出羽の国庄内・・・日本有数の多様な自然環境を誇る我がふるさとでひたすらにデカイシーバスを狙います!

プロフィール

マチャキ@酒田

Author:マチャキ@酒田
ようやく復活。

気張らずゆるゆるとやろうっと♪

twitter
最新トラックバック
FC2カウンター
tide graph
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とある砂浜(サーフ)の鉛疑似餌(メタルジグ)
Category: シーバス  
ジャッジメントですのぉ!(またオタクなのバレるわw)


前回のサーフシーバス捕獲から一週間(日曜も釣りをしたので正確に言えば6日)、東北地方は酷い長雨に見舞われ、時にはもの凄い雷が降ってきて、遊佐町のサーフに立つ風車の羽根が一枚吹っ飛ばされるなどの被害が出た。

西風も強い日が多く、庄内浜はザッブザブにかき回されて、泥やら砂やらゴミやらが巻き上げられてそれはもう凄い潮色に・・・

土曜日、天気だけは回復するということで、西風が落ちないという不安はあるものの、もはや気持ちが待ちきれずに、サーフへ繰り出す。

暗い内に降り立ったサーフ。
予想通り強い西風が吹きつけており、苦戦は明らか。
しかし思ったよりも高くない波高・・・っていうか、月明かりに浮かび上がる水面はこれ以上ないGOODな波気。
恐らく水は濁っているだろうと、チャートのミノーをバンバン水面にブン投げる。
時折、ルアーが強制静止するも、それはことごとくゴミ。
引きちぎられた海藻や、腐りかけの葉っぱのみならず、トラロープの切れ端やゴム手袋なんかも引っかけて、そのたびにフッキング(笑)

薄明直前に降りだした雨と、状況から「明日もあるしな~」と心が折れかける。
しかしやる気を取り戻させたのは、明るくなって初めて見えた水の色。
思ったよりは濁っていない・・・っていうか、むしろ先週と同じくらいでイケるんでね?的な色。

そして視界が開けてもう一つ判明したこと・・・ミノー、全く飛んでねぇし(爆)
先週の半分も飛距離が出ていない。
こりゃダメだと、メタルジグにチェンジ。
最初はチャートのGUN吉を投げるが無反応。
濁ってないんだったら・・・と、今度はコルトスナイパーのピンクイワシをチョイス。
風の壁に穴をブチ開けるイメージで、ジグをキャスト。

ゴミを拾うのでほとんど沈めずに、ミディアムリトリーブ。
目の前から払い出す太い離岸流のど真ん中を引いてくる。
他の流れとは一味違う手ごたえに「ジグ引くならここしかねぇだろ・・・」と内心思いながら、ブレイクを通過する直前に

ゴツン!

メタルルアー特有の強烈なバイト。
反射的に、ロッドを煽る・・・直後に滑るドラグ(ベアリング交換してよかったな~(笑))
いいサイズ確定っぽい。

アワセの直後に横っ走りしながらの強烈なエラ洗い。
お次は流れにのって沖へラン。
最後はブレイクに貼り付いて抵抗。
あくまで無理せずに、ロッドとドラグを信頼して、波が寄せた時に一気にズリ上げ成功!

20131123.jpg
2週連続の捕獲成功、しかもサイズアップで70㎝ジャスト・・・出来過ぎですのぉ!(爆)

自分が釣った直後に近くのアングラーさんも上げてたので、多分時合いでしょうね。
ま、マグレでもなんでも釣れてよかった!

サーフで魚釣ると、眠さも霧散するくらいハイな気分。
またこの気分を味わいたいものだ・・・今シーズンはあと何本いけるのか・・・それとも終わりなのかはわからないけれど・・・


とにかく、今夜も刺身が食えるのが嬉しくてしかたがないんですの!(もういいってw)



スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


砂(2年ぶり)
Category: シーバス  
やっぱりサーフはいいわ~♪


突然だが、自分はサーフが大好きである。
叶うならば、ジムニーなんか買っちゃって、波を見ながら好きな場所に入っては投げ、投げては移動・・・ってなライフ(笑)を送ってみたいと思う。

なぜか・・・それは言葉では説明しにくい部分もあるけれど・・・
フィールドの美しさと、一見何も無い水面から魚を引きずり出す「宝探し感」がその理由になるのかもしれない。

現実問題としては、サーフで魚が釣れる時期ってのは限られているし、ジムニーもないわ、生活サイクル的にサーフに期間中毎日行けるもんでもなしで・・・季節限定の「お楽しみ」になってしまっている。

しかもサーフって、難しいじゃないですか。
行ったからと言って魚の顔見れるわけじゃないし、去年なんか一匹も獲れなかったし。


そんなこんなで、今年は自分的「サーフ強化シーズン」となっており(笑)
前述のとおりタックルを新調して、意気揚々とサーフへと繰り出している。
newtackles.jpg

~~~~~~~~

11月15日(金)、出勤前の一振りでは、アタリもなく撃沈。
しかしそこで得た情報と、ニュータックルへの慣れを活かすべく、翌日の16日も出撃を決定。

娘の子守があるので、土曜日といえども時間は限られている。
エリアはヘッドランド間一本分と決めて、月明かりの中、いい流れを探して悟空を投げ続ける。
1時間くらいかけてエリアを撃ち切ると、マヅメのタイミングに合わせ、一番可能性がありそうなカレントに入りなおす。
選んだルアーは、ティムコのスプラット130。
水が濁り気味なので、アピールカラーを選択し、深い方から順に扇形にキャスト。
向かって右のシャローとの境目のエッジ付近にキャストしてリトリーブすると・・・ゴンっと待望の手ごたえ。

重さからそうでもないとはわかっていたが、上げてみれば50そこそこ。
20131116.jpg
暗いんできたない写真になっちゃったけど・・・二年ぶりのサーフフィッシュ。

喜び勇んで今日も出撃したものの・・・波気が足りずに触りもなし(笑)
そんなもんよねサーフって・・・そのつれなさがまたいいんだけど(笑)

この魚はキープして、刺身でいただきました(激ウマ♪)
美味さもさることながら、家に持ち帰った時の、下の娘の反応の良さに爆笑してしまった(笑)
kyoumishinshin2.jpg
1歳児、クーラーボックスにかぶりつきで奇声を上げるの図(爆)

そんなこんなでヘタクソにしては上出来の週末。
明日からは雨の予報。
次に浜に立てるのはいつになるのかな~。



サーフ最高!!




テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


ジンクス(網)
Category: シーバス  
指痛い(笑)


先週の土曜。
もうすでに自分は一旦卒園してはいるのであるが、ありがたいことに幼稚園の釣りクラブ(JFC)の例会に呼んでいただいて、同じ時期を同じ園の保護者として濃い時間を過ごした仲間と、これまた濃い~釣り談義。

近いうちの再会と、釣行を約束して閉会。
楽しい時間はあっという間に過ぎた。

その席上、仲間に言われた「最近(ブログ)書いてないじゃん。オレ結構見てるよ」という一言。
ありがたいなと思うとともに、釣りに行ったら坊主だろうがネバネバの外道ゲットだろうが書かなきゃダメだなと再認識。

その前に、ネタ作る意味でも釣りに行かなきゃということで、雨の降った今晩、湾内へ。

最初入ったポイントでは、先行者が2人。
とは言え広いのと足場が良いのだけが取り柄のポイントなもんで、支障にならない位置でやらせてもらう。
水の濁りは相当なものなので、当然のようにレッドヘッドから始めてみる。

・・・と、色のチョイスなんかの前に、自分が意識して今回やったこと。
それは、ランディングネットを背負わないこと。
なぜだか知らないけれど、今年のここではネット背負わないとヒット率が上がる(笑)
多分偶然だけど、そういうゲンみたいなものは担ぐタチなのよね・・・ここはネットなくても何とかなるし。

一通り、攻めてみるが反応はない。
途中先行者の方とすれ違ったが、さっきから見ている限りでは魚は釣れていない。
「ここは早めに切り上げよう・・・人も多いし」とつぶやいて、車の方へ戻る。
ふと立ち止まる。
思い出したのだ・・・前にこんな状況で、他のポイントでは反応がないのに、最後にヤケ気味に投げたウェイビーに80UPがヒットしたのを。
・・・その時もネットは背負っていなかった。

同じ場所へ同じルアーをキャスト。
着水して3カウント。
ロッドを立てて、2回チョンチョンとエギのようにミノーを跳ね上げてから、リトリーブ開始。
中間地点にあるブレイクを越える辺り・・・前回よりは少し手前で・・・

ゴ・・・ゴゴゴゴゴ・・・

・・・と、またもスレっぽいアタリ(爆)

でも、最初のは多分食った衝撃。
それが反転して外れて、どっかに掛かったっぽいアタリと判断。
スレだろうとなんだろうと、掛かった魚は取りこみたいのが釣り人の性。
リールを巻きながら思いっきりスイープにアワセた後にファイト。
当然のように糸は出されまくる。
リールはLBDだが、あまり出されてはストラクチャーに巻かれる恐れがあるので、クラッチは切らずにデキの悪いLBDのドラグのみで凌ぐ。
寄せて、思い切りリフトして、水面を割った白い腹と銀色のボディを確認し、今度はクラッチを切って最後の抵抗を凌ぐ。

腹にフック2本が完全に掛かっていたので、ランディングしやすい場所まで移動して、オーシャングリップを突っ込もうとするが・・・糸を引くと頭が下がってグリップを掛けられず。
選択したのは、なんとシーバス初となるハンドランディング。
基本魚はひっくり返っているもんで、人差し指~小指を下あごにガチっとかけて、ようやく・・・ランディング成功!

20130902.jpg
推定66㎝くらい(ちゃんと測れってハナシ)のシーバスゲット!

Xpelia Zにしてはめずらしくピンボケしちゃった(笑)
最初のポイントでこれなら今日は・・・とニヤけたものの、この日のスズキはこれ一本のみ。

とにかく魚が付くところについていないといった印象。
その証拠に「ここだろ!」ってポイントでコレが釣れる。
zu-nama.jpg

ま、これ以上落としちゃダメなレンジまで落としたオレも悪いんだけど・・・その前にスズキさんに食ってほしかったな~と。

釣りしてる途中からそうだったんだけど、人差し指が痛い。
ハンドランディングの瞬間に首振られて、スズキの歯でズタズタにされてしまった。
ま、これも名誉の負傷ってことで、しっかり消毒して絆創膏。


次の釣りはいつになるかわからない天候だけれど、JFCの仲間からお呼びがかかる予定。
自分がやったことない分野・場所を案内してもらえるとのことで・・・今から楽しみなのである。


しかしジンクス効いたな~、こりゃ次回も網は背負わない方向で(爆)

テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


天候急変
Category: シーバス  
笑っちゃうくらい・・・セオリック(爆)


7月に山形県を襲った豪雨。
その影響をモロに受け、沈黙した(っちゅーか、立つところがなかった)最上川。
そして、なぜか湾内までも・・・

そして、盆だのなんだのであまり釣りに行けなかった8月。
ようやく最近、自分の時間ができてきた。

土曜の日中は、娘と二人で映画館へ。
「謎解きはディナーのあとで」を見て、夜は母親の誕生祝い。

実家から帰ってきて、奥さまに許可を得て出撃。
昨晩~今朝に降った雨を当て込んでの強行出撃である。

しかし、いかんせん雨が降ってから時間が経ちすぎていることもあって、反応が薄いっちゅーかゼロ(笑)
「こりゃダメだな」と半分あきらめながら、家から近いポイントへ帰宅ついで(笑)に寄る。

すると、急に強まった西風を合図に、突然ものすごい勢いで雨が降り始める。
10分くらい車の中で待機し、雨が止んだのを見計らって、インレットへGO!

溶存酸素量の増加だの、ペーハー値だの・・・人間の都合でなんとでも理由はつけられるが、要はいつもと違うことが起きる場所なので、魚が集まってくる&流れがあるのでプレッシャーでスレ気味な個体を騙しやすい・・・ってだけなんだと自分は思っている。

ルアーは沈み&水噛みのいいウェイビー、視認性を考えてレッドヘッド。
一投目、いきなりゴンとバイト・・・が、スワールでゴチャゴチャってたもんで、アワセが効かずにファイト中にフックアウト。
その次もバイトがあるが、乗らず。

ちょっと移動して、同じような場所を撃つ。
今度は流れの陰に出来たスワールを横切らす。
ベイトが跳ねているので、おそらくその下にはいるだろーなー・・・インレット効果で騙されてくれんかな~と思っていると本当に、ゴン!

ショートストロークで鋭く横アワセを入れて、フックを唇に打ち込む。
その後のリーリングでフッキング位置の深さを感じ、多少強引にファイトしつつ、ランディング。

20130824.jpg
55あるかないか・・・まあ、思い通りなのと久しぶりなので嬉しい一本。

その後、車を使って同じようなところを探すも、先行者が狙ってる場所の近くにいるので辞退。
プラスガソリンがほとんどなくなってきたので、ストップフィッシング。


雨後の筍ならず、インレット。
バスなんかじゃ当たり前のセオリーだけど、それはシバスでも同じこと。
でも、インレットだったらなんでもいいというわけでもないんだなこれが。
どこでもOKって撃ちまくってると、ナマズだのニゴイに先に喰われたり、巨ゴイの背中にスレてブチ切られたり(笑)

こればっかりは通って見極めるしかない。
簡単に見えて奥深いのが、インレットの釣りなのであった。


ま、いいインレットさえ知ってれば、ルアー流すだけで釣れるんだけどね~(爆)


テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


濁りの中で
Category: シーバス  
マッチ・ザ・ベイトより視認性・・・だったのかな。


この時期のベイトといえば、極小のボラ稚魚。
よって自分はトラウト用のちっさいミノーを使ったりする。

でも、大雨で濁った湾内の水の中では、それを見つけること自体がむずかしいようで・・・バイトがない。
なので、この日はいつもはあまり使わない、ベビーロウディのチャートなんかを投げてみる。

岸際でボイルが頻発。
そのほとんどはナマズのようだが、たま~に「パコーン」というシーバスのボイル音が混じる。
その地帯に、バルキーなロウディをなるべく着水音をさせないようにキャスト。
水面のゴミを拾わないように、2カウントだけ沈めて、リーリング開始。
流れを横切らせるように、引いてくると「ゴン」とバイト・・・があるも、アワセた瞬間に抜ける。

その後反応がなくなったので、今度はウェイビーのレッドヘッドに変えて、一投目。
ルアーがグンと引っ張られるようなバイト。
サイズの割には結構頑張るここの魚。
20130718-1.jpg

場所を変えて、歩きながら反応を探る。
「コッチかな~」と行きたい方向は決まっていたものの、なぜか反対が気になって、一投目。
岸際でのフォーリングに、さっきとは全く違う吸い込み系の「ビン!」というバイト。
この魚は元気!
いったん走り始めると、平気で10~20mは走る。
しかもあきらかに下流にあるストラクチャーめがけてガンガン突っ込んでいく。
あまり糸を出し過ぎるとヤバいと感じ、後半は結構強引にリフトして空気を吸わせてランディング。
20130718-2.jpg
60くらいかな~。銀ピカで太い一本。

この日は結局2本ともウェイビー85Sで魚が反応した。
一方マイクロミノーは見向きもされず(笑)

なんぼベイトに似てたって、見えなきゃ喰えないってハナシなのかな~。
見えなくて、喰えない状態の中、目の前に現れた目立つことこの上ない怪しい物体。
たまらず食いついたといった感じだったのではないかと自己分析。


とにかく、魚の反応が多くておもしろい一夜・・・ようやく思った通りの展開に持ち込めましたとさ(笑)



テーマ : ソルトルアー    ジャンル : 趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。