出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


powder again
Category: SNOWBOARDING  
粉雪か氷の板か・・・運命はいかに?


やっと終わった今週の仕事。
クタクタのはずが・・・そうでもない(笑)
明日からはたざわ湖だからね。

でもなんだか大荒れの予報。
でも、今日までは降ってないから、明日はガリガリのアイスバーンである可能性が高い。

アイスバーンは人がいっぱい滑ってもボコボコにならないし、ちゃんと板に乗ってないとズレるわ転ぶわ痛いわで・・・練習になるので嫌いではないのだが・・・。
せっかく泊まりで滑りに行くときくらいは、フカフカのパウダーに突っ込んででっかいスプレーを上げたいと思うのが人情ってもんである。

~~~~~~~~~~

もう3年も前になるけど、初めて入った鳥海BC(バックカントリー)。
その前日が・・・今日のような冷たい雨だった。
しかし・・・山に入ってみてびっくり!
下界と違って山は大雪・・・つもりに積もった雪は・・・膝どころか腰パウだったのである。

Chokai
美しい・・・

スノーシューで上り続けること実に5時間!
・・・そこにはパラダイスが待っていた。

↓以下、イッてる写真集(爆)


dropin
マチャキ・・・イキま~す!

スプレー
ええ・・・キモチよかったでゴワス(爆)

バンザイ
そりゃあ、バンザイも出るってもんで・・・。

ちなみに、下りは実質30分・・・アホですわ、アホ!(核爆)

~~~~~~~~~

明日は無理かもしれないけど、日曜の朝イチのバフバフに期待しつつ・・・今日は寝るとしよう。

POWDER AGAIN・・・
あの日の夢よ・・・もう一度・・・。



スポンサーサイト


八方塞がり
Category: その他  
何もできません・・・。


なんだか最近妙に仕事が忙しい。
年度末にやらなきゃならないことが山積してるってあたりが、自分のダメさ加減を現しているのだが・・・決してそれだけじゃない。
仕事相手に振り回され・・・上司に振り回されながら余計な仕事だけが増えていく。

家に帰ってくるとがっくりと来てしまい、釣りはおろか、滑りに行く気にもなれない。
加えて娘がなかなか寝付かずに、ブログも書けない(まあ、ネタもないんだけど)。

そんなこんなで1月は終わりそう。
土日はスノーボード部の合宿で田沢湖・・・滑れるんだろうか?(滝汗)
怪我だけはしないように・・・ぶっ飛ばしてこようと思う(爆)

さて、今日も早く寝よう。
明日は・・・仕事終わったらワックス剥がしに実家にいかなきゃならんし・・・泊まりの準備も・・・やる事満載だ(汗)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


鱈と選挙
Category: その他  

やっぱり荒れるんだね~・・・。


さっき、物凄い落雷があって、自分の横でテレビを見ていた娘が一目散に布団に横になっている奥様の元へ走り去っていった(お陰で今日はスンナリ寝たようだ)
その後・・・エンタを見ている画面に、ずっと白いノイズが映り続けていた。

恐る恐る外を見てみると・・・すげえ降ってるし(汗)

折りしも今日・明日は酒田の寒鱈祭りが催されている。
寒鱈祭りは時期的にも大寒と重なり、どうしても荒れる天気になる事が多い。
去年も雪が降ったのを記憶している。

でも、流石に今年は直前まで全く雪がなかったので、雪のない寒鱈になるのかな・・・
と思っていたら、コレですわ(汗)
やっぱり降るんだね~。

そして明日は県知事選挙。
県知事選挙も荒れた天候になることが多いような気がする。
明日は雪の予報・・・投票には最悪の天候だが・・・なにやら県民の関心は高い様子。
いったいどうなるものか・・・。
ワタクシは明日仕事です・・・嫌だなぁ・・・(期日前投票済み)。

ガリレオでも読んで、早く寝るか。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


モデルチェンジ狂奏曲
Category: タックル  
そう来たか・・・


今年もついに始まりましたね・・・フィッシングショーと前後して各社から発表されるニューモデルのスクープラッシュ。

釣り記事相変わらず面白くないけど・・・ニューモデル情報が満載となるこの2~3ヶ月の釣り雑誌は要注目である。

その中で、目を引いたのが、ダイワとシマノ・・・両巨頭のニュースピニングリールの記事。
どちらも中級~高級グレードに新リールを投入したようだが・・・どちらも非常に・・・現ユーザー泣かせのリールのようである(詳しくは雑誌の記事をご覧下さい)。

最近思うのだが・・・スピニングリールに派生モデルが多過ぎる。
前だと、ハイエンド-ミドルクラス-エントリーの『縦のライン』がしっかりと一本線になってたもんだが・・・最近だと、新素材投入だの、何々専用だのと・・・まるで葉脈のように、途中から左右に分岐してしまっている。

故に、どのリールを買ったとて、満足する事がない。
エギング用にステラを買っても、翌年にCI4を纏った激軽のセフィアが出るし、イグジストを買っても、セカンドモデルであるはずのセルテートからハイエンド同然の派生モデルが次々と・・・。
まあ、これがメーカーの戦略なのかもしれないが・・・もうちょっと、現ユーザー(ハイエンドなんかは特に)の所有感を継続するようなモノの作り方・売り方をしてもらわないと・・・というのが私の意見である。
(その点シマノの方が信用に値する気がする・・・ダイワユーザーの私が言うのもなんだが)

実際に、ダイワのオーナー登録時のアンケートにも必ずそのことを書いている。
多分担当者は見てなんてないと思うけど(汗)

ニューモデルの多発状態は、技術が日進月歩であると言う事の証左なんだろうが・・・この不況・・・そんなんじゃ、リピーターがいなくなるんじゃないの?と素人ながらに心配してしまうのである。

何はトモアレ・・・これから道具を買おうと思っている人にとっては、いい状況であることに間違いはない。
細分化されたラインナップが毎年のように更新され、自分のスタイルに合った最新のモノを選べるんだから。

さて・・・前哨戦がこんなカンジだと・・・本番のフィッシングショーでは、どんなサプライズが待ち受けているのだろうか。
脳内フィッシング・ショッピングの素材には事欠かない季節である(笑)

P.S 待っててよかったんじゃない?CUTM@Nさん・・・更に軽いヤツ、出るみたいよ(爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


探偵ガリレオ
Category: その他  
『実に興味深い・・・』


毎年、吹雪が吹き荒れて海にも川にも通えなくなるこの時期・・・自分の興味は雪山にシフトする。
でも、ホームグラウンド・矢島、ナイター練習場(笑)たらのきだいまでは車で相当な距離を走行した上で・・・リフトチケット代金を払わなきゃならない。
20代独身の頃なら、週に2~3回通ってもおかしくない勢いがあったし、実際に3連泊で矢島で滑りまくったこともある。

でも、現状の限られた小遣いじゃあ、そんなのは無理。
何より、家庭内での役割というものが確固としてあり、夜な夜な雪山に出かけているような旦那&父親は失格と見なされてしまうに違いない。
(その点、釣りはいいね・・・仕事前・仕事帰りにチョイ投げ出来るから・・・つくづく恵まれてる環境にあると思う)

そんな時・・・遊びに行けない夜のフラストレーションを晴らしてくれるのは、読書。
通年読書をするタイプではないが、この時期だけはここ数年読み続けてる。

ジャンルは決まって、ミステリー・・・推理小説である。
(て言うか、ミステリ以外読む気はないんだけど)

中学生の頃クリスティにハマり、高校になって赤川次郎や内田康夫のライトさに惹かれて・・・すぐに飽きた。
・・・結局一番心に残っているのは、横溝正史の金田一シリーズ
今でも実家の本棚は、どす黒い背表紙で埋め尽くされている(持ってる人はわかりますよね)。

その後も、いろんなものを読んだけど、これに勝るものは現在までない。
なんちゅーか・・・昭和初期の中国地方の旧家っていう、薄暗く、レトロな情景の中で繰り広げられる猟奇的な事件・・・これに圧倒的にヤラれてしまう。
好きすぎて、それ以外のものを受け付けない事ってたまにあるけれど・・・自分の中の小説観に関して、横溝作品は排他的この上なかった。

しかし横溝先生が他界された現在、続編は望むことが出来ず・・・偏食気味な自分も、他作品に食指を伸ばさざるを得なくなった(どんだけエライんですか[笑])

鈴木光司(リングシリーズ)、綾辻(館シリーズ)、宮部みゆき(模倣犯)、京極夏彦(京極堂シリーズ)・・・ダヴィンチ・コードとかの洋物も読んだ。
基本的に内向的・保守的なもんで、結果として有名なモノしか読まないくせに、手を出すのを億劫がるという厄介な性格が災いして、超有名作にヒットからかなり時が経ってからハマるのである。


さて・・・超、前置きが長くなったが・・・『探偵ガリレオ』シリーズである。

コレについては、友達から勧められて読み始めた。
福山雅治主演で『探偵ガリレオ』『予知夢』の両短編集がテレビドラマ化、長編である『容疑者Xの献身』が映画化されている超・有名作品であるが、かろうじて自分は映像化の前に自らの脳内世界で湯川教授や草薙刑事(ドラマでは相棒役を柴崎コウが演じていますが・・・小説では草薙刑事(北村一輝)が相棒なんですよ)の活躍を堪能する事ができた。
映像化されたものを見てから小説を読んでしまうと、その登場人物の顔も仕草も、キャストされた俳優のそれに置き換わってしまう・・・作者がせっかくその文章力を使って、読者の想像力に訴えかけているというのに。
湯川風に言えば・・・『実にもったいない』と言ったところである。

ガリレオシリーズの作者は東野圭吾。
自分がこれまで読んできたミステリの著者達と、非常に大きな相違点を持った作家である。

ご存知の方も多いと思うが、彼は理系出身なのである。
実際にエンジニアとして勤務していたらしい。
そんな彼が、その豊富な科学(主に物理学)の知識を活かして、書き上げたのがガリレオシリーズ。前述の短編集2つを読んで思った。

「単純に面白い」

なんでか?
うまく説明できないのだが、読みやすいし・・・飽きないのである。
爆発や幽体離脱・・・原因不明の事象を湯川があっさりと解き明かす痛快さ、そして、なにより物理学を駆使したトリックの設定も非常に斬新・・・文系の作家には思い浮かばなそうなことばかりで・・・新鮮だった(気づくのオセーよ)。

そして、満を持して踏み込んだ長編小説・・・『容疑者Xの献身』。
正直、短編ほどのインパクトはなく・・・トリックも、普通だった(大変失礼m(__)m・・・個人的意見です)。
もちろん、天才物理学者VS天才数学者の対決って構図は面白かったのだが・・・話の長さに伴う重さが感じられ・・・短編の方が小気味よかったという印象が残った。(映画も見に行っていない)

・・・で、それ以来読んでいない小説。
そんな自分が最近知った、東野圭吾の新作×2・・・しかもガリレオシリーズ。

ガリレオ
友達に借りました・・・買うと高いので(爆) いた、アリガトネ~・・・

今回は短編集『ガリレオの苦悩』+長編『聖女の救済』。

明日から読書週間開始。
前回の流れと同じに終わるのか・・・それともいい意味で裏切られるのか・・・。

『実に興味深い』

右手を顔の前に構えながら・・・そうつぶやいてみた(核爆)

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌


雪かき
Category: その他  
今年初の雪かき・・・応えました(汗)


昨日は友人宅で酒飲み。
飲み始めの時点ではそうでもなかった雪は、音も無く降り積もり、変える頃には15cmを軽く超えていた。

当然、昨日はそのまま就寝。
今朝起きてみると、さらに雪かさは増していた。

9:30ごろ、フル装備で部屋を出て・・・自分の駐車スペースを中心に雪かき開始。
水分をたっぷり含んだ重い雪に苦しみながら、隣の部屋の駐車スペースや共通の通路まで、たっぷり90分・・・ガッチリ目の雪かきは終了した。

部屋に帰って着替えると、物凄い脱力感。
ヘタなワークアウトよりよっぽど効く。

それからは何もする気になれず・・・夕方までだらだらと過ごしてしまった。
まだ抜けない疲れ。

今日は早めに寝よう。
明日は雨らしい・・・何にもできそうにないなあ・・・。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


木馬
Category: タックル  
たかがミノー・・・されどミノー・・・まさかこんなに増えるとは・・・


ここ数年で完全にハマったソルトルアーゲーム。
その中でもシーバスへの傾倒ぶりには自分でも驚きを禁じ得ない。
釣り=バスフィッシングだった時代、釣具屋に集うシーバスマンは皆オジサンに見え、店の売り場の大部分を占めるシーバス用ミノーも、はっきり言って目障りな存在でしかなかった。

それに比べてメガバスやEG、ラッキーのプラグの煌びやかで洗練された事といったら・・・。
・・・自分は本当に井の中の蛙だったと痛感する。

それが今となっては・・・釣具屋で物色するのは全てシーバス用のルアー。
目に映るimaやDUOのプラグ・・・その洗練された機能美に完全に心を奪われる始末(苦笑)
(まあ、シーバスだって、数ある釣りの一つに過ぎないと・・・いつか気づくのかもしれないが)

気がつけば・・・釣り具用スペース(アパートなんで専用部屋なんてナシ)を埋め尽くす、ミノー・ミノー・ミノー・・・。
最初はimaの3010一つで足りていたのが、今じゃ5個でも足りなくなってきてる。

始めた年はタックルハウスのMだけで事足りたのに・・・通うフィールドと遭遇するシチュエーションの数に応じて、ミノーが増えていっている感じ。
いや・・・それだけじゃないな・・・買いたくて買ってる節もアリアリ・・・。

これ以降あまり増やさないように気をつけるのはモチロンとして・・・
実際問題、収納方法を考えなければならない時期に来ている。
前線基地たる車・・・その中に鎮座させる母艦たる・・・タックルボックス的なものが必要だ。

自分はバス用にVERSUSの3080を1個使っていて・・・すこぶる快適との印象を持っている。
でも、バスと違ってシーバスはウェーディングというシチュエーションもあり、釣り場に持っていけるルアーの数にどうしても限りが出てくる。
そのための、小分け・・・3010のような小型ケースなんだと思う。

それに、使うルアーが8割がたミノーとは言え、湾内、河川、磯、サーフ・・・それぞれのシチュエーションにフィットしたルアーが明確に分かれているのも特徴。
しかも、この時期だからこのフィールドと限定できないのも事実(初冬のサーフシーズンだって、荒れれば湾内もあり得る)。
そのたびに小型ケースに使用ルアーを10個程度セレクトして詰め込むのも、面倒な気がする(プラグはフック絡みもあるし)。

・・・となると・・・あらかじめ数個の3010にシチュエーション別ルアーを小分けにしておいて・・・それをまとめて収納。
釣り場に着いたら、そのマザーケースから小型ケースをセレクトしてフローティングベストなり、ヒップバッグに・・・というのが現状でのベストかと考えている。

・・・で、マザーケースとして狙っているのが・・・ コレ。
ima
ちと、道具としての機能美という面では納得できない部分があるにはあるのだが・・・収納力には問題はないようだ。

でもやっぱりコッチも気になる・・・。
VS3080
まさに母艦・・・ホワイトベース・・・(っていうか白はバス用で1個あるんで赤か黄色かな・・・)

ま、現状ではしばらく釣りには行かないと思うので、春まで決めればいいことなのであるが・・・
こういうギア系の妄想セレクトタイムって、楽しいだけに危険なんだよね・・・どんどんプランだけが雪だるま式に膨らんで・・・最終的にとんでもない出費に繋がってしまう・・・。

ああ・・・ブライトさんの声が聞こえる・・・

『弾幕薄いぞ!何やってんの!!』

薄いどころか、頭の中は既に物欲という弾幕で一杯・・・ミノフスキー粒子も濃すぎて前後不覚・・・危険!危険です!!

ああっ・・・今にも『ポチっ』としちゃいそう・・・


苦悩の夜は続くのであった・・・(核爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


UP遅くて長文
Category: 随想  
しょうがないじゃないですか・・・文章書くのが好きなんだから。


ワタクシのブログは・・・見ればわかるが長文である。
しかも・・・どうしても子供が起きている内は書きにくいので、22時を過ぎてから書く事が多い(現在23:00)。

当然・・・遅くなればなるほど、読んでくださる方も少なくなる。
次の日にコメントが書き込まれる事もしばしば。
夜遅く・・・疲れた目で、迷彩柄に浮かび上がる白い文字を見るのはつらいだろうなと、我ながらに思う。

・・・しかし・・・文章をなかなか短く出来ないのだ。

仕事柄、文章を書く機会は非常に多い。
仕事における文章というのは、当然のことながら簡素で要点を押さえたものであることが必須。
こんな私でも文書作成については、必要以上に長くならないように気をつけている。

その反動か・・・プライベートで自分が書く文章(メールやブログ)は、異様に長い。
友達の女の子よりよっぽど自分のメールの方が長いし、細かいし・・・絵文字も多かったりする(爆)
それは冗談としても・・・要は、文章を書くのが好きなのである。

シュミで原稿用紙600枚分の長編小説書いちゃうくらいなんで、ブログだって長くなるとは思っていたけど・・・実際読み返してみて思う・・・つくづく長いなと。

短い文章で人を感動させられる人を、自分は猛烈に尊敬する。
小説より、詩の方がよっぽど難しいと思う。
詩人の書くモノからは・・・鋭い感性で物事をぶった切って断面を押し付けたような・・・強烈なインパクトを感じる。

我がブログも、かくありたいものであるが・・・まあ、無理でしょう。
そんな感性は持ち合わせていないんで。
ウチのブログは感性とか鋭さよりも、長い文章ならではの細かい描写や、エラ洗いの音さえ聞こえて来そうな臨場感をウリにしていけたらと思う。

読んでくださる皆さんに、一瞬でも酒田湾内の空気を感じてもらえるよう、文章力という名のもう一つのタックルを磨いていきたいと思う・・・つかの間のシーズンオフの一夜であった。

今日も十分すぎるほどの長文でありますが・・・何卒ご容赦をm(__)m

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


ズルズル
Category: その他  
想像以上に走破性が落ちるもんですね・・・


昨日の夜から降り続いた雪は、港町酒田をすっぽりと包み込んですべての物を白く染めていた。
・・・なーんて言えば都会的でカッコいいけど、雪国の人にとって、積雪はいろんな意味でジャマ。

特に、移動においては邪魔者以外の何者でもない。
踏み固められればガタガタと車に不快なバイブレーションを与え、除雪車で寄せられた雪はただでさえ狭い日本の道幅を狭めてしまう。

そして自分的に一番嫌いなのは一回融けたシャーベット。
歩行中は、ちょっとした洪水並みの水かさ(雪かさ)を持ってローカットの靴を水没させ、傍を車が通れば水と同じように『すぱね上がる』(酒田弁:跳ね上がって足などに掛かる様)。
そして車を運転中は、常に崩れ続ける路面として、正常なトレースラインより外、外へと車体を押しやる。
雪国の人なら、シャーベットでのスピンの恐ろしさを知っている事と思う。

今日の夕方の路面はまさにそれ。
今年からFFに変わった我が愛車のトラクションコントロールとABSが非常に勤勉に車体の挙動を押さえようと働くが、それを上回る路面のグズグズぶり。
10年ぶりに前輪駆動の感覚を味わう自分にはチト怖い路面だった。

スキー場一番乗り系の自分にとって、昼過ぎの帰り道・・・路面がこんなカンジになることが多いんだよな・・・。
それも平面でなくて下り。
マイホームゲレンデ・矢島の帰り道は、一回下って、上って、また下る。
この道が怖くて矢島を諦めるライダーも少なくないと聞く。

自分もそうならないように・・・車に慣れなければ。
安全第一・・・安全第一・・・。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


初滑り×2
Category: SNOWBOARDING  
まあ、才能ないのはわかってるんですがね・・・


今日は家族揃ってスキー場へ。
娘のスキー場デビュー(ソリ)と、自分の初滑りが目的。

30分ほどでスキー場へ到着すると・・・アホみたいな人・・・人・・・人。
そのほとんどが親子連れのソリライダー(笑)
実際、ペアリフトには全く行列ができていない。

娘としばらくソリに乗った後、つかの間のフリーラン。
雪の中遊んでいる奥様と娘に気を使い、短いコースを3回だけ。
リフトが遅いんで、それでも30分はかかったかな。

重い雪質とうねる雪面に苦しみながら、エッジの感覚を確かめた。
初滑りなんで、荷重とか姿勢とか細かい部分までは意識も回らず、とにかくズラしながら乗る感覚とポイントだけ意識しつつ、怪我しないように滑るのが精一杯だった。

バランススポーツはシーバスフィッシングと一緒で、通ったもん勝ちの部分が多い。
もちろん、天才というのは存在し、大した練習もしないのに、すいすいとスムーズに落下していく人も中にはいる。
自分は凡才なんで、数回はリハビリしないと、昨年のレベルまでは戻せない。

でも、そこから先は・・・練習がものを言う。

理想はどんな斜面でも落とされないフル・カーヴィング。
でも、自分の実力を超えた斜面・スピードでのズレのない滑りは危険なだけ。
なので、シーズン・イン後は毎週一回、仲間とこのスキー場のナイターでカーヴィング禁止・板をズラす練習を行っている。

自分じゃ見た事ないから何とも言えないが・・・相当に異様な光景だろう。
ビュンビュンと飛ばすスピード狂揃いのナイターゲレンデで、いかにも滑りそうな板・装備のオジサン3人が、亀のようなスピードで『ズリズリ』とゲレンデを削りまくっているのだから。

実際・・・リフト上からの視線がイタイ。
ピンクのファー着きダウンを着たダックスタンスのネーチャンライダーも、『あのヒトたち気の毒・・・ヘタなのね』と、我々に哀れむような視線を恵んで下さる。

まあいいんですけどね・・・練習ですから。
それに、1日中亀でいるわけじゃないんだし。

スピード(自主)規制は、20:30を持って解除。
お預けを喰らったMっ気タップリの3人のオジサン達は、最後の30分間、冷え切ったアイスバーン上で狂喜乱舞するようにフル・カーヴィングを始めるのだ。
実際、ズラす練習をしっかりやった後のカーヴィングはキレるキレる。
キッカーの横をハイクアップしているさっきのネーチャンたちの『何・・・アレ?』的な視線が気持ちイイったらありゃしない。

この練習が何でこんなに効くのかはわからない・・・荷重とエッジを意識して滑ることを強要されるんで、スピードでごまかしがちなこの2点の練習がしっかりできるから・・・なんすかね?
ウチの仲間の大将(前述の『人生の師匠』)が我々に教えてくれたこの練習法を実践するようになってから、自分以外の仲間二人のレベルは格段に向上・・・才能のない自分は完全に取り残されてしまっている(苦笑)
我ら『たらのきドリフターズ』は、こんなカンジで毎週練習しているのである。

今日の初滑り(今シーズン初&2009年初)で、気持ちは完全に冬モード。
月末の社内のスノーボード部合宿に向けて、才能が無い人間にできることは・・・練習のみ!!
シーバスと同じ方式で頑張るつもりである。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


この○○ャ○ン野郎!
Category: フットサル  
始めあれば終わりあり・・・でもまだ早い気がするんだよなぁ・・・。


今日は木曜日・・・フットサルの日である。
昨日のプチ筋断裂(?)の件もあったが、今日はある理由で練習を休むわけには行かなかった。

我がチーム『FC.BANANA』は結成6年の素人集団。
結成当初はまさに第一次フットサルブームの真っ只中。
人数も多く集まり、我がチームだけで練習が成り立つほど。

しかし・・・結婚や育児、仕事の都合等で一人減り二人減りしていく内に、1チーム(5人)ですらまともに集まらなくなってしまった。
かく言う自分も、結婚の前後1年は、完全に練習を休んでいた・・・実は、引退するつもりだった。

でも、ひょんなことから、去年の3月・・・チームに復帰。
戻ったチームには、昔の活気も笑顔もなく・・・ギクシャクした雰囲気が充満していた。
それでもそれから10ヶ月・・・練習にはなるべく顔を出し、ボールを蹴った。
夏の間は、久しぶりのチームスポーツの面白さにハマり直した。

そして去年の暮れ、一緒に練習していたチームが・・・これまたメンバー不足を理由に活動を休止してしまった。
これは、我がチームにとっても明確な存続の危機。

そして今日・・・現活動可能メンバーを集め、チームの行く末について話し合った。
解散を提言するもの、拒否するもの、何も言わないもの・・・。

自分は・・・存続を声高に叫んだ。
どうしてもこのチームを消滅させたくなかった。

別に、結成メンバーだから特別な感傷を持ってるわけじゃない。
このチームの結成時の楽しさが・・・忘れられないのだ。

チーム結成の発起人は、オレの人生の師匠と呼べる人。
オレはこれまで、彼の背中ばかり追いかけてきた。
サルにボード、ランニングだって・・・面白いものは全部彼が教えてくれた。
・・・釣り・・・くらいかな・・・元々やってた遊びなんて。

その彼に・・・申し訳が立たない。
自分はこのチームのキャプテンでもないし、出戻りだけど・・・彼の残してくれたこの楽しい時間と空間を・・・なくしたくはなかった。

結果、人が集まりやすい初夏まで待って、再度結論を出す事になり・・・一応チームは存続。
各人、新メンバーの獲得に努力する事を確認した。

その後のミニゲーム・・・何かが吹っ切れたような楽しさを感じた。
人数が少ないからの狭いエリア限定での4-4。
最初に練習を始めたのもこんな狭い体育館だったなと思い出した。

おかげさまで、昨日の怪我は大したこと無かった模様。
今日はチームのピヴォとして、最前線で戦う事ができた。
冬季で屋内練習場がなかなか予約できず、次の練習はかなり先・・・その意味でも今日は楽しめてよかったと思う。


・・・で、ウチのチーム名・・・何て読むかわかります?
『エフシーバナ~ナ』です。
残念ながら果物の「バナナ」ではありません。
BANANAはポルトガル語圏だと『フ○ャ○ン』の意・・・。

下手くそ素人集団な我々が考えた、出来る限りの自虐的ギャクが・・・このチーム名。
よって、我々のチーム名をポルトガル語圏出身の人の前で叫んではいけません。
『この○○ャチン野郎!』・・・これを言われたブラジル人やポルトガル人がどんな反応を示すか・・・賢明なアナタならおわかりでしょう・・・ブラジリアン柔術で絞められますぞ(爆)


まあ、そんなステキな名前を・・・この世から消すのはもったいない・・・それが存続の一番の理由!!
そんなオチでいかがなもんでしょうか?(核爆)


テーマ : 日記    ジャンル : 日記


言わんこっちゃない・・・
Category: トレーニング  
やっぱりトシなんですかね・・・(汗)


今日も今日とてランニング。
走り終わったら、ちょっと湾内にでも繰り出そうとたくらみつつのウキウキRUN。

こないだより少し薄着にして、夜の街をjog・・・jog・・・
途中にある歩道橋・・・前にここで調子に乗って走り上ったときに、膝に違和感を覚えたこともあって、歩いて上る事にしている。
上りきったところでチョイとストレッチ。

オーバーパスしている部分を渡りきって・・・下りに入る。
引力に引かれ・・・ゆるく、一段が異様に長い歩道橋特有の階段で・・・自然に落下スピードが上がる。
下りきって、平面に入ったとき・・・左の太腿の外側に「ピリッ」と痛みが・・・

あーあ・・・調子に乗ってドカドカ下るから・・・寒くて縮み上がってる筋肉が、チョットだけ切れちゃったんかな・・・。

それでもそこで歩くにしても、この気温じゃ家に帰るまでに完全に風邪を引く。
騙し騙し走って、何とか家までたどり着いた。

服を脱いで、患部を触る・・・凹んでないし、腫れても無い。
幸い内出血もなかった。
最悪の『肉離れ』だけは避けられたようだ。
風呂に入って、シップを貼って・・・絶対安静中。
もちろんこんな体調のまま極寒の状況下での釣りなんて・・・あり得ない。

うーん・・・昔はこんなことなかったのにねぇ・・・。
まずはウォーキングから始めろってことなのか(汗)

でも・・・ウォークじゃつまらんのよね。
2~3日休んだらまた走ってみようっと。


えー・・・そういう状況ですので、今日は釣りのネタはありません!
『釣りに行く』とか宣言しておいて・・・大変申し訳ないm(__)m

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


年始
Category: その他  
やはり・・・人並みに忙しいモンですね(汗)


今日は仕事始め。
まずはボスの訓示に始まり、長い間人も暖房も入らなかった冷たい建物の中で仕事に没頭した。
マジ、3時間くらいの感覚で1日が終了してしまう。

休みの後・・・特に月曜って、時間の過ぎるのが早くないスか?
自分だけの感覚でしょうか?

明日も相当に忙しい予定。
寝るわけにはいかない(当然だっちゅーの)ので、早朝出撃は無理。
天気的にも、水曜の朝にでも釣り初めの予定である。

今、酒田は引き続きハタハタフィーバー。
相当濃い群れが寄っているようで、年末から入れ替わり立ち代り釣れ続けているようである。
当然、アソコやアソコ・・・ハタハタ有名ポイントは、連日銀色の凶器が猛スピードで上下しており・・・スズキだって寄らないっちゅーの。

その証拠に、ハタハタが釣れない(ギャングやタモで釣ることができない)ポイントではシーバスが上がったとのハナシ。
やっぱり、プレデターたるもの、デカイ図体に見合った頭脳を持ってるんだね・・・賢い。

あさっては・・・普通にサーフにでも行ってみよう。
波もちょうどいいみたいだし。
日も、17日分だけは長くなってるハズ(笑)
釣果は期待せず、釣り初めを楽しもうと思う。



それから・・・9月から始まった釣り最優先期間をとりあえず自分の中で終了としたため、今日から再びウェイトコントロールのためのジョギングを再開した(結構太ったなぁ・・・)。

このトシになると何より怖いのが、寒さによる故障。
それ防止のために・・・下からスパッツ→ヒートテックアンダー→保温用ニーソックス→フットサル用スウェット→サル用ピステと完全防備。
これにネックウォーマーとニットキャップを装着して40分のrun・・・よく職質かけられなかったもんだ(苦笑)

今日は心地よい筋肉痛・・・明日はきっともっと痛い(笑)
無理せずに続けていこうと思う。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


A HAPPY NEW YEAR!
Category: その他  
新年あけましておめでとうございます。

今年も『激荒れシーバスゲリラ』をよろしくお願いいたしますm(__)m


いきなりですが今年の目標!

【シーバス】スズキサイズを10本以上で1本は90UPを! 狙うはメーターオーバー!記憶に残る一本をこの手に抱く事!!

【アオリイカ】胴長25cm以上をゲットすること!

【バス】初の50UP捕獲!


目標実現のために、常に考えた釣りを心がけて行きたいと思います。
そして何よりも、今釣れる魚を、心から楽しんで釣って行きたい。

2009年がよい年になりますよう、心からお祈り申し上げます!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。