿は曲がりまくっていたから・・・あの●●をベイトに魚が集まっているのかもね。


・・・後日、再検証が必要かもしれない・・・湾内、まだイケるかも。


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


大混雑のサーフ
Category: シーバス  
30人で魚は3匹だけ・・・っと。


金曜日・・・季節性インフルの予防接種を済ませて、なおかつカイロプラクティックで腰をゴキッ!
なんか疲れがそのまま腰椎の歪みに転化している感じ・・・気をつけないと。
そして夜、最上川で竿を振るもノーバイト。

明けて土曜日。
4時起きで某サーフへ。

月明かりの中、歩みを進めると・・・浮かび上がる人影、人影、人影。
自分は夜目が利く方なのでなんとなくわかるのだが・・・ヘッドランドの間にざっと10人はいる模様。
ちょっとした南突堤状態に嫌気が差し、一番行きたかった場所・・・つまり人口密度も高いであろう離岸流へのエントリーは諦めて、手前の離岸流に腰を落ち着けて時合を待つ事に。

タイドミノーサーフの150→〃135→145SLD-F・・・とローテーションしたところで、後方から更なる人の気配が。
気づけば30人ものルアーマンが立ち並ぶお祭り状態に(汗)
特に潮上5mの位置に入られたときには流石にちょっとムッとしたが、キャストが上手くてマツリそうになかったので、放置。

ルアーをHALUCA125F・イワシカラーにチェンジ。
フルキャストして、下げ潮の重い手ごたえを感じながらリトリーブしていると、何かにグンと引っ張られたような感覚。
「サーフでの違和感は即アワセ」が、昨年のバラシ3連発を経た自分の中のスタンダード。

川とは比べ物にならないくらい緩めにしていたドラグが一瞬だけ滑って、あとは寄せ波に乗ってあがってきたのは・・・コレ。
PB070001.jpg
40くらいのソゲ・・・何気に人生初ヒラメだったりする。

そのときがまさに時合だったようで、隣のアングラーに60くらいのシーバスもヒットしていた。

しかし明るくなってからはまさにさっぱり。
徐々にアングラーの数も減っていき、7時を回る頃には10人を切ってしまった。
一応最初に入ろうと思っていたポイントもチェックするが、50くらいのヒラメが転がっていただけでそれ以外の魚は上がっていないようだった。

程なく、納竿。

車の方角へと歩みを進めながら見る日本海はやはり美しい。
PB070004.jpg

魚釣りという面でも魅力の多いサーフの釣りではあるけれど・・・この美しい風景による癒しもまた・・・大きな魅力。
そろそろ・・・本当に、通い始めるかな。

しかし・・・腰がいてぇ・・・
・・・そういえばカイロの先生に『今回は患部が前回と違うところに出てるから、寒いときは絶対に無理しないで』って言われてたんだった(笑)


サーフの魅力でなくて魔力・・・遠くに飛ばそうと、ムキになってフルキャストを繰り返す事・・・これが腰に一番悪いんだなぁ・・・(苦笑)


2つのブランジーノ
Category: タックル  
イグジストかセルテートか・・・ハイエンドかセカンドモデルか・・・


今日はフットサルの日。
終わってから湾内散策。
昨日結構沸いたらしいけど、俺は仕事でパス・・・タイミングなんてそんなもんよ。
今日は1箇所でルアーを押さえ込むような、ひっかかったようなアタリがあったのみで終了。
ウチに帰ったら、携帯が光っていた。

ある人が、リールの購入に悩んでいるようだ。
そのまな板に乗っているのは、2つの黒いリール。

Daiwa morethanBRANZINO3000と、同じくイグジストハイパーブランジーノカスタム。
双方とも、シーバス専用リールである。

たまたま前者を自分が所持していたため、彼は意見を求めてきた。
長所と短所を教えてくれと。

まあ、自分が知っているのはブランジーノ3000だけなんで、イグ・ブラの使用感はわからんわけだが、全くボディは違うが同じRコンセプトのセルテート2500も持っていることだし、ちょっとその違いについて考察を加えてみようと思う。

~~~~~~~~

①ブランジーノ3000
ブランジーノ3000

ダイワが世に送り出した、シーバス専用リール第一弾。
セルテートの堅牢なボディに、ソルティガZの耐久性抜群のハイパーデジギアを搭載、イグジスト譲りの軽量高感度のマグネシウムローター・・・と、3つのリールのいいとこ取りのリール。

・・・と、売り文句はこんな感じだが、実際はどうなのか?

ほぼ1年使ってみて、不満は全くない・・・本当にいいリールである。
まず、長所
セルテートのボディは剛性感抜群で、安心してぶん回せるといった感覚。
ハイパーデジギアは当初コリコリ感があったものの、アタリがついてからはスムーズそのもの。
壊れるほど回した事はないわけだけど、ジギング専用リールと同じドライブギアが入っているという安心感は相当なもの。
・・・はっきり言って壊れる気がしない。

それから、感度の面であるが、それまでずっと使っていた2500Rに比べて巻き取りスピードが上がっている(巻き抵抗がUPしているということ)というのはあるのかもしれないが・・・なんつーか、リトリーブの感覚がしっとり伝わってくるという感覚があって、それが感度を向上させている気がする。
マグネシウムローターとショートハンドルの影響なのか・・・そこらへんはちょっとわからない。

あとハイパーデジギアにしたからって巻き取りのパワーはアップしないと思う。
パワーはやっぱりギア比やローターの番手によるハズ・・・である。

次に短所
重い!(爆)
セルテートそのものがもともと重いリールなのだが、それにハイパーデジギアが拍車をかけている。
非常に重い。
これで失われている感度と操作性もあるだろうから、これが短所といえば短所。
それから、これは個人的な感覚だけど、ダイワの樹脂製スプールのドラグは、音が・・・チャッチイ(苦笑)
なので自分はSOMのアルミブランキングスプールに換装している。

②セルテート2500R-CUSTOM
2500R.jpg

ダイワお得意のRコンセプトが始めて世に出たのがこのリール。
元はアイズファクトリーによるチューニングモデルとして出たらしいけど・・・今は普通にラインナップされてる。

ボディは青・・・真っ青と言えるほどのマットブルー。
青色が好きな自分はこれにSOMの青いブランキングスプールを合わせて、更に真っ青に(笑)

Rコンセプトとは、3000番のボディに2500番台のスプール・ローターを組み込む事で、ドライブギアまでの力の伝達機構を全く変えずに、ラインの巻き取り速度を遅くし、ローギア化と同じ効果を生んでいる・・・らしいです(笑)

でも、やはり巻き取りパワーは相当なもの。
昨年のサーフで上げた83cmもほぼゴリ巻きで数十メートルは寄せることが出来た。

しかしそれよりも自分的にメリットと感じているのは、巻き取りスピードの低下によって、ナイトゲームのリトリーブが自然とゆっくりになること。
抵抗の少なさが逆に『感じなければ』という思いを助長している気がする。
また、釣れずに自然と上がっていくテンポを抑えてくれる効果もあるかも。

短所は・・・あまり感じない。
自分はセルテートの重さに慣れているので重いとも感じないし・・・。
強いてあげるとすれば、やはり巻き取りスピードの遅さによって、使うフィールドが限られてくるということかな。

~~~~~~~~

で、イグジストハイパー・・・であるが、セルテートとイグジスト(元ユーザーだったよね?)の違いに、上記機構の相違点を重ねれば見えてくるのではないかと。

イグ・ハイパーは実際触ったことあるけど、衝撃的な軽さを誇る。
それにハイパーデジギア付いているってんだから・・・ほとんど反則。

でも、このモデルを3000番で出さずに2508Rで出してきた事に、ダイワのメーカーとしての良心を感じる。
いや・・・ただ狡猾なだけか?
いずれにせよ、イグ・ハイパーの3000番が出た時点でブランジーノ3000の存在意義はほとんどなくなってしまう。
ボディの剛性感だけじゃあ・・・ユーザーは満足できないでしょう、

3000番には、剛性感に裏づけされた安心感を与え、よりハードなシチュエーションでの用途を。
つまり・・・サーフや磯、河口部など・・・ロングキャストと抵抗の大きいリトリーブを繰り返すフィールドで活きるのがこのモデル。
ブランジーノ(ロッド)で言えば、ウェーディングゲームカスタムやサーフゲームカスタムなど、パワーのあるモデルに合うと思う。

対して2508番が持っている軽さ・・・それが生み出す感度は止水域や流れの緩いエリアでの闇夜のウェーディングゲームにピッタリであると思う。
また、個人的には湾内にもベストマッチだろうなとも思う。
水の抵抗が少ない場所で、それでも何らかの変化を感じて探し出そうとするようなシチュエーションでこそ、このリールは力を発揮する・・・のではないかと。
・・・そう、これにナイトメアカスタムなんかの軽量級ロッドを合わせたらアンタ・・・最強ですよ(笑)

我が右腕・アーバンサイドカスタムにも、コッチの方が合うんだろうケド・・・高いからムリ(爆)
それに何より、セルテートがありますから!

~~~~~~~~

・・・と、ひっじょーに長い独り言となってしまったが、現時点で述べられるのはこんなところかな。
セルテート2機については苦楽を共にしているだけにある程度は的を得ているのではないかと。


・・・こんなところでいいかい?某衝動買いの鬼クン?(核爆)


P.S 上記は全てワタクシの個人的な感覚に基づいた独り言であります。「違うだろ!」とかのカキコはナシの方向でお願いしますよm(__)m

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


赤頭兄弟
Category: タックル  
桜木●道ではない(爆)


この休み中・・・ことごとく釣りには行ってない。
土日はもちろん、今日も竿は寝たまんま。
原因として・・・悪天候ってのはもちろんあるが・・・疲れているというのが一番かも。

とにかく、ぐうたら寝て過ごしてしまった。

そんな中、今日補充分として発注していたウェイビーが遥か岐阜のショップから届いた。
正直、スミスのウェイビーなんて、使う人があまりいないのであろう、届いたルアーのパッケージも相当年季が入っている感じだった。

今日はとにかくヒマなので、Jリーグのナビスコカップを見ながら、純正フックを交換してみた。
redhead1.jpg
左:ベイエリアの小悪魔(爆)ウェイビー85S 右:実力派若手女優綾瀬はる・・・ではなくHALUCA125F

いずれも、レッドヘッドである。

レッドヘッド・・・シーバスルアーにおける伝統的なカラーリングであり、アピールカラーの最たるものとして現在も君臨している。
初めてこのカラーを手に取ったのは20歳くらいのとき・・・温排水でエサ釣りをしながら、ひまなのでルアーを投げようということになり、近くの釣具屋で買ったTDバイブのレッドヘッドだった。
『こんなん釣れるんかいな?』そう思いながら、結局釣れなかった。

そして、それから5年近くが経過し、ソルトルアーを始めた頃・・・やはりその時の印象が頭にこびりつき、つい最近までレッドヘッドは自分のルアーボックスにはほとんどなかったのである。

しかし・・・しかしである。
その印象を覆してくれたのが、ウェイビー。
なぜか、85Sに関してはアカキンよりレッドヘッドの方が圧倒的に釣れる。
信じて投げるから・・・というのはあるんだろうが、やはり最上川水系のマッディウォーターが中心となるこの地域においては、夜間のみならずいつでも効くカラーなのだろう。

レッドヘッドにもいろんなカラーリングがあり、最近の流行はハルカのようなレッドヘッド・ホロ。
ウェイビーがその身に纏う完全膨張色のパールホワイト・・・所謂レッドヘッド・パールは少数派のようである。
しかし、オレは圧倒的にパール好み。
最上川水系のマッディウォーターで釣りをすることが多い我々にとっては、ホロよりもパールの『ベタな』白色が目だっていいと思うのだ。
魚だってこんな色した物体を魚だとは思ってないんだろうし、水が汚いんだったら目だったモン勝ちってのが、最近のオレの考え。

なので、SMITHさんにはぜひ、HALUCAでもレッドヘッドパールを出して欲しいな~と切望している(無駄 爆)
でもHALUCAだって良く見ると背中にはちゃんとパールが吹いてあったりして・・・何のコンセプトなんだろうな~と不思議に思っている。

さて、フック交換であるが、ウェイビーの純正カドミウムフックは80クラスが掛かると確実に伸びる(しかもファイト中に)ので、錆びにくさと刺さりやすさを抜いてもちょっと信頼に掛ける。
よって、自分はがまかつのトレブル18(#6)に交換している。
redhead3.jpg

対してHALUCAであるが、純正はおなじみ(苦笑)カルティバのST-46・#6。
これが好きだという方もいるだろうが、自分は基本がまかつ派なので、トレブルMH・スプロートベンド(#6)に交換してしまう。
redhead4.jpg

あくまで自分の感覚だけど、スティンガーはでっかいの掛けるとすぐ伸びるイメージがある(それでバラしたこともあるし)。
がまかつのフックは伸びた記憶がないので・・・とりあえず高いけど、勝負ルアーは全部がまかつに替えている。

~~~~~~~~

しかし・・・今日は寒い・・・寒すぎる。
ついさっきも霰っぽいものが窓を叩いていたっけ。

明日から少し気温は戻るらしいけど・・・ますます朝晩の釣りは過酷さを増すなぁ・・・
ま、身体だけは壊さないように、適度に頑張らないと。


目標はまだ、達成してないからなぁ・・・


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。