出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体格に合ったエモノ
Category: タックル  
マッチザベイトでなく、マッチザボディ。


今日、酒田には初雪が降った。

初雪ってぇと聞こえがいいけれど・・・もちろん酒田の雪は斜めもしくは真横から降る。
もちろん音もなくしんしんと降ることもあるけれど、今日のは雪を呼ぶ雷を伴って、びゅうびゅうと酒田の大地に叩きつけた。

イカなんてとっくに終わっている。
そして気が付けば、川の鱸も結局良い所なくシーズンを終えたようだ。

自然とモチベーションは、この時期・・・これから本番を迎える(ハズの)サーフへと向かっていた。
この時期のサーフと言えば、遠浅な庄内海岸ならではの波足の長さと、広がるサラシ。
それを攻略するためにかかせないメタルジグ。
庄内のサーフタックルにはミノーのみならず、30~40gを背負える筋力が求められる。
そのため自分のタックルは12.6ftという長尺竿に、ダイワの4000番。
しかしこれのつらいこと・・・終わると毎回つらい右肩の凝りが待ち受けている。
これって結構ストレスで・・・スノーボーダーの腰痛程ではないけれど、趣味で痛みを抱えるってもの納得がいかない部分があった。

要は170㎝に満たない自分には過ぎたる太刀だったということ。
剣道で培った手首も膂力も年齢と共に失われた今、進化を続けるタックルのテクノロジーに助けを求めるしかないと判断した。


・・・・・・・・・と、長々と述べてはみたものの、要は新しいタックルが欲しかっただけの話で(爆)


ということで、買っちゃいました、ニューサーフタックル(ズ)

まずコレから~♪
13certate.jpg
DAIWA 13CERTATE 3012H(14BB tune)

通算4台目のセルテートにして、初めてのハイギア、そしてマグシールド機。
セルテート伝統のドラグ軸受部のメタルカラーは、ボールベアリング(hedgehog-studio製)に換装。
ついでにベアリングレスなハンドルノブ(これって10セルテートからのダウングレードらしい)にも2つ。
ドラグは魚掛けないとわからないが、ハンドルはクルクル回るようになった(爆)

そしてそれと対になる新刀
BC.jpg
Black Arrow 107M Monster Surf Special

ラインは今回初めて東レのシーバスPEパワーゲームの1.5号を巻いてみた。
22lb換算の引っ張り強度よりも、摩耗も含めた総合的強度を見込んでのチョイス。
あんまりルアー飛ばないようなら、1.2号巻きなおすかも(笑)

まだ家以外で振ってないので何とも言えないが、当然12フィート半に比べれば軽い軽い(笑)
13セルテートのフロントヘビー(エアスプールでなくアルミスプールなのだ)により、若干先下がりなバランスが気になるけれど、フィールドで降ってみて・・・願わくば魚を掛けて更なるインプレしたいと思う。

でもまあ・・・インプレもアレだけれど、文句なしにかっこいいですよ、セルテートのハイギア。
ガンメタがクール過ぎる・・・。
そして無骨なブラックアローに合うんだこれが・・・(笑)

本来ならリールの差し色のゴールドは、ブランジーノとかに合うんだろうし・・・ブラックアローのコスメだけ考えればヴァンキッシュの方が色的には合うのかもしれないけれど・・・
やっぱりシーバスはダイワ・・・しかもイグジストでなくセルテートというのが座右の銘。

個人的感覚だけど、シマノのリールでゴリゴリ巻き系の釣りはしたくない。
あのヌメヌメ感がず~っと続くなら、いいんだけれど。
歯車は噛み合って、削りあっているものだから・・・精緻さよりも耐久性を優先したい。
剛性感プラス信頼感で、やっぱりリールはダイワ、セルテートこれ一択(おサイフ的にもね(笑))。

あくまでも個人的感覚と嗜好に基づく独り言ですから・・・上記は。
クレームとかやめてくださいね(笑)


さてさて、この波が落ち着いたら、浜へと繰り出そう。
今年こそは、サラシの中から鼻の尖ったハタハタスズキを引きずり出したい。




・・・・・・でもその前に、娘にもらったこのタチの悪い風邪を治さないとな~(苦笑)

スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


成金ゲリラ
Category: タックル  
別に蒐集癖ではありませんよ・・・


日曜日。
幼稚園のクラス行事。

メニューは盛りだくさん。
流しそうめんにヨーヨー釣り、シャボン玉に、とどめはカレー。
クラス代表として、企画・準備(物品調達、運搬機械の確保、実際の運搬)・実働・・・と我ながらムチャなフル稼働。
会社から貰った、イベント屋な自分のスキルをたまには仕事以外にも活かすのもいいもんだ。
他でもない、酒田の将来を担う子どもたちの笑顔のためだからね。

別に肩肘張らないでも、自分の子ども(とその同級生)のためでもいいから、こういうことも一つの社会貢献だと・・・マジメに思う。
ぶっちゃけ働いているだけですでに、社会貢献なんだしね。

ま、社会貢献論、酒田お得意の公益論は人それぞれあるだろうが・・・
あまりに頑張りすぎたクラス代表ゲリラwは体調を軽く崩して釣りに行けない状況にww

ならば、最近通ったポイントの地形の厳しさに喰われたルアーの補充とばかりにポチポチっと。

ip-26ig.jpg
奇跡的に一個だけ残ってた・・・COREMAN IRONPLATE IP-26【イワシゴールド】

maam23さんがコアマンフック&リングが弱いと仰ってたので(だって自分で掛けたことないんだもんww)、リングを平打ち強化の#3に、フックをあえてMH-SPの#6に換えてみた。
純正はMH-RBの#7なんだけど・・・確かにちょっと細い気がする。
最上川のあの流れの中だと・・・6番でどないやねんと・・・あと掛かり重視でね(LBDなんで、エラ洗いはさせない方向で(爆))


続いて・・・コレ。
sasuke-jg.jpg
japan-gold.jpg

ima sasuke120裂波【ジャパンゴールド】

これって、復興支援チャリティールアーらしいですよ。
日釣振を通じて利益の一部が寄付されるとか。
一応タックルハウスとかエクリプスなど数社のルアーにこのジャパンゴールドが設定されていたんですが・・・買うならコレだろうということでサスケを選ばせていただきました。

なんで復興支援がジャパンゴールドなのかは知らないが、結果的に好きな色でよかったですよ。

でも・・・これは意外だった。
ramerame.jpg
ボディの側面はレンズのゴールドなのに・・・ベリーはゴールドのラメなのね・・・ここまで派手にやるかww


最近、ルアーボックスに明らかに増えてきている色・・・それはゴールド。
しかもステインゴールドってな感じのくすんだ色ではなく、ビッカビカのアルミっぽい・・・金。

な~んでか・・・って・・・そりゃ釣れるから。
某所では、白とか銀とか黒とかより・・・圧倒的に金。
チャートやグリーンに金が絡むと物凄く強い。
多分にリアクションな部分はあると思うんだけど・・・水色を考えれば、別の意味では食性に訴えるナチュラルカラーでもあるのかなと勝手に考えている。

今回もそれを考えてマッキンキンな補充w
リールも差し色が金だし、Zeleもバットはゴールド・・・グラサンも実はゴールドミラー・・・ミナミの帝王ならぬ南のゲリラって呼ばれないように気をつけなきゃだな~ww


フル装備だと某字に居てもだれも目線を合わせてくれないのは気のせいではなかったのかな~(爆)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


抵抗か慣性か
Category: タックル  
意外と抵抗かかるんですよ・・・


人知れず導入したLBDリール。
偶然好釣果に恵まれたこともあって、これまた偶然逆回転機構をいきなり実戦で体験することとなった。

~~~~~~~~

思えば、自分がスピニングリールを始めて使ったのは、小学校1年生のときの新井田川。
吸い込み仕掛けで50~60の鯉を狙ったときがはじめて。
太い糸だったのもあって、ドラグなんか使わず。

次に使ったのは、ブラックバス。
5lbの比較的太い糸を使っていたのもあるが、いかに86のパワフルなバスといえども、40そこそこのバスにドラグはほとんど出した覚えはない。
当時のリールのドラグなんてそんなに性能がいいものではなかったし。

・・・んで、初めて掛けた50くらいのスズキ。
当時はPEなんか実用されていないもんだから、ラインはナイロン10lb。
竿はなんとEGのスーパースピットファイア(65L)・・・タメも効かないし、何よりその重さと突っ込みに恐れをなして、ツインパワーのドラグを緩めたのが初めてだったような気がする。

そこからは、ステラをはじめとしてドラグ性能は向上の一途を辿り、イマドキのリールのドラグの滑り出しのスムーズさ、一旦滑り出してからの平坦な力の掛かり具合・・・それは驚嘆の一言に尽きる。

~~~~~~~~

そんな素晴らしいドラグであるが、自分はドラグを『出される』という状況に、一抹の不安を禁じ得なかった。
ドラグには、ラインやフックを守るだけではなく、シーバスの口切れを防止するという意味もある。
つまり、ドラグを『出される』という状況は、それだけバレの危険を伴うということ。
自分はいくらドラグ性能を信用しているとしても、魚に引っ張られている間は、ヘッピリ腰になっていた気がするw(だってせっかく掛けた魚をバラしたくないじゃないですか)

・・・で、LBDである。

lbd-book.jpg
これ、DAIWAのカタログ・・・リール買ってから初めて見たww

これによると、魚ってドラグで一定の力を掛け続けると、それに負けまい!ギューン!ギューン!と、(驚くことに)大した疲れもなく走り続けるんだそうな。
大型クロや青物など、ラインシステムの限界を超えた力を瞬間的にでも出すことが出来る魚にそれをやられれば、ドラグで魚を止めることができずに、根に潜られたり、ラインブレイクを起こすと。

それに対してLBDは、ローターの逆転機構によりラインフリー状態を作り出すので、魚は「やった!逃げ切れた!」と思ってオープンウォーターで寛ぐww・・・らしい。

まあ、どっちも本当のところはお魚さんにしかわからないけれど、自分が使った感覚だと、魚はこっちから引っ張る力を弱めると、綱引きをやめて沖へと移動するというのは本当のようだ。

・・・そう。
・・・沖。
・・・沖の・・・オープンウォーターへ。

【適合する場所】
場所に関してはこの「オープンウォーター」が結構キーワードなのかなと思う。
このオープンウォーターが隣接する場所なら、LBD使う意味があるのかなと。
小河川、外海のテトラ、堤防・・・そんな場所。

対して、湾内でもすぐ近くにヤバいストラクチャーがあるような場所は、多分ダメ。
糸フリーにしたらそこにスーッと寄っていかれて終わり。
それに、恒常的に強い流れが効いている場所も多分キツいのかなと。
ここら辺だと最上川とか、サーフの離岸流周りとか・・・糸出しても、魚が泳いでいった先に強い流れがあれば、結局またその流れの抵抗をプラスした重さのものを手前まで引き寄せなければならない・・・ハズ。
これについては試してみないとなんとも言えないけれど。

【フィーリング】
フッキング時は、反転機構はロックしたまま・・・折角のフッキングパワーが逃げないように、当然の処置である。
そこからは基本、竿を立てたまま魚の引きに耐える・・・のではなく、レバーのロックを外し、魚の引きに応じてラインを出してやる。
沖に走った魚がその動きを止めたら、レバーを引いて反転をロック、リーリングで気を抜いた魚の頭をこちらに向けて、距離をつめる。
魚が再び戦闘モードに入ったら、糸を出し・・・安心モードに入ったら、糸を巻き取る。
基本はこの繰り返しで魚の体力を奪う。

ダイワの言い分によれば、このモードのオンオフによって魚は疲れ果てるらしいけど・・・自分的には単純にそんなもんでもない気がしている。
ドラグを使うと、エラ洗いが増えるわけだけど・・・エラ洗いは危険であると同時に、魚に空気を吸わせるという一面もある。
レバーブレーキファイトは、魚がずっと水の中に居る分だけ、エラ洗いアリより魚の元気が長続きするような。

それから、反転機構ON時、ラインテンションが完全フリーになるかというとそうでもなく・・・回転当初は結構な重さがかかっていると思う。
なぜかといえば、ドラグで反転するのはスプールだけなのに対し、レバーブレーキは、糸が引っ張られるとローター・ドライブギア・ハンドル・・・要はリトリーブと全く逆にリールの全ての機構が回転する。
実際にラインを引っ張ってみるとわかるが、逆からリールを回すには、ハンドルを回すよりもだいぶ大きな力が必要である。

入力に大きな力が必要な分、一旦回り始めてしまうと、今度はなかなか止まらない・・・これが慣性の法則。
なので、レバーブレーキ使いは、ローター反転時にはハンドル1~2回転に1回、レバーをチョイ引きして、バックラッシュ防止の作業を強いられる。
ここら辺が、LBDのマニュアルチックな部分なわけである。

2508h-lbd.jpg

※シマノTVとかでイズミンがエクスセンスLB使ってる場面をみると、回転がチョイチョイ止まってて・・・出しっぱなしじゃダメなんだということがよくワカリマス(オレもこれでイメトレしました)。

最後に、このリールのドラグについて。
カタログ上はアルティメットトーナメントドラグが搭載されていて、セルテートと同様の喰い付きのない滑り出し・・・となっているが、正直セルテートのドラグフィーリングとは似ても似つかないレベル。
滑り出しが悪くて、ライトラインじゃ怖くてドラグ出せない感覚。
現状1.0号でやってるんで、レバー使えば滅多なことじゃ切れないけれど、これから0.8とか0.6とか試すにあたっては注意すべき点であろう。

~~~~~~~~

以上、現時点でのLBDのインプレッション終わり。


次は、濁りの取れた最上川でデカいの掛けて、おっかなびっくり糸出してみま~す♪



テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


巨弾
Category: タックル  
JOY・・・JOY・・・


火曜日。
仕事が終わってから、最近オープンしたという釣具やさんへGO!
おしゃれな店内に、いろんなモノが置かれていたが、震災の影響でまだまだ商品が届いていないとのこと。
次回に期待して、知り合いがやっている店へ。

ここもまた、別の品揃え。
ガンクラのKAITENが売っていたけれど・・・本当に欲しいのは、アレ

店主にその素直な思いを告げてみた。
すると、たまたま店に居た問屋さんが・・・『あるよ♪』と、HERO風の一言。
車に戻ってアレを取って来てくれた。

すっかりハマってしまったこのルアー・・・というかジャンル。
ついに、手にすることができた・・・元祖S字系。

jointed-claw1.jpg
GUNCRAFT JOINTED CLAW(178&148改)

店で購入したのは、148改の方。
問屋限定のブルーギルカラーだそうな。
178はネットでポチりました。
ベーシックな邪鮎です。

何かこのルアー・・・他のビッグベイトと比べて魚の反応は段違いらしい。
gajinさんやキミ兄やんも言ってたし、店の人も全く同じことを言ってた。

期待大ではあるけれど・・・使うには相当な気合と覚悟が必要な気がする(デカいしねw)
でも、前に比べれば、ライトリグに対する自信も執着も・・・何よりそれによってもたらされる釣果も無くなっていることだし(苦笑)

ここは一発、新しい分野にチャレンジ!!ってことで、次回86釣行は、隊長と二人でジョイさん投げ倒してやったりますわ~。


今度こそは、『ビッグベイトでバス釣った』と言ってみてぇ~ww


テーマ : バスフィッシング    ジャンル : 趣味・実用


買うてもた・・・
Category: タックル  
久しぶりの釣りネタ(?)です。


カメラの購入資金繰り、そして忌まわしき大震災と・・・釣り欲もそうだけど、釣り道具にかける金額も減り続けていた、ここ数ヶ月。

その反動が出てしまった感のある、今回の買い物。
発端は、売り切れていて全然お目にかかることのできないLEDランタン。
6月入荷だそうで・・・高騰しているアマゾンやヤフオクに手を出すよりは・・・と、おとといの晩にポチっと予約してしまった。

そして、同じLED検索にひっかかったコイツをこれまた衝動買い。
ま、持ってるヘッテンが暗かったから、前から欲しいと思ってはいたのだが。
DSC_0324.jpg
ZEXUS ZX-320"SAFARI"

ほぼ全身カモ柄なんで、コレは外せないでしょう!(笑)
そして・・・なんつっても明るい!!180ルーメンだそうな。
DSC_0323.jpg
ライジャケの肩ベルトに125ルーメンのZX-220つけてるから・・・両方点灯したら傍迷惑だねコリャ(苦笑)

そんで、このモデルって、広報認識灯がついてるんですね。
DSC_0332.jpg


DSC_0334.jpg


DSC_0330.jpg
そして

ボタンを押すたびに切り替わる。
でも、常時点灯でなくて点滅なのよね・・・使い道はナイトサーフくらいかな。
磯や川じゃあ、他のアングラー呼び寄せるようなもんだしね(笑)

~~~~~~~~

話は変わるが・・・今回の大震災、本震と最大余震の2回、山形県は停電に見舞われた。
その時に大活躍したのは、ラジオと反射式石油ストーブと・・・LEDライトではないだろうか。

昔は懐中電灯と言ったもんだが、長寿命・省エネ性のLEDが実用化されてからは完全に取って代わられた感がある。
釣りのヘッドライトも、昔はナショナルの電球式だったもんだが、今じゃ完全にヘッテン=LED。
停電の瞬間に、車に走ってヘッテンを持ち帰ったお父さんも多いのではないか。
我が家も、前述のZX-220を天井に向けて照射しての間接照明が結構明るく重宝した。

日頃、家計における「仕分け対象」最右翼であるお父さんの趣味。
日ごとに増え続けていく竿やリールに、苦虫を噛み潰していた奥様も、今回ばかりは『防災道具にもなりえる趣味の道具』の存在を、ちょっとだけ見直したのではないだろうか。

家の中で蝋燭灯すよりは全然安全だし、前まで使っていた暗めのLEDライトは、部屋に常備することにしよっと。
まあ・・・もう地震なんて起こらないに越したことはないんだけどね。


さて・・・ニューヘッドライト、早く実戦で使ってみて~!!




テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。