出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時合
Category: シーバス  
エリアも、ポイントさえも・・・ドンピシャだったのに・・・・・・海って難しいものですね・・・。



今日はBURN!のgajinさんと一緒にシーバス行脚。

朝5:30過ぎに、彼は酒田に到着する予定。
待ちきれずにちょっと、湾奥を撃ってみる。
激荒れの予報は明日にずれたようで、当然のように魚は入ってきていない・・・バイトなし。
そそくさとタックルをサーフ用にセットしなおし、待ち合わせ場所へ。

程なく、バスモービルに乗ってgajinさんが登場した。
ロッドやタックルボックス、それにウェーダー等を自分の車に積み込み、いざ戦場へ。

当初は、激荒れの外洋を避けて湾内を中心に回るつもりだったのだが、波は1mあるかないか。
急遽、目的地をサーフに変更し、本気で魚を獲りに行くことにした。

[第1ラウンド:サーフ]

現場に到着し、二人してウェーダーを履いてサーフにエントリー。
完全には明け切っていない、薄暗い波打ち際に立ち、キャストを開始した。

風は、真正面から吹き付けていて、ミノーやバイブレーションではオハナシにならない。
即、メタルジグへの変更を余儀なくされる。

・・・ふと、横を見ると・・・

『ボチャン』

・・・明らかに足りない飛距離。
そう・・・gajinさんは今日もベイトタックルなのだ(笑)

この風に対し・・・スプールの抵抗がかかるベイトリール・・・しかもラインはPEじゃない・・・さすがにキビシイはず。

ここで初めて、いきなりサーフに来てしまったことを悔やむ自分。
『釣れなくてもいいから、雰囲気だけでも掴みたい』・・・彼はそう言っていた。
ベイトタックルなら、比較的飛距離のいらない湾内がベストだったのじゃなかったか?
サーフは飛ばしてナンボ・・・これじゃあ、雰囲気も何もあったもんじゃない。

即、移動が頭をよぎる。
しかし、彼の横顔が・・・このポイントでの勝負を諦めていない・・・案の定、聞いてみると『可能性を感じる』とのこと。
こちらの心配をよそに、巧みに離岸流を見つけ出しては、メタルジグで精一杯の飛距離を叩き出しながら、攻め続けていた。

『さすがに釣り慣れてるな・・・』
少し距離を離して、サーフを先行する。
一昨日83cmを上げたポイントに到達し、メタルジグをキャスト。
着水後リールを数回巻いた時、ロッドに違和感が伝わり、リールを巻く手が止まる。

「・・・ん?何?シーバス?」つぶやきながら、悠長にもロッドを止めて聞きアワセ(苦笑)・・・完全にエギングに慣れて、悪いクセが出てしまった。
瞬間、一気にドラグが滑り始める。
「きた!」
リールを巻くも、ドラグが滑りっぱなし。
次の瞬間・・・寄せ波にラインテンションが奪われ、そのシーバスと思しき物体は、海中へと消えた。

やっちまった・・・・・・・・・orz

思わず波打ち際にヘタり込む。

その後、アタリも全く無く、移動することに。

[第2ラウンド:砂防堤]

北港・砂防堤に到着。
ここではバイトもなく、ルアーをロストして終了。

[第3ラウンド:豊川河口]

ここら辺から、ポイント巡りの様相を呈してきた。
「ここはこんなカンジ・・・」的な解説がようやく出始める(苦笑)

[第4ラウンド:北港サーフ]

ここもポイント解説のみのつもりだったが、一瞬だけ心がときめく出来事が・・・(これは二人だけの秘密)
ここで、風が西から南東に変わっていることに気づく。
『これなら、ジグどころかミノーも飛ぶでしょ・・・』と、再びサーフへ向かうことに。

・・・しかし、この時サーフではとんでもないことが起こっていた。

ロストしたルアーを補充しようと立ち寄った釣具屋・・・そこで衝撃の事実発覚。

なんと、我々がいたサーフの、我々が立っていたポイントで、我々が帰った後に、合計5本ものシーバスがキャッチされていたのだ・・・orz

即、ヒットルアーを購入(爆)し、現場へと向かう。
到着すると、さらに3本のシーバスをストリンガーに下げて、2人のアングラーが帰路につくところだった。
テンションが上がる。

メタルジグをフルキャスト・・・gajinさんもさっきとは比べ物にならない飛距離。
そりゃそうだ・・・だって、さっきまで遠心ブレーキフルロックだったんだもんね・・・全く気づかなかったらしい(核爆)

・・・・・・・・・しかし・・・・・・バイトなし・・・orz

時合が終わってますた・・・(涙)


一時退散して昼食タイム。
MYフェイバリットラーメン店で舌鼓。

その後、三度件のサーフへ(爆)
結局日没近くまでやって・・・ノーフィッシュ(涙)
夕マヅメはシーバスが全く寄り付かなかった模様・・・隣のアングラーが鰆を2匹上げてただけ。

今回の敗因は・・・ただ一つ。
時合を逃したこと。
この時期のサーフは、日が上がって水温が上がってからの方がいいことが多いのだ。
それを知っているサーフスペシャリストたちは、しっかり時合にアジャストして釣果を上げていた。
しかも今日のヒットカラーはアピール色一辺倒・・・確かに水が濁ってたなぁ・・・ルアーはナチュラルとアピールどっちも必要だってことだよね(涙)

薄暗くなりかけたサーフ・・・車へと向かって歩きながら、gajinさんと会話する。

「やり切りましたね。」
「ええ・・・やり切りました。」

ノーフィッシュは確かに悔しかったが、妙に感じる充実感。
サーフというつかみどころの少ないフィールドに1日かけて挑むのは、まるでバス釣りを始めたころのように、大変だが・・・それ以上に楽しかった。

gajinさんは最後に「雰囲気掴めたんで、今回はミッション・コンプリートでお願いしますよ。」と言ってくれた。


家についてしばらくすると突然の雷雨・・・暴風。
こんな天気だったら、今日の釣行自体ムリだったなとボーっと考えていると、メールが。


『次は・・・獲ります!』

やはり彼は・・・諦めていなかった。
さすが鬼・・・エロ・・・いや、モンスターハントの鬼gajin。
何時の日かまた・・・戦場で逢わん事を。

次こそは、紗季っちょのようなピッチピチの食べごろシーバスをゲットしましょう!!(爆)

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


鬼が来る・・・
Category: その他  
明日・・・酒田に鬼が来る。

何の鬼って?
そりゃあ・・・エロ・・・でなくて、モンスターハントの・・・あの鬼。

入隊希望とか、雰囲気掴めばいいとか謙遜してるけど、上手い人は何釣らせても上手い・・・それが世の常・・・エギングがいい例だ。

できれば、1匹釣って帰ってもらいたい。
でも、相手はシーバス・・・居ても喰わないことの方が多い(であろう)、気難しい魚。
出来るだけフレッシュな固体のいそうな場所を中心に回ろうと思う。

天気は・・・持ちそう。

いい一日になることを祈って・・・ラインシステムを組みなおす、戦いの前夜。




・・・・・・・・・・・・あ・・・Gさん・・・スピニングのラインシステム・・・組んでるんだろうか?(大汗)

でも、多分ベイトで押し通すんだろうから・・・そんなのどうでもいいことか(核爆)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


砂の女王・・・降臨!
Category: シーバス  
いや~・・・やっぱりM女よりダンゼン女王様ですね(爆)

【11月27日(木)5:40~7:30 遊佐町サーフ】

波はないのはわかっていたが、風が南東・・・こりゃ大好きなミノーもイケるぞと、昨晩出撃を決意。
午前5時で家を出発し、ほんの20分程度で目的のサーフへ。

準備を済ませ、サーフにエントリー・・・誰も居ない。
そりゃそうだ・・・だって気温が2℃!!
こんな日に竿振ってるのは、よっぽどのマニアだよね(汗)

しばらく歩くと、沈礁(ヘッドランド)と沈礁の間に、なぜかそこだけ波が立っている場所を発見。
そのエッジから攻め始める(離岸流が出てないかと)。

実は一投目・・・着水して、糸ふけをとった瞬間・・・

ドゴン!!

トップウォーターバイト・・・・・・(゚∀゚)キタコレ

ロッドをあおってアワセを決め、リールを巻くも、ただ重いだけ・・・。
シーバス特有のトルクのある『ドルンドルン』といった魚信がない。
「コレってヒラメ?」瞬間、エンガワで乾杯する自分が脳裏に浮かぶ(爆)
でも、表層で食うなんて聞いたことないし・・・。

しょうがないんで、グリグリとリールを巻く・・・しかし重いな、この物体・・・。
あんまり動かないモンで、この時点では、もしかすると漂流していたゴミかもしれないと、過度な期待を頭から消し去ろうとする自分も顔を出したりして・・・。

目だった抵抗もないまま波打ち際のブレイクに差し掛かったとき、いきなり、薄暗いマズメの水中に銀色の魚体がギラリと光った。

「え~!やっぱシーバスなの~?」
暗がりで叫ぶ明らかに不審なゲリラ風の男・・・しかも今日は下半身がウェーダーなんで怪しさ100倍(爆)。

不審者の声が聞こえたのかはわからないが、イキナリ女王様はそのプライドにかけて抵抗を始める。
3回ほどドラグを鳴らされ、エラ洗いまでかまされる。
女王さまはお怒りだ!!
早く・・・砂のベッドにお寝かせせねば・・・。

瞬間、釣具屋のご主人の言葉が脳裏に浮かぶ。
『引き波の時に無理して引っ張ると、ほぼ間違いなくバレるよ・・・。』

引き波をラインテンションだけかけてやり過ごし、寄せ波に乗せて魚体をズリ上げる。
途端に、魚体を押し上げていた浮力が失われ、その体の重さもあいまって、波打ち際の非常に微妙なラインで、女王様は停止してしまった。

瞬時に駆け寄り、フットランディング(爆)。
両足で魚体を挟み込み、すり足で魚体を岸の方向へとズリ上げることに成功。

上がってきたのは・・・
20081127
ドーン!83cm 4.2kgのサーフの女王様!!

今年初のランカー・・・キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

女王様・・・ゲットォォォォーーーー!!!


その後はバイトなし。
ただ、今日は曳き網船が近く、カタクチらしいベイトも波打ち際でピチャピチャと跳ねていた。
波が無いとは言え、シーバスが岸に寄る条件が整っていたのかも。

速攻で釣具屋さんに電話をかける。
今回のは大物なので、釣果報告で釣具屋さんのHPにご協力(いつもお世話になっておりますので)。

帰って祖母に捌きを依頼して仕事へ。

Mission complete!・・・今日は文句なし!!

いや~・・・夜の女○盛・・・いや!刺身パーティーが楽しみだ!!

[使用タックル]
 ロッド:ダイワ LABRAX 106ML
 リール:ダイワ CERTATE2500R-CUSTOM(SOM EX-2500A換装)
 ルアー:TideMinnow135 SURF(TSクリアブルーイワシ)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


肩イタイ・・・
Category: シーバス  
今まで、いかに軽いモノばかり扱ってきたか、思い知りました・・・。

今日の午後は土日の振替休だったので、行きつけの釣具屋のご主人と一緒にサーフ巡り。
ナウファス、波浪予想からベタ凪を予想していたのだが、現場に着くと結構な波気。
一気にテンションが上がる。

最初のポイントから、いきなりいい離岸流を見つける。
今日はミノーで攻めたかったが・・・あいにく北よりの風が強く、まったく飛ばずにすぐメタルジグに切り替える。
ご主人と入れ替わり立ち代りキャストを繰り返すが、ご主人に一回ミスバイトがあったのみで、移動。

2箇所目。
目の前に広がるキレイなサラシ。
しかもサラシを斜めに離岸流が横切っているというこれ以上ないほどのオイシイポイント。
ジグ・バイブレーション・・・何度もルアーチェンジしながらポイントを狙うも・・・バイトなし。

いくら波気があって、サラシが広がっていても、ベイトがいなければシーバスもいないという厳しい現実に打ちひしがれて、今日も敗退した(涙)

うーん・・・やっぱり単発じゃあダメなんだなぁ。
通えるだけ通って、サーフというフィールドの様々な表情を垣間見ないことには・・・砂浜の女王にはお目通りがかなわない様だ・・・。

帰ってきて、家でテレビを見ていると・・・なんだか右肩が妙に重い。
しばらくすると、肩から首筋が石のように硬くなってきてしまった。

重いジグを、横風に負けないようにライナーキャスト&リフトアップしてたら・・・右肩が完全にイッてしまったようだ(汗)

今まで投げていたのはミノー・・・いくら重くてもせいぜい20gちょっと。
28g・・・しかも放っておけばどんどん沈む鉄のカタマリをアクションさせるのは、チトつらかった。

うーん・・・明日まで治るんかなぁ・・・コレ(滝汗)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


Return to Nature
Category: その他  
やっぱり東北は寒いですね・・・。
東京から帰ってきて実感。

あちらはやはり暖かい・・・そりゃあ1年中シーバスも釣れるっちゅうねん。

今回の目的は友好都市同士の小学生の交流。
酒田の子は昨晩、東京の小学生の家にホームステイし、都会を満喫したことだろう。
別れの朝・・・手土産をたくさんぶら下げ、駅で別れを惜しむ子供達・・・列車が見えなくなるまで手を振って見送ってくれる人々・・・なかなかにいい風景だった。

そんな子供達、さぞかし都会に感化され、田舎に戻るのがイヤになっているのでは・・・と心配していたのだが、予想は気持ちいいくらいに打ち破られた。

「明日は朝から釣りに行くか」とか
「早く雪降らないかな~」とか、およそ都会とは縁遠い内容ばかり大声で車中で話し合う彼ら。

そこで一言聞いてみた。
「東京・・・おもしろくなかったの?」

それに対し、自分の隣に座っていた小学校5年生はこう言った。
「ううん。おもしぇけよ(おもしろかったよ)。でも・・・やっぱり・・・」

「ド田舎バンザイだよ」

”外で遊ばない”とか、”ゲームばっかりしてる”とか、自分等の頃にくらべネガティブな部分ばかり語られることの多い今の子供達だが・・・捨てたモンじゃないなと素直に思った。


自分の方はと言えば、数年ぶりの東京・・・狭苦しい道、乾いた空気、コンクリで固められた街や川・・・やはりどうも肌に合わない感じで、早く自分のまちに帰りたくて仕方なかった(仕事なんで仕方ないけど)。

要するに、自分が一番「ド田舎バンザイ」だったんだろう。

ようやく・・・帰ってきた。
明日から釣りしまくるぞ!!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


TOKYO
Category: その他  
しかし・・・釣れませんね(汗)

ここ数日の荒れじゃあ、おっかなくてサーフになんか近寄れないし、磯などもってのほか・・・。
よって湾内で、雨・雪のひどくない時にがんばってはいるのですが・・・ベイトも見えず、シーバスも当たらず。
今日なんかは気温も2~3℃上がって、いい感じなんでないの~と広範囲爆撃を敢行するも、不発。

参りましたね・・・自分で見つけられないばかりか、周りでも釣れたというハナシを聞きません。
予報では、このままのレベルの荒れが、しばらくは続く模様・・・。
こんな状況がずっと続かれても、困るんですがね・・・。

ま、明日から2日間東京だから、どうしようもないんだけれども・・・。

・・・・・・・・・ちなみに、日本屈指のシーバスフィールド東京湾を目の前にして釣り・・・一切できる見込みナシ(涙)仕事なんでしょうがないんですけど・・・。

うーん・・・今年中にもう一本上げられるんだろうか・・・?
不安になってまいりました(汗)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


湾奥終了(?)
Category: その他  
雪が降ってきましたね。

3フィンガーレスグローブの3フィンガーが、著しく凍える季節になってきました。
ネオプレーンの5フィンガーグローブの購入を本気で検討しております・・・トシなのでね(苦笑)

最近、折を見ては湾奥に通っているのだが・・・さすがにベイトも見えず、バイトもなく・・・生命感が失われてきた。
こうなると、どんなに荒れても、そう簡単には奥まで入ってきてくれなくなり・・・終了となる。

ということで、今日の晩はエリアを変えてやってきたが・・・吹雪の中、堂々ノーバイト(号泣)

やっぱり慣れてない場所で結果を出すのは難しい・・・何より広いエリアだし・・・orz
でも、どこに魚が付いているのか、ベイトは、ルアーセレクトは・・・などなど、イチから考えるのはやっぱり楽しいものである。

明日の朝・・・雪が積もってなければ、またチャレンジしてこようと思う(まだタイヤ替えてないので)。
これだけ荒れれば、魚が入ってこないわけがないんだから・・・。

P.S R氏、ジグ投げたけど、ダメでしたよ(涙)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


また変えた・・・
Category: その他  
えー・・・皆々様・・・このたびは本当にありがとうございましたm(__)m

ワタクシのテンプレチェンジ・・・二転三転・・・迷いに迷って迷宮に入る寸前に・・・救われました。

ジツは・・・帰ってきてから1時間もPCの前でう~ん・・・と唸りっぱなし・・・。
いいのを見つけてしばらくすると・・・陳腐に思えてきたり(作成者の方に失礼ですね・・・あくまでワタクシのダメダメな感覚ってことでご勘弁を)、シンプルでカッコイイじゃんと思いつつも、私のブログテーマとのイメージの乖離に気づいてしまったり・・・。
センスねえなぁ・・・とガッカリしていたところに、G師匠の救いの手が・・・(嬉涙)

ズバっと指摘してくれたJPさんとgajinさん、やさしく許容(爆)してくれたreopapaさん、みなさんのお陰でとりあえず落ち着きました(自分的に・・・爆)。


ハナシは全く変わりますが、さっき、酒田でも激しい霰が・・・。
今は雷雨ですが、これが明日には雪に・・・変わるんでしょうか・・・。

今朝、ちょろっと湾内様子見に行ったんですが・・・何とタチウオをミノーで釣っておられる御仁が・・・指三本でした(驚)
肝心のシーバスは上がらなかったようですが・・・タチウオが入ってくるということは、相当潮が流れ込んで来ている証拠・・・これからもっと荒れるんだそうで・・・いつものポイントが厳しいなら、エリアをバッサリ見切って、ちょっと遠出してみるか・・・。

でもまずは、このカミナリがなんとかならない内は・・・恐ろしくて車の外にも出られまへん(すっかりヘタレ)。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


変えてみた。
Category: その他  
インパクト重視のスカルから、自分の大好きな色・・・パーソナルカラーとも言える、青中心のテンプレに変えてみた。

スッキリしたね・・・相当。
今までのは目がチカチカ・・・これからは目に優しく・・・エコっぽく行きたいと思います(エロではなく[爆])

さて、イカの余韻が残りまくりのこの右手・・・しかぁし!!このままぬるま湯に浸かっている訳にはいかんのです。
明日からはまた、本来の獲物のケツを追い回す日々が始まる!!

明日からの荒れは相当に気合が入っているらしい・・・湾内にも入ってくる・・・かもしれない。
入ってこないってなら・・・サーフで迎撃してやるっ!!


待ってろよ~シーバスどもぉ!!

うぉぉぉぉーーー!ランカー釣りてぇぇぇぇぇぇぇーーー!!!

・・・う~ん・・・せっかくさわやかなテンプレにしたのに・・・中身が・・・どう考えても”エコ”ぢゃないよね(爆)

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


『え・・・まだスルの・・・?』
Category: エギング  
この台詞をご家庭で言われたことのある御仁は・・・さぞかし絶○・・・いや、漢の中の漢ですねきっと(爆)
ちなみにワタシは経験ありません・・・でも・・・釣りでなら・・・こう言わせてしまうくらいのシツコさを持っております。

言ってきました庄内秋アオリ居残り特訓第2ラウンド!!
釣果(!)報告ですぅ~!!!!


【11月16日(日)6:20~7:30 鶴岡エリア某ポイント】

朝・・・ふと目が覚める。
目覚ましも鳴ってないのに、セットした時間の2分前に目が覚める・・・人間の体内時計の正確さには本当に驚かせられる・・・ま、釣りの時しか機能しない時計ですけどねっ(爆)

車に飛び乗り、昨日のポイントへ。
到着すると、結構車が停まっている。
でも・・・昨日gajinさんと馬鹿笑いした場所には・・・誰一人として立っていない。
もっと奥の『いかにも』なポイントに数人のエギンガーが立っているのが見えた。

『・・・そこじゃないんだよねぇ・・・(多分)』
心の中でつぶやいて、ポイントへ。

昨日、釣具屋で購入したエギマルをラインに結び・・・キャスト。
昨日・・・ここでサイトしていて思ったこと・・・金テープやマーブルには全くイカが反応しない。
よって、昨日購入したエギは・・・赤ベースの背中オレンジ(この時点ではマヅメ時のローライトコンディションでのサイトフィッシングも視野に入れていたので)。

エギは、相当な距離を飛行し、着水。
昨日は晴天で海水が温められていた。
対して今日は曇天+朝マヅメ。
きっと、水温は今の方が低いだろう・・・だから、ベイトもイカも少し沖に落ちてると予想しての・・・ロングキャスト。
実際に足元にベイトは見えなかった。

底を取って、1シャクリ。
さらにフォールさせて、ラインが撓んだのを見て、再度シャクリに入る。

・・・その瞬間・・・

ドン!

の・・・乗りましたよーーーーー!!!!

苦節25日(ほとんど1ヶ月じゃん・・・)、ついに・・・やりました!!

手ごたえでわかるサイズ・・・はっきり言って大したことない。
でも、この際サイズなんてどうでもいい。
イカの手ごたえをこの時期に味わえたことがとてつもなく嬉しかった。

抜き上げてみると・・・
20081116
メジャーを忘れてしまったので定かではありませんが推定15センチの♀でした。(結構マジ抱きですね・・・)

こんな時期までショアラインに残ってくれていたこと、そして何より、オレみたいな下手クソのエギを抱いてくれたことに感謝して、この1杯はリリースした。
『来年の春・・・デッカくなって、もう一回オレのエギを抱いてくれよ・・・』そう、つぶやきながら。


結局この日はこの1杯止まり。
午前中に娘の七五三詣でに行かなければならないため、7:30でポイントを辞した。

いやぁ・・・マグレにしちゃ、出来すぎ。
これで、気持ちよくシーズンを締めくくることができそうだ。
このポイントへ導いてくれたgajinさん、彼と引き合わせてくれたreopapaさんに本当に深く感謝したい。

この調子なら、来週もイケそうなんだけど、どちらにせよ、今週入ってくる寒気の規模次第。
今週はしっかりシーバスに向かってみて、その後ゆっくり考えようと思う。
(え・・・まだ・・・スルの?[爆])

今日は見事・・・ ミッション・コンプリーーーーーート!!!!

うぉぉぉぉーーーーーマジ・・・ウレシーーーー!!!!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


イカがわしいハナシ・・・
Category: エギング  
いや~・・・やっぱりスター☆は違いますね。
背中からオーラが出てました・・・。


さて・・・行って来ました庄内居残り(?)エギング修行。

日に日に寒くなる一方の朝マズメは、水温が上がらないだろうということでバッサリと捨て、尚且ついつも通っているエリアは、フグが多い状況が変わっていないことを予想してこれまたバッサリと切り捨ててみた。

一気に南へ。

とは言っても、ちょっと浮気して某岬の先端をやってみるも・・・フグバリアが・・・orz。
でも、昨日までと違って、なんかチッチャイベイトがフグに追われてる。
多分極小のカタクチイワシ・・・だと思う。
イカの反応はなかったが、ここでは届く範囲にナブラも確認できた(ジグなかったので撃てず・・・)。


さらに南へ。

時期が時期だけに、いたる所に黒師・・・黒師・・・黒師・・・。
入る磯がありまへん(汗)
どうせならということで、一番南まで行ってしまいました。

そこは超有名なあの漁港。
実績タップリなこのポイントに、今シーズンを終えてもいい覚悟で入った。
思い返せば1年前・・・11月第1週だったか・・・昨シーズンはここで1パイ釣って締めくくったのだ。

今年も、そうありたい・・・そう思いながらエギをキャスト。
・・・しかし・・・アタリなし。
足元のクリアウォーターには・・・やはりフグバリア・・・。
同じ堤防に居合わせた新潟から来たというアングラーに状況を伺うと、新潟県北エリアではまだ釣れているとのこと。

「それなら・・・ここで釣れないハズはないんですけどね・・・」両者の見解は一致しているのだが・・・いかんせん水中からの反応は皆無。
ほとほと困り果てていたところにreopapaさんからメールが・・・そこにはイカの写真。

・・・え?イカの写真?

『G氏が今日上げたイカです』

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
イカ・・・イターーーーーー!!!!


メールの続きを読む・・・

『G氏、すぐ近くにいるみたいですよ』

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
チャンス到来ーーーー!!!!


速攻でエギをピックアップし(何しに来てんだよ・・・[苦笑])、車に乗って現地へ。

現場に着くと・・・彼がいた。

もう・・・3年も前から、彼のブログを拝見していた。
数々のモンスターハント・・・魅力的な文章・・・そしてセンスのいいサイトデザイン・・・。
その全てにボクは憧れていた・・・。


そう!山形岸釣りサイトの雄 BURN! のgajinさん!!

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
神・・・キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
スター☆・・・キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!


・・・ま、そんなことを言ってたら「やめてください」と軽く拒否されましたが(爆)

それから、一緒にシャクりながらお話させていただく。
釣りの事(15%)・・・身の回りのこと(5%)・・・エ○のこと(80%)・・・
実に8割がた『ピー』という音が被さるような内容で、いい大人が二人して海を前にしてゲラゲラと笑いあった。

実は最近、荒れやらフグやら激ホゲリやらで、明るい話題がなかったもんで・・・この2時間は本当に心から楽しかった。

gajinさんのサイトにも載ってますが、このポイント・・・恐ろしく魚影(イカ影)が濃い。
他のどこのポイントにもあったあのフグバリアがないばかりか、尺アジがウヨウヨ・・・その周りには・・・実に25センチクラスのイカのスクールが・・・驚愕の光景だった・・・。

まあ、釣れませんでしたけどね(爆)
エ○トークに夢中になって、釣りがどうでもよくなった時に限ってイカパンチされるし・・・後ろに結構デカいヤツ見えるし(苦笑)
ま、そんなこともどうでもいいくらい楽しかった。

一通り攻め終わり、イカも見えなくなったところでストップ・フィッシング。
二人してポイントを辞した。

帰りしなにすこしgajinさんと話したのだが、モンスターハンターたるgajinさんにこそ、『シーバス』という獲物はピッタリだと・・・ご本人に直接お逢いして実感した。
あの長大な身体から繰り出される、遅効型の暴力的なまでのトルク・・・それを強○・・・いや、剛竿で(爆)いなしてぶち抜くgajinさんが目に浮かぶ・・・。

タックル満載のバス・モービルに乗って颯爽と去っていくgajinさんを見送りながら心の中でつぶやいた・・・

今度、機会があったら(なければ作っても)、シーバス一緒にやりましょうよ・・・G師匠!!

・・・あ、当然ながら・・・今日はミッション・インコンプリート>・・・G師匠のピンク色のオーラに当てられてしまいました!!(核爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


NEVER GIVE UP・・・
Category: エギング  
結果から申しますと・・・討ち死に多数・・・

我が軍は敗北であります・・・殿・・・。潔く・・・ご切腹めされぃ・・・!!



今日は、昨日行けなかったために溜まっていた鬱憤を更に溜めるべく(爆)晩秋のエギシャクリ修行にでかけてきた・・・しかも早朝に。

いつもの磯に入ると・・・誰もいない・・・。
隣の磯の沖に1つだけ電気ウキが見えるだけ。

風は・・・完全に無風。
若干のウネリはあるものの、エギングには申し分ないコンディション。
目の前に浮かぶ十五夜の月に向かって、3.5号のエギをフルキャスト・・・ロケーションも最高ですな!!

・・・・・・・・・でも・・・・・・エギ・・・全く異常なし!!

悲しいくらいに、今日もノーバイトでした(号泣)


明るくなりかけても、状況に変化はない。
『帰ろうかな・・・』そう思ったとき、後ろから声をかけられた。

・・・Kさんだった。
Kさんは、県境からずーっと叩いてきて、ノースクィッドとのこと。
疲れが顔に浮かんでいた。
二人でシャクリながらお話をする。

このKさん・・・相当な癒し系(失礼かもしれませんね、こんなこと言って・・・)。
普段、荒々しい浜言葉に慣れている自分にとって、Kさんの穏やかな話し方は、寒い釣果に冷え切った心に染み渡りました・・・。
しかも・・・あんなステキなお土産までいただいて・・・本当にありがとうございましたm(__)m

そんなことをしているうちに、仕事の開始時間から逆算したタイムリミットを向かえてしまう。
「今年は終わりかな・・・」そうおっしゃるKさんに挨拶をし、磯を辞した。

その後、コチラに出撃しているらしいJPさんから、いろいろ情報をいただくも、芳しくない様子。

結局・・・イカの姿は見れなかったみたい・・・神の手をもってしてもダメか・・・。
かつてない落胆を感じながら、今日という日は終わりを告げた。


いろいろなところで聞く情報を総合すると・・・
水温がこの時期にしては高いためか、フグがいなくならず、それを恐れてメインベイトであるアジが寄ってこない(実際アジ釣り師も壊滅状態の模様)らしい。
今年は台風が1回もコチラを通過していないが・・・それが、海のみならず、陸上も含めていろんな自然状態に影響を与えているらしいです(良くも悪くも)。
甚大な被害をもたらす台風も、全く来ないのもダメなんですね・・・。

さて・・・これからどうしようか・・・。

メインはシーバスに完全にシフトするとして・・・凪の時・・・もうちょっとだけ、磯でエギをシャクってみようと思う(どうせ、そういうときはシーバスもダメだろうし・・・)。

今のままでは、なんか気持ちが宙ぶらりんで、納得もできないし、諦めもつきそうにない。

どうせなら、もっと悪あがきしてやる・・・その結果コテンパンに叩きのめされてもいい。
その悔しさは・・・必ず、来シーズンに向けてのモチベーションに変わるハズだから。

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


目の前にいるのに・・・
Category: その他  
今日は午後から湯野浜のホテルで会議。
終了予定は5時・・・当然直帰プランで・・・帰りしなに磯をたたくつもりだった。

しかし・・・終わってからの他愛の無い会話の長いのなんのって・・・
結局ホテルを出たのが6時過ぎ。

事情により、帰宅せざるを得ない時間帯になってしまっていた(涙)

チクショー!!こんなチャンス滅多にないのに・・・
よって、夕方の南磯情報は・・・ありませんm(__)m

しょうがないな・・・明日も朝練に行くか・・・眠いけど。

Kさん・・・釣ってるかなぁ・・・。
第一、エギの届く範囲にイカがいるんでしょうか?

何とか1ハイ上げて、今シーズンを締めくくりたいものだ・・・。

今日も早く寝ようっと!!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


遠く、遠く・・・
Category: エギング  
遠く、遠く、離れていても・・・♪
遠いです・・・バイトもベイトも・・・。

今朝も行って来ました南磯。
行きの道中・・・道路の温度計が0℃を示してる・・・MYCarの温度計も気づくと0℃・・・。
道路濡れてたら・・・滑るよね~なんて思いながら、車を走らせる。

到着すると黒師らしき先行者が・・・邪魔にならない場所に入らせてもらう。

・・・・・・どばぁ~~~~

ってアレ?なんでこんなに北東風強いわけ?爆風レベルなんスけど・・・(滝汗)

でも波はないので、波打ち際ギリギリまで降りて、ラインメンディングをしつつ頑張ってみるが・・・アタリなし。
しばらくするとCUTMANさんが宣言どおり(笑)合流。

で・・・・・・6時まで完全ボーズでした!

明るくなって足元を見れば、相変わらずのフグバリア。

沖を見れば、水平線のあたりを爆走する引き網船・・・。

この二つの風景だけで、ワタクシの心を折るには十分でした(涙)

・・・・・・・・・ベイトも寄ってないし、イカも・・・こんな状況でどうやってモチベーションを保てはいいんでしょう?

助けてくださぁい!!お願いだから・・・誰か・・・誰かイカ釣って見せてくださぁぁぁぁぃ!!!!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ATフィールド展開中・・・
Category: エギング  
ダメっす・・・
敵のATフィールドが強固過ぎて・・・突破できないっす・・・ミ○トさぁ~ん! (失礼)

冗談はさておき、行って来ました半ナイトエギング。

結果は・・・惨憺たるもの・・・。
アタリどころかカスリさえナシ。

波はそんなに無く、足場の低い所でも、沖に目を凝らしつつヨタ波に気をつけていれば大丈夫な程度。
プラス恐れていた濁りもあまりきつくない感じ。

でも・・・釣れまへん。
なぜなら・・・ヤツらが・・・あの忌まわしい・・・フグバリアが・・・まだあるのです!!

隣にいた黒師さんも、昼から8時過ぎまでやってボーズだそうで。
「餌取りがひどくて・・・水が暖かすぎてダメだ・・・」とのこと。
確かに・・・触ってみると16℃以上に暖かく感じる・・・むしろ17~8℃くらい?(気のせいか)

この水温の高さがフグを磯にとどまらせているのかも・・・。

まあ、釣れない要因はフグだけじゃないでしょうが・・・自分がヘタ過ぎるのもあるんでしょう。
今日は大潮らしく、強烈な上げ潮が効いていて、エギが一瞬で数メートル流されてしまって、なかなか底を感じることが難しかった・・・。
まだまだ修行が足りませんな・・・。

でも・・・千載一遇のこの凪・・・逃すわけにはいかず・・・連チャン坊主覚悟で・・・明日の朝も行って来るかな!!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ただ今休養中・・・
Category: その他  
本日の合計睡眠時間・・・12時間・・・いや~ナンボでも眠れますね(笑)

ウイークデーはほぼ毎日朝練と仕事帰りの部活動・・・
その上、昨日も朝晩出撃した。
さすがに、身体が悲鳴を上げ始めたようで、昨日の夜に竿振っていたら背中に違和感が出始め、頭も重くなってきてしまった。
即・・・撤収し、10時間の睡眠をとる。

で、本日は完全休養日。
もともと、日曜日は家族サービスの日。
それにかこつけて(笑)、買い物から帰ってきた午後・・・2時間も爆睡してしまった。

今回の荒れも、釣果は芳しくなかった・・・と言うか、ボーズ(1バラシ)。
それでも、やっぱり群れは入ってきていたらしく、昼間湾内でサビキやってた人に、スズキがかかったんだとか(さぞかし大騒ぎだったことでしょう[笑])。

・・・要はタイミングの問題なんだろう。
自分が振っている時間帯に、フレッシュな群れが入ってきていなかった&出て行った後だったということ。
夜だから、常夜灯があるから・・・が全てではないということの証拠。

かと言って・・・深夜帯とか真昼間にシーバスやる気は起きないしなぁ・・・。

・・・にしても、傾向的に、そろそろマイホームグラウンドの湾奥部分は厳しい季節になってきたと思う。
荒れても、連発しなくなってくると、そろそろ湾奥も終わり。

・・・次は・・・サーフか・・・磯マルか・・・。

・・・でもその前に、今週は凪ぐみたいなんでエギングですな!
目指せ25cmオーバー!!

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


same time,same place・・・
Category: シーバス  
『あれって、こないだと同じ魚なんじゃないの・・・?』

魚釣りをたしなむ人であれば、ある程度経験を重ねて行けば、だいたいの人がこんな思いを抱く機会があるのではないだろうか。

本当にそんなことがあるのかどうかはわからない・・・。

野池のバス相手ならまだしも、自分が相手にしているのは、国際貿易港酒田の湾奥部・・・ある程度限定されたエリアとは言え、その規模は大きい。
しかも下っていけばそこは確実に外海に繋がっていて、魚は常に出たり入ったりしているのだ。
数日前と同じ魚を相手にする確率なんて・・・本当に低いのかもしれない。

・・・でも・・・今日のアレは・・・絶対に同じ魚だぞ!!(悔涙)

・・・では、事の顛末を・・・。

今朝もおじいさん並みの早起きで、湾内へ。
いつもと同じルーティーンで、最近調子のいい足場の高い堤防へ。

堤防に立つ・・・

グワァ~! ドビュー! ザッパーン!ってな感じで激荒れ。
一昨日とは全く状況からして違う。

こういう状況だと、コモモは厳しいことが多いが・・・今日は何か、荒れの割には水が濁ってない。
そうすると、ベイトがイワシなので、カウンターのイワシを投げたくなるわけで・・・。
堤防の上に膝立ちになりながら、精一杯ティップを下げてカウンターを引いてみた。

3投目かな・・・

ゴン!という明確なアタリ。

「ヨシッ!」とつぶやいて、ファイトに入る・・・が!
コイツはまたもやジャンパー。
暗いから見えないけど、ヒットしてから、常に身体の半分以上を水面から出してる感じ。

・・・そう、一昨日バラした1匹目の魚と全く同じ。

よく考えれば、時間帯も、ヒットしたポイントも全くと言っていいほど同じ(これは後で気づいたんですが)。

一昨日と全く同じ、3回のエラ洗いを決めてからの、足元への強烈なダッシュ(潜ってるわけじゃなくて、平面的なコッチ方向への高速ダッシュ)で、ヤツは思い通りにフックを外して逃げていった。

わかってやっているんだとしたら、相当に頭のいい魚。
人間に釣られていることを認識して、自分を引っ張る方角へリールのライン巻取り速度を超える高速ダッシュを敢行して、ラインテンションを抜いている。
そしてその前段として、フッキングを決めさせないための連続エラ洗い・・・実に合理的なファイト(魚側からの)である。

だとしたらきっと、前科者。
前も釣られたことがあるんだろう。
当然・・・居着きの魚である。

今回ばかりは、逃げられた後、しばしの放心状態に陥った。
そして、それ以上は釣れる気がしなくなってしまった。
コチラの完全敗北である(涙)

その後、ポイントを変えての1投目で「ゴン」とアタリがあるも乗らず。
次のポイントでは、ダツにルアーを引っ張られ・・・戦意喪失。

今日は完全にミッション・インコンプリート・・・ヤツにしてやられた・・・。

印象として、今日バラしたのは、一昨日と同じ魚ではないかと思う。
あまりにも時間・状況・ファイトが似通っている(フックが抜けたときの感触ですら、全く同じだった)

今のままでは、次にヤツを掛けたとしても、同じやり方で逃げられてしまうだろう。
考えられる対応方法は2つ。
一つはフックを細軸に替えて、触れた瞬間に掛かるセッティングにすること。
もう一つは・・・一か八かの上方向への電撃フッキング(古ぅ・・・)。

前者は・・・掛けてからが怖いんだよな・・・自分はドラグきつめなんで(でないと、ストラクチャーに走られて終わり)。
後者は・・・もしアタッった魚が今日のヤツじゃなかったら、本来のスタイルで獲れてるハズの魚を逃がすことになりかねない・・・。

所詮・・・自分には獲れない魚ってことか・・・。

今度、CUTMANさんと一緒に行って、獲ってもらおうか・・・そうすれば、どんな悪人面してるのか・・・見れるかもしれない(爆)

今日の酒田鶴岡方面は激荒れ・・・南突堤の向こうに大きな白い波頭が・・・(恐)
釣りに出かけられる皆さん、そして海の近くでお仕事に従事される皆さん、くれぐれもお気をつけ下さいm(__)m

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


JUMP
Category: シーバス  
【11月6日(木)4:15~6:15 酒田港湾内】

いつもどおりの4:00起床・・・ムックリと起き出し、奥様と娘を起こさないように支度し、出撃。

現場に着くと・・・やはり遠くにイワシ釣りの人たちの焚くライトが光っている。
・・・今日もイワシはいるようだ。

とりあえず、いつものポイントで、一投目・・・二投目・・・三投目・・・。

・・・・・・やっぱりいませんか・・・orz
なんか、今シーズンはここでいい思いをしているだけに悔しい・・・。

朝練は時間との勝負。
後に控えている『仕事』が自分を急かし、逆に集中力を高めてくれる。
ダラダラとしたナイトゲームよりは、充実した釣りが出来ている・・・ような気がする。

喰ってくれる魚のいないポイントに貴重な時間をこれ以上くれてやるわけにはいかない。
10分ほどで、移動する。

次に来たのは、こないだCUTMANさんと来て釣ってしまった(笑)足場の高い堤防。

堤防に登って、元ガイドに引っ掛けたルアーを外そうとしたとき・・・「ピチャッ」とベイトが騒ぐ音。

「いるじゃん・・・」
つぶやきながら、手に取ったルアーを眺める。
常夜灯の灯りを反射してギラギラと輝くそのルアーは・・・コモモカウンターの・・・・・・イワシカラー

ハイ・・・昨日釣具屋でReaction Buy!!(R氏、ごめんなさい)しちゃいました!!(爆)

イワシの入港が本当なら、これはまさにマッチ・ザ・ベイトなハズ。
祈るような気持ちを込めて、明暗部向こうにルアーをキャスト。

最近思うのだが・・・いくらバイトが明暗部に集中するとは言え、後ろからチェイスする固体もいるだろうし、暗部に潜んでいるヤツにしても、光の中を泳いでくるルアーは相当遠くから見えるハズ・・・。
とすると、あまり明暗部に近い場所に着水させてしまうと・・・その時点で見切られるんではないだろうか・・・。
その思いから、左から吹き寄せる風に乗せてのロングキャストを選択した。

一投目・・・バイトなし。
なければ、すぐに横移動。
ここの魚は勝負が早い・・・一回通して喰わなければ、そのラインは見切ってかまわない。
3回ほど横移動を繰り返した後・・・常夜灯の灯りが一層明るさを増す地点の少し手前にキャストしたとき・・・

待望のファーストバイト!

・・・が、手ごたえが軽い・・・っていうかこの魚、ルアー喰ってから、ずっとジャンプしっぱなし。
飛んでは着水し、またすぐエラ洗い・・・。
こういう魚に対しては、ロッドを縦に捌いた時点で終わり・・・横でもまだ危険・・・自分はラインテンションを保ちながら、ロッドティップを水面に押し付けるようにしながらリールを巻き続け、魚の重さを利用したオートマチックなフッキングからファイトに移行するようにしている(というか、身体が勝手に動く)。

・・・しかし、ここは足場の高い堤防・・・8フィート7インチのロッドのティップが、どうやったって水面に届かない高さ。
3回目のエラ洗いの後、下に向けたロッドからテンションが失われてしまった。

・・・痛恨のバラシ・・・本来ならそう思うのだが、前々回と同じに『もう何匹かはいるだろ』という自信があった。
今日のこのポイントには、そういう雰囲気が漂っていたのだ。

気を取り直して、さっきよりさらに右側へキャスト。

・・・答えはすぐに出た。

・・・ググン

控え目にルアーを持っていくようなアタリが伝わる。
おそらく左からの風でラインが撓んだ影響で、『ガツン』という明確な衝撃が伝わらなかったのだろう。
まずは、リールを巻いて魚の重さを感じたい・・・そう思った瞬間、いきなりのジャンプ

そして、着水して・・・またジャンプ

ハラを見せながら、またJUMP・・・・

ここの魚・・・全部こんな感じなの!?

え~・・・今日は月曜日(昔は火曜日だった)じゃありませんよ!!(爆)

冗談は抜きにして、これ以上跳ねられると、マジでフックアウトの危険が・・・。
「潜ってくれよ~!!」
闇に叫びながら、促すように少しだけラインテンションを緩める。
ようやく、ヤツは我に返ったように下に潜り始めた。
しばらくしてヤツは弱り、浮上を余儀なくされる(こうなってからのエラ洗いは、そんなに怖くは無い・・・少なくとも自分はこの後にバラしたことはない)。
LEDを当てて確認すると、フロントとセンターフックがガッチリ掛かっているのが確認できた。

じきに・・・ネットイン!

堤防から飛び降りて測ってみると・・・
20081106
62cm、2kgジャストのシーバス(^^)v

今日はこの後も、いろいろポイントを回ったが、結局この1匹だけ。
でもまあ、ずっと釣れてなかったんで、とりあえずはほっとしたって感じかな。

サイズ、数的にも微妙ではありますが、とりあえず魚の顔見れたんで・・・

ミッション・コンプリートでいいですよね(笑)

週末はまた、激荒れの予報・・・イカはそろそろ終わりっぽいけど・・・わがゲリラ隊としては、胸の高鳴る日が続きそうです(前回ホゲてるくせに[笑])

では、また!

[使用タックル]
 ロッド:ダイワ morethan BLANZINO87LML ”URBAN SIDE CUSTOM”
 リール:ダイワ CERTATE2500R-CUSTOM(SOM EX-2500A換装)
 ルアー:ima komomoSF-125 COUNTER(イワシ)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ライトニング・ボルト!
Category: シーバス  
・・・と言っても、獅子座のアイオリアの必殺技ではありませんよ(爆)



最近、あまりに湾内が釣れないのと、波が一時的に落ち着いたのを見計らって、夕方、サーフにゲリラ出撃。

某海水浴場の駐車場に着くと、いい感じで波が立ってる。
完全に暗くなる前に、離岸流と言うヤツ(実はサーフは初体験)を見つけたいので、いそいそとウェーダーを穿き、ライジャケを装着する。

すると、隣に停まっていた車の窓が開き、中にいたサラリーマン風の男性が話しかけてきた。

「これから、ここに何か来るの?」

「・・・へ?『来る』?・・・自分、これからココでスズキ釣りするんですけど」

「あ~釣りかぁ!てっきり波乗りするのかと・・・」

・・・ウェットスーツにチェストハイとかありませんから(汗)

自称『サボリーマン』なサラリーマンさんに「海さ浚われんなよ~」と暖かい言葉をいただき、波打ち際へと向かう。

南西の風にあおられた波がどんどんと打ち寄せ、離岸流なんて到底見つけられそうに無い。

とりあえず、スナップにサスケ140裂波を接続し、思いっきりキャスト。
このルアー・・・飛びますね・・・テンプラじゃないのに、なかなか着水しない(汗)
足場の不安定な磯やテトラと違い、サーフでのキャストは足の踏み込みから始まる一連の円運動が、フルにロッドに伝わり、キャスト自体が・・・超~キモチイイ(爆)

しかし・・・キャストは気持ちよくても、リトリーブに物凄いストレスがかかる。
このサーフ・・・物凄く遠浅。
そういえば、夏に奥様と娘と3人で来たんだっけ・・・遊泳禁止区間まで、50mはあったかな~。
その間・・・ずーっと上半身水面から出っ放しだったんだった(爆)

あきらかなポイントのミスチョイス。
しかし、暗くなってきた初めてのサーフ・・・移動するにも、情報が全く無い。
仕方なく、波の立ち方を見て、少しでも深そうなラインをトレースする。
それでも、着水してリール5回転もすると、ルアーが底を叩いてしまう。

「いや~困った。」つぶやきながら、とりあえず来た方向へ帰ろうとした瞬間・・・

ピカッ・・・

目の前が一瞬真っ白になった。

「カ・・・カミナリ!?」
身体が無条件に反応して・・・車の方角へ全力ダッシュ!
距離にして400mくらいあっただろうか?
ウェーダーと不安定な砂浜という悪条件にしては、意外と早く走れた。
・・・にしても、車にたどり着くまで生きた心地が・・・全くしなかった。

当然、それにて撤収。
逃げるように砂浜を後にした。

帰りに寄った馴染みの釣具屋。
ご主人に、カミナリのことを告げると、「おお、オレも居たよ。水平線の辺りさ何本も稲妻落ちるの見ながら釣りしったけ。」

要するに、自分が体験したのも、所謂『遠雷』。
おそらく遠い海上で起こった放電現象の内、光のみが最初に到達したものであっただろう。
しかしそこはサーフ素人・・・まるで自分の直上の雷光であると勘違いし、パニックに陥ってしまったのだ。
・・・そりゃそうだ・・・真上なら、光と音が同時に来るし・・・何より、避雷針持って歩いてるような人間は・・・すでにこの世にいないよね(滝汗)

みなさん、雷は本当に危険です!(経験のある諸兄もいらっしゃると思いますが、今回身をもって実感・・・本当に怖いです!)
気象警報・注意報等に留意して釣りを楽しみましょう。


でも、収穫もあった。
こないだから気になっていた、湾内のあるポイントに集まった集団・・・その正体がご主人によって明らかにされたのだ。
どうも、湾内にイワシが大量に入ってきているみたい。
それを狙って、餌釣り師達が集結していたのだ。

この情報が、現状を打破する鍵になるのか・・・ならないのか。

次の激荒れは週末・・・うーん・・・今度はベイトとシーバスが大挙して湾内に入ってきてくれることを切に祈る。
戦いは週末へとつづく・・・・・・


・・・っていうか、明日も行くけどね!定点観測(爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


3連敗&寝坊
Category: その他  
激荒れだと期待したこの連休後半・・・

2日の夜、3日の夕方(雷雨の中)、夜と出撃したが、ノーバイト(涙)

リベンジをと意気込んだ今朝に関しては・・・寝坊(爆)

散々な結果となった。

今シーズン、初の3m超えの坊主・・・。

毎年、これを喰らうと、シーズンも終わった感じがするのだが・・・

まだ今年はそんな感じがしないだけに悔しい。

イカもスズキもまだまだ・・・諦めないっすよぉ!!

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


定点観測継続中・・・
Category: その他  
最近はサーフが熱いようですね。

昨日は行きつけの釣具屋さんで、お客さんが持ち込んだ80UPを見せ付けられ・・・本当は今朝、サーフに出かけたかった。

・・・でも、今日はマラソン大会。
去年まで運営側として関わっていた大会に、今年は一ランナーとして参加した。
・・・が、強い南風と時折叩きつける豪雨・・・そして雷・・・。
走っている場所が場所だけに、中止もありえるような状況下での・・・エクストリームランとなってしまった。

結果は・・・亀さんランナーとしてはまあまあ。
最下位にならなかっただけ、よしとしよう。

さて、昨日も今日も一応、湾内の定点観測だけは懲りずに行っている。
波が高い状況が続いているので、2m程度の波では、群れが入ってきてくれない。
・・・わかっちゃいるけど、CUTMANさんと一緒に行った時の一本が目にちらつき、足が釣り場に向く。

アレはやっぱり完全な交通事故だな。
確かに湾内が凪でも比較的釣れるポイントではあるが・・・あくまで単発。
自分の理想は、60以上の数釣り・・・それに70UPが混じると最高なんだが。

さて、明日は本気で荒れるみたい。
こんな状況で釣りになるのは・・・アソコしかない。

夢よ再び・・・そう願いたい。

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。